1級管工事施工管理技士の実地試験とは? 内容と試験対策のコツを紹介!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

管工事施工管理技士とは、建物内の空調設備工事・給排水工事・給湯設備工事など管工事の施工管理計画を立て、工程管理や安全管理を行うことのできる資格です。一般住宅はもちろんのこと、高層ビルや大規模商業施設などを建築する際に管工事は欠かせません。管工事施工管理技士には1級と2級があり、1級管工事施工管理技士になると主任技術者や管理技術者に選任されることができます。1級管工事施工管理技士になるには、筆記試験と実地試験に合格する必要があるのです。

そこで、今回は1級管工事施工管理技士の資格を取得する方法や勉強のコツをご紹介しましょう。

  1. 管工事施工管理技士の基礎知識
  2. 1級管工事施工管理技士の試験について
  3. 1級管工事施工管理技士の実地試験対策について
  4. 1級管工事施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、効率的な勉強方法が分かります。1級管工事施工管理技士の資格を目指している方はぜひ読んでみてくださいね。


1.管工事施工管理技士の基礎知識

この項では、管工事施工管理技士の職務内容や種類・資格を取得する方法などをご紹介します。資格を取得するとどのような職務を行えるようになるのでしょうか?

1-1.管工事施工管理技士とは?

管工事施工管理技士とは、空調や給水・給湯・ガス配管・ダクト工事など配管工事の施工計画を立て、品質管理や工程管理・安全管理を行える国家資格です。高層ビルや商業施設など建物が大きくなるにしたがって、配管工事も複雑になっていきます。また、一般住宅でも管工事は欠かせません。管工事自体は、施工管理技士の資格を取得しなくても行えます。しかし、管工事の工事責任者などになる場合は、この資格が必要です。

1-2.管工事施工管理技士の種類

管工事施工管理技士には、1級と2級があります。2級を取得すると一般建設業を行う営業所の専任技術者や、工事現場の主任技術者になることが可能です。1級を取得すると法律で専任が義務付けられている特定建設業の専任技術者や工事現場の主任技術者・監理技術者になることができます。監理技術者というのは、特定建設業者が元請となって外注総額4000万円以上の工事を発注者から請け負う際、工事現場に配置しなければならない技術者です。ですから、1級管工事施工管理技士の有資格者は多くの需要があります。

1-3.管工事施工管理技士の転職について

管工事施工管理技士は、建築業界に幅広い需要があります。特に1級管工事施工管理技士は主任技術者にも監理技術者にもなれるので、新たに特定建築業の営業所を開く際にも必要な人材です。有資格者になると転職先もたくさんあります。また、資格手当をつける職場も多いでしょう。

1-4.管工事施工管理技士の資格を取得するには

管工事施工管理技士の資格を取得するには、試験を受けて合格する必要があります。受験資格を得るためには1級・2級とも一定の実務経験が必要です。1級の場合は大学の指定学科を卒業した方でも3年の実務経験が必要になります。2級管工事施工管理技士の資格を取得して実務経験を積み、試験を受けて1級を取得する方も珍しくありません。

2.1級管工事施工管理技士の試験について

この項では、1級管工事施工管理技士の試験についていろいろとご説明します。どんな試験内容なのでしょうか?

2-1.試験科目について

1級管工事施工管理技士の試験には、学科試験と実地試験があります。学科試験は、機械工学・ 施工管理法・ 法規の択一試験です。学科に合格した方のみ、後日、施工管理法の実地試験が実施されます。これは、自分が実際に経験した工事に基づいて記述式で答える試験です。学科試験に合格し、実地試験に不合格だった場合は翌年に限り学科試験が免除されます。

2-2.難易度や合格率について

1級管工事施工管理技士の難易度は、国家試験を紹介するサイトなどでは「普通」と表記されています。しかし、これは試験問題が易しいというわけではありません。予備校などに通って受験テクニックを磨かなくても合格できるという意味の「普通」です。意味を取り違えないように注意しましょう。また、試験の合格率は学科・実地共に50%前後で安定しています。これだけ見ると合格率は高いように見えるでしょう。しかし、学科と実地の両方を合格して資格を取得できた方は20%前後に過ぎないのです。つまり、本当の合格率は20%程度になります。ちなみに、学科と実地は両方とも60%以上の正解率で合格です。

2-3.実地試験とはどのような内容?

管工事施工管理技士の学科試験は、マークシートで答える択一式問題です。センター試験などでもおなじみの方式なので、どのような試験は想像がつきやすいと思います。一方、実地試験は問題が6問出題され、そのうち4問を回答する試験です。1問目と6問目が必須問題、2~4問目が選択問題で、4問中2問を選んで答えます。問われる内容は、

  • 施工・要領図を読み取り、改善案を述べる問題
  • 施工上の注意事項・調整事項・留意事項に関する問題(給水・空調などから選択)
  • 工程管理
  • 法規
  • 経験記述(安全管理など毎年テーマが異なる)

です。このうち、施工・要領図の読み取りと経験記述は必須問題になります。1級・2級と共に問われる内容はほぼ同じですが、1級の方が問われるレベルは高くなっているのです。そのため、2級は学科と実地が同じ日に実施されますが、1級の場合は日を分けて行われます。

