1級管工事施工管理技士の実地試験とは? 内容と試験対策のコツを紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

管工事施工管理技士とは、建物内の空調設備工事・給排水工事・給湯設備工事など管工事の施工管理計画を立て、工程管理や安全管理を行うことのできる資格です。一般住宅はもちろんのこと、高層ビルや大規模商業施設などを建築する際に管工事は欠かせません。管工事施工管理技士には1級と2級があり、1級管工事施工管理技士になると主任技術者や管理技術者に選任されることができます。1級管工事施工管理技士になるには、筆記試験と実地試験に合格する必要があるのです。

そこで、今回は1級管工事施工管理技士の資格を取得する方法や勉強のコツをご紹介しましょう。

  1. 管工事施工管理技士の基礎知識
  2. 1級管工事施工管理技士の試験について
  3. 1級管工事施工管理技士の実地試験対策について
  4. 1級管工事施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、効率的な勉強方法が分かります。1級管工事施工管理技士の資格を目指している方はぜひ読んでみてくださいね。


1.管工事施工管理技士の基礎知識

この項では、管工事施工管理技士の職務内容や種類・資格を取得する方法などをご紹介します。資格を取得するとどのような職務を行えるようになるのでしょうか?

1-1.管工事施工管理技士とは?

管工事施工管理技士とは、空調や給水・給湯・ガス配管・ダクト工事など配管工事の施工計画を立て、品質管理や工程管理・安全管理を行える国家資格です。高層ビルや商業施設など建物が大きくなるにしたがって、配管工事も複雑になっていきます。また、一般住宅でも管工事は欠かせません。管工事自体は、施工管理技士の資格を取得しなくても行えます。しかし、管工事の工事責任者などになる場合は、この資格が必要です。

1-2.管工事施工管理技士の種類

管工事施工管理技士には、1級と2級があります。2級を取得すると一般建設業を行う営業所の専任技術者や、工事現場の主任技術者になることが可能です。1級を取得すると法律で専任が義務付けられている特定建設業の専任技術者や工事現場の主任技術者・監理技術者になることができます。監理技術者というのは、特定建設業者が元請となって外注総額4000万円以上の工事を発注者から請け負う際、工事現場に配置しなければならない技術者です。ですから、1級管工事施工管理技士の有資格者は多くの需要があります。

1-3.管工事施工管理技士の転職について

管工事施工管理技士は、建築業界に幅広い需要があります。特に1級管工事施工管理技士は主任技術者にも監理技術者にもなれるので、新たに特定建築業の営業所を開く際にも必要な人材です。有資格者になると転職先もたくさんあります。また、資格手当をつける職場も多いでしょう。

1-4.管工事施工管理技士の資格を取得するには

管工事施工管理技士の資格を取得するには、試験を受けて合格する必要があります。受験資格を得るためには1級・2級とも一定の実務経験が必要です。1級の場合は大学の指定学科を卒業した方でも3年の実務経験が必要になります。2級管工事施工管理技士の資格を取得して実務経験を積み、試験を受けて1級を取得する方も珍しくありません。

12