月別アーカイブ 2015年10月

暮らしを支える縁の下の力持ち。「ボイラー」の仕組みや種類は?

「ボイラー」という名前は聞いたことがあると思います。お湯を沸かす装置。そんなイメージでしょうか。まちがいではありませんが、なかなかうまく説明できないですよね。ボイラーは、普段はあまり目にする機会はありません。でも、私たちの暮らしとは切り離せないほど、重要な役割をはたしています。ボイラーの仕組みや種類、さらに、ボイラーを扱うボイラー技士について紹介しましょう。

  1. ボイラーとは
  2. ボイラーの仕組み
  3. ボイラーの種類
  4. ボイラー技士
  5. まとめ

建築の構造力学とはどんな学問? 基礎的なことからしっかり解説!

一般住宅をはじめとするさまざまな建物を建築するためには、構造力学を理解している必要があります。ですから、建物を設計したり施工管理したりする資格を取得するためには、構造力学を学ぶ必要があるのです。

そこで、今回は構造力学の基礎をご紹介しましょう。構造力学をおおよそでも理解していれば、注文住宅の設計を依頼するときなどに役立ちます。また、建築施工管理技士の資格を取得したい方にとっても参考になるでしょう。ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 構造力学とは?
  2. 構造力学と建築物の関係
  3. 構造力学を学ぶ必要がある職業とは?
  4. 現在の構造物の種類とは?
  5. おわりに

ダイオキシンが人体に与える影響とは?対策方法とともにご紹介します。

ダイオキシンは、大部分が人間の手によって作られた強力な毒物です。
しかし、「ダイオキシンが私たちの生活に及ぼす影響」については、よく分からない人も多いでしょう。
そこで、今回はダイオキシンの影響や対策をご紹介します。
ダイオキシンは、実は簡単な方法で発生するのです。
ですから、ダイオキシンを発生させないようにいろいろな法律や決まりが作られています。
特に、公害防止管理者の資格を取得するために勉強中の方は、この記事を読んで参考にしてください。

目次

  1. ダイオキシンって何?
  2. ダイオキシンはどうやって発生するの?
  3. ダイオキシンが体内へ取り入れられる経緯とは?
  4. ダイオキシンを規制する法律とは?
  5. ダイオキシンを出さないための対策方法とは?
  6. おわりに

公害防止管理者として働きたい人は必見!資格の取得方法や内容について

作業場にはさまざまな危険が潜んでいるものです。働いている人の健康を守るためにも、大切な役割を担っている人がたくさんいます。健康を守る仕事の中でも「公害防止管理者」について説明しましょう。公害防止管理者とは何なのか、資格や試験の難易度、就職先を詳しく見ていきます。公害防止管理者を目指している人、資格を取得したい人はぜひチェックしてくださいね。

  1. 公害防止管理者の資格について
  2. 試験の難易度や勉強法
  3. 資格取得後の就職先
  4. まとめ

就職にも有利!建築施工管理技士の資格に関するアドバイス

建築施工管理技士は国家資格の1つで、施工管理を行うために必要な専門家です。企業でのニーズも高く、給料面でも待遇がよいため、人気の資格となっています。建築業にかかわる技術者であれば、チェックしておきたい資格でしょう。「建築施工管理技士の資格を取得したい」「試験の難易度はどのくらいなのか?」「どこで働くことができるのか?」

そんな人たちのために、建築施工管理技士の資格に関する情報をまとめてみたいと思います。

  1. 建築施工管理技士とは
  2. 建築施工管理技士の資格について
  3. 試験の難易度と勉強法
  4. 資格取得後の就職先
  5. まとめ

ホルムアルデヒドは人体にどんな影響を与える? 対策や関連資格について

安価なネイルから検出されたことで再び注目を集めた物質、ホルムアルデヒド。発がん性があるということは広く知られていますが、いったいどのような物質で何に使われているかはご存じない方も多いと思います。

そこで、今回はホルムアルデヒドの影響と対策をご紹介しましょう。実は、ホルムアルデヒドは私たちの身近でたくさん使われている物質なのです。

また、人によって受ける影響に差が出ますので、注意しなければなりません。ホルムアルデヒドの影響や対策を知りたいという方や建築物環境衛生管理技術者は、ぜひこの記事を読んで知識を深めてください。

  1. ホルムアルデヒドっていったい何?
  2. ホルムアルデヒドが人体に与える影響とは?
  3. ホルムアルデヒド対策はどうすればいいの?
  4. シックハウス症候群が疑われたら?
  5. ホルムアルデヒドに関する資格について
  6. ホルムアルデヒドに関するよくある質問
  7. おわりに

大気汚染はなぜ起こる?その種類と対策をご紹介します。

私たちが生きていくためには、水と大気が欠かせません。
しかし、私たちが文明的な生活をしていると、大気汚染が発生するのです。
それはいったいなぜでしょうか?
そこで、今回は大気汚染の種類と対策をご紹介します。
現在は、中国の大気汚染が非常に深刻な問題になっていますが、40年ほど前は日本でも深刻な大気汚染が起こっていたのです。
また、私たちが気をつけることで防げる大気汚染もあります。
興味がある方や公害防止管理者の方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. 大気汚染とは?
  2. 大気汚染の種類とは?
  3. 大気汚染の現状とは?
  4. 個人でできる大気汚染対策とは?
  5. おわりに

スプリンクラーの設備や仕組みとは?どんなものがあるの?

スプリンクラーとは、火災になった際に熱や煙を感知して素早く自動的に消火する装置です。
職場に備えられているというケースも多いでしょう。
今回は、このスプリンクラー設備の仕組みや設置義務の基準などをご紹介します。
スプリンクラーをつけなければならない施設とは、どのような場所でしょうか?
また、スプリンクラーにはどんな種類があるかも分かりやすくご紹介します。
興味がある方だけでなく消防設備士の資格を取りたいと思っている方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. スプリンクラー設備の仕組みや消化能力とは?
  2. スプリンクラーの設置義務がある建物とは?
  3. スプリンクラーの種類とは?
  4. スプリンクラー設備は、日々のメンテナンスや点検が大切
  5. おわりに

ボイラー技士になりたい方へ~試験内容や難易度、資格取得後の就職先とは~

今ではさまざまな種類の「資格」があります。
労働安全衛生法に基づく国家資格である「ボイラー技士」とはどのような資格なのでしょうか。
‟ボイラー技士”を目指している人はもちろん、気になっている人や資格取得を考えている人はぜひチェックしてください。
これから、ボイラー技士の内容や資格、試験の難易度、資格取得後の就職先について詳しく説明します。

目次

  1. ボイラー技士とは
  2. 試験の内容や難易度
  3. 資格取得後の就職先
  4. まとめ

冷凍機械責任者とはどんな資格?受験資格はあるの?難易度は?

「冷凍機械責任者」とはあまり聞きなれない名前ですが、高圧ガスを製造したり販売したりしている方にとって取得するメリットがある資格です。そこで、今回は冷凍機械責任者とはどんな資格かということや、取得する方法をご紹介します。国家資格の中には受験資格が必要なものも少なくありません。冷凍機械責任者はどうでしょうか?答えは記事を読んでいただければ分かります。興味がある方や高圧ガスの販売や製造に携わっている方は、ぜひ読んでみてくださいね。

  1. 冷凍機械責任者とはどんな資格?
  2. 高圧ガスっていったい何?
  3. 冷凍機械責任者の種類と業務とは?
  4. 冷凍機械責任者を必要としない冷凍設備が増えている?
  5. 冷凍機械責任者の試験を受ける方法とは?
  6. おわりに

1 2 次へ