2-4.申し込み方法や試験日・試験地など

管工事施工管理技士の試験は、全国建築研修センターが行っています。サイトには申し込みの期限や受験資格・申し込み方法などが詳しく書かれていますので、必ず目を通しておきましょう。申し込み方法は1部600円の受験申込用紙を購入し、郵送でセンターへ送ります。インターネット経由で申し込みはできませんので注意しましょう。受験料は学科・実地が各8,500円です。試験は全国10か所で行われるため、試験が行われない県の方は泊まりがけで受験をする必要があります。受験地もセンターのホームページに記載されているため、必ず確認しましょう。試験は毎年9月~12月頃にかけて行われます。

3.1級管工事施工管理技士の実地試験対策について

この項では、1級管工事施工管理技士の実地試験の対策方法をご紹介します。ぜひ参考にしてください。

3-1.実地試験の傾向

管工事施工管理技士の実地試験は、過去に出題されたものと類似した問題や、同じ問題が出題されることがよくあります。管工事に関することならば、給水や給湯・ガス配管・ダクト工事など広い範囲から出題されるのです。そのため、幅広い知識が必要になるでしょう。また、経験記述は自分が行った工事の中からテーマに沿って回答を書かなければなりません。ですから、試験を受ける前に自分が行ってきた工事を振り返り、ネタになりそうなものをまとめておくことも大切です。

3-2.実施試験勉強のコツ

実地試験では、過去に出題された問題と類似した問題がよく出題されます。ですから、過去問題をくり返し解くのがコツです。また、学科試験の知識が実地試験に生かされることも多いので、学科試験と並行して実地試験の勉強も行いましょう。記述式の問題には、必ず模範解答があります。特に、経験記述は模範解答に近いほど高い点数が獲得できるでしょう。過去問題は少なくとも5年分をくり返し解いて勉強してください。そうすれば、回答の仕方も身につきます。ただし、過去問題とよく似た問題が出たからといって、模範解答をほぼ丸写しにしてはいけません。そのようなことをしたら必ずばれるでしょう。

3-3.おすすめの勉強方法

一級管工事施工管理技士の試験勉強は、独学や通信教材の利用、予備校に通うなどの方法があります。大型書店やAmazonには参考書や過去問題集が販売されているので、それを利用して独学をする方もたくさんいるでしょう。受験者は実務経験者ばかりですから、参考書を読んでも意味が分からないということはないはずです。ただし、分からないことを質問することもできませんので、一度つまずくと勉強が進まないこともあるでしょう。

予備校に通えば、講師が問題を解くコツなどを詳しく教えてくれます。特に実地試験の場合は、予備校に通えば回答をうまく記述する方法も教えてもらえるでしょう。直前講習などもありますので、そのような短期講習に通っておくだけでも力がつきます。ただし、予備校の所在地が東京や大阪などの限られた場所にしかないため、地方在住の方が通うのは難しいケースも多いでしょう。

そんな地方在住の方にもおすすめなのが、通信教材です。今はDVDを使った講義形式の参考書を使っている教材もあり、予備校に通うような感覚で勉強ができます。また、メールを使って質問もできるので、独学よりも力がつきやすいでしょう。

3-4.おすすめの教材について

SATの1級管工事施工管理技士の教材は、人気講師による講義がe-ラーニング形式でも視聴ができます。スマートフォンやタブレット・パソコンからでも講義が視聴できるので、どこでも勉強が可能です。書籍形式の参考書を読むよりも分かりやすく、通勤時間や休憩時間も有効に活用できるでしょう。仕事が忙しく予備校に通う時間もないけれど、独学も不安だという方にもおすすめです。

4.1級管工事施工管理技士に関するよくある質問

Q.経験記述に仕えるようなネタがなくて困っています。
A.自分の記憶だけでなく、会社に保管されている仕事の記録などもあたってみましょう。忘れているだけかもしれません。上司や同僚に尋ねるのも効果ありです。

Q.記述式は漢字の間違いが心配になります。
A.過去問をくり返し解いていけば、よく出てくる漢字は必ず覚えられるでしょう。

Q.勉強する時間があまりとれません。
A.通勤時間や休み時間など、10分・20分の隙間時間を大いに活用しましょう。

Q.過去問題と似たような問題が出た場合、模範解答に似せて答えを書いてはだめですか?
A.参考にするのはかまいませんが、ほぼ一緒というのは避けましょう。

Q.経験記述がどうしてもうまくまとまりません。
A.一度模範解答を丸写ししてみてください。文章の組み立て方が分かります。それを自分の経験に置き換えてみましょう。

5.おわりに

いかがでしたか? 今回は1級管工事施工管理技士の実地試験を中心にいろいろとご説明しました。数ある国家試験の中でも、記述試験があるものは限られています。マークシート方式に比べると勉強しにくいように感じられますが、過去問をくり返し解いていれば、コツがつかめてくるはずです。独学で勉強する場合は必ず参考書と過去問題集を購入して勉強しましょう。そうすれば、合格の可能性が高まります。

管工事施工管理技士を最短合格!
DVD+スマホでいつでも学習出来る! 30日間返金保証付!

SATの教材を使えば驚くほど短い学習時間で管工事施工管理技士試験に合格できます。「学習時間の確保が難しい・・・」「勉強は苦手で・・・」など悩みの方に最適な教材です。最短合格の秘密はこちら→

SATの教材を使い短期間で一発合格された受講生の声をご覧ください。受講生の皆さんが楽々試験をパスされていることが分かります。あなたもSATの教材を使って楽々試験をパスしませんか?

業界初!安心のトリプル保証付き

全額返金保証!/ 合格するまでサポート無料!/ 長期破損保障!

最短合格の入り口はこちら