月別アーカイブ 2015年9月

建築物環境衛生管理技術者(ビル管理技術者)の受験資格とは?

建築物

建築物環境衛生管理技術者、というと聞きなれない名前ですがビル管理技術者、というとピンとくる方も多いでしょう。
一定の広さを持つ特定の目的で使われる建物を管理するために、必ず選任しなくてはならない国家資格です。
需要も高いので、受験したいと考えている方も多いと思います。
そこで、今回は建築物環境衛生管理技術者の受験資格についてご説明しましょう。
現在、ビル管理の資格についている方は実務内容によっては受験資格があるかもしれません。
ぜひこの記事を読んで、確認してみてください。

  1. 建築物環境衛生管理技術者とはどんな資格?
  2. 建築物環境衛生管理技術者の受験資格とは?
  3. 建築物環境衛生管理技術者の試験内容や合格率は?
  4. 建築物環境衛生管理技術者の受験勉強とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

電気主任技術者試験の難易度や試験内容を徹底解説! 受験資格・対策方法も!

電気に関する仕事に就いていたり、工業系の高校や専門学校に通っていたりする人が取得を勧められる資格に「電気主任技術者」があります。
この資格を取得しておくと、就職の幅が広がったり資格手当がついたりするでしょう。
そこで、今回は電気主任技術者試験の難易度や内容についてご紹介します。
「難易度が高く、何回も挑戦しなければ受からない」というイメージを持っている方も多いですが、電気主任技術者には種類があるのです。
ですから、自分のレベルに合わせて資格をステップアップしていくのも可能でしょう。
将来電気関係の仕事に就きたいという方や、今電気関係の勉強をしているという方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電気主任技術者とはどんな資格?
  2. 電気主任技術者の種類とは?
  3. 電気主任技術者試験の内容や難易度とは?
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

電気工事士の試験内容や難易度は? 合格するための勉強法を徹底解説!

電気工事士

電気は、私たちの生活になくてはならないものです。
その電気を使うためには、配線などの工事が必要。
しかし、電気は取り扱いを間違えると火災などの危険があります。
そのため、電気工事に従事するためには電気工事士という国家資格が必要です。
そこで、今回は電気工事試験の内容や難易度についてご説明します。
電気工事はどのような施設でも一般住宅でも必要です。
ですから、取得しておけば就職の幅も広がるでしょう。
電気工事士の資格に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 電気工事士とはどんな資格?
  2. 電気工事士は受験資格があるの?
  3. 電気工事士の試験内容と難易度とは?
  4. 電気工事士に合格するための勉強方法とは?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築物環境衛生管理技術者の難易度と合格率はどのくらい?

一定の広さを持ち特定の用途に使用する施設を運営するには、建築物環境衛生管理技術者の選任が必要です。
郊外の広いショッピングセンターや都心のオフィスビルには、必ず専任者がいます。
需要も高いので、受験希望者も多いでしょう。
そこで、今回は建築物環境衛生管理技術者の難易度や合格率をご説明します。
建築物環境衛生管理技術者は、実務経験がある人しか受験できません。
しかし、合格率は決した高くはないのです。
その理由は何でしょうか?
答えはこの記事を読めば分かります。

目次

  1. 建築物環境衛生管理技術者の難易度や合格率は?
  2. 建築物環境衛生管理技術者の合格率が低い原因とは?
  3. 建築物環境衛生管理技術者の勉強方法とは?
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビル管理法に基づく特定建築物の水質検査はどんなことをするの?

水質検査

ビル管理法では、特定建築物は定期的な水質検査が義務づけられています。
では、なぜ特定建築物は水質検査が必要なのでしょうか?
そこで、今回は特定建築物で行う水質検査についていろいろとご説明します。
水質検査が必要な理由や頻度、さらに検査項目などもご説明しましょう。
水は、私たちの生活になくてはならないものです。
現在の日本では、蛇口をひねれば安全な水が出てきます。
しかし、特的建築物は受水槽を備えてあるところも多いでしょう。
だからこそ、検査が必要なのです。
建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の方や資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 特定建築物で行う水質検査とは?
  2. 水が汚染されると大変なことになるかも
  3. 水質検査の項目とやり方について
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

消防設備士の資格を徹底解説! 試験対策やおすすめ教材も紹介!

