1級管工事施工管理技士の実地試験とは? 内容と試験対策のコツを紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

管工事施工管理技士とは、建物内の空調設備工事・給排水工事・給湯設備工事など管工事の施工管理計画を立て、工程管理や安全管理を行うことのできる資格です。一般住宅はもちろんのこと、高層ビルや大規模商業施設などを建築する際に管工事は欠かせません。管工事施工管理技士には1級と2級があり、1級管工事施工管理技士になると主任技術者や管理技術者に選任されることができます。1級管工事施工管理技士になるには、筆記試験と実地試験に合格する必要があるのです。

そこで、今回は1級管工事施工管理技士の資格を取得する方法や勉強のコツをご紹介しましょう。