消化器

不特定多数人々が集まる商業施設や遊戯施設、宿泊施設は火災が発生すると大変なことになります。
現在では、法律によって不特定多数が集まる場所にはスプリンクラーや自動火災報知機などの消火設備を備えねばなりません。
消防設備士とは、このような消火設備を設置したり点検したりできる資格なのです。
今回は、消防設備士とはどのような資格か、ということをご説明します。
消防設備士は、何種類もありますが受験資格などは必要なのでしょうか?
答えは、この記事を読めばわかりますよ。

  1. 消防設備士とはどんな資格?
  2. 消防設備士の種類とは?
  3. 消防設備士の試験内容とは?
  4. 消防設備士の受験勉強方法とは?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

空気環境測定の内容とは? 二酸化炭素やホルムアルデヒドの測定も必要

空

3,000平方メートル以上で、店舗や事務所などに使われる建物や8,000平方メートル以上の学校は特定建築物に指定されています。特定建築物は、ビル管理法という法律で管理方法が決められているのです。
また、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の選出が義務づけられています。
今回は、法律で定められた管理項目の中の空気環境測定についてご説明しましょう。
特定建築物は。ホルムアルデヒドをはじめとする体に有害な物質が空気中に含まれていないか測定しなければならないのです。
ビル管理士の方やビル管理士の資格試験を受ける予定の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. なぜ、空気環境測定が必要なの?
  2. 空気が汚れていると大変なことになるかもしれない
  3. 空気環境測定の頻度や内容とは?
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビル管理法が適用される特定建築物とはどんな建物?

ビル

建築物における衛生的環境の確保に関する法律(通称、ビル管理法・ビル衛生管理法・建築物衛生法)に該当する建物のことを、特定建築物と言います。
特定建築物に該当すると建築物環境衛生管理技術者(通称ビル管理技術者)の選任が必要です。
では、どのような建物がビル管理法に定められた特定建築物に該当するのでしょうか?
今回は、ビル管理法に定められた特定建築物の定義についてご説明します。
不特定多数の人が利用する広い施設という漠然とした覚え方をしている方もいるでしょうが、それに該当しない建物も多いのです。
ビル管理技術者の資格取得を目指す方はぜひ読んでみてくださいね。

目次

  1. 特定建築物とは?
  2. ビル管理法が適用される特定建築物とは?
  3. ビル管理法が適用されると……?
  4. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビル管理法(ビル衛生管理法)とはどんな法律? 対象となる建物は?

ビル

建築物環境衛生管理技術者、通称ビル管理技術者を目指している人にとって、ビル衛生管理法は必ず覚えておきたいものです。
では、ビル管理法はいったいどのような法律なのでしょうか?
そこで、今回はビル管理法(ビル衛生管理法)についてご説明します。
いったいどのような法律で、どんな建物が対象になるのでしょうか?
また、法律で定められたことを分かりやすくまとめてみました。
法律は難解な用語が多いのですが、書いてあることさえ分かれば覚えやすいでしょう。
ビル管理技術者を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. ビル管理法(ビル衛生管理法)とは?
  2. ビル管理法とはどんな法律なのか?
  3. ビル管理技術者とはどのようなことをするの?
  4. ビル管理技術者になるには?
  5. おわりに

このエントリーをはてなブックマークに追加

建築物環境衛生管理技術者とはどんな資格? 仕事内容や試験対策を解説!

「建築物環境衛生管理技術者」とは聞きなれない名前ですが、多くのビルで選任が必要な国家資格です。

人気も高まってきて、毎年受験者も増えています。 では、いったいどのような資格なのでしょうか?
そこで、今回は建築物環境衛生管理技術者とはどのような資格か、ということをご紹介します。 どのような施設で選任が必要なのかということや、受験資格もご紹介しましょう。

この記事を読めば、建築物環境衛生管理技術者の仕事内容や資格試験を受けるために必要なことがよくわかります。


目次

  1. 建築物環境衛生管理技術者とは?
  2. 建築物環境衛生管理技術者の仕事内容とは?
  3. 建物環境衛生管理技術者になるには? 
このエントリーをはてなブックマークに追加