月別アーカイブ 2016年4月

土壌汚染対策法とはどんな法律?土壌汚染を防ぐことはできるの?

土壌汚染とは、文字どおり土に有害な物質は染みこんでしまうことです。土壌汚染が発生すると、その土地が長期間使用不可能になることもあります。土壌汚染は大気や水の汚染よりも分かりにくいため、発見が遅れることも珍しくありません。では、どのように土壌の状態を調査すれば汚染を未然に防げるのでしょうか?

今回は土壌汚染を防止する方法や土壌汚染対策法などについてご紹介します。

  1. 土壌汚染とは?
  2. 土壌汚染はなぜ起こる?
  3. 土壌汚染を防ぐ方法とは?
  4. 土壌汚染調査をする方法とは?
  5. 個人でも土壌汚染調査は行えるの?
  6. 公害防止管理者の資格取得方法
  7. 土壌汚染に関するよくある質問
  8. おわりに

阻集器の用途や種類とは?どんな場所につけられるの?

阻集器とは聞きなれない名前ですが、排水設備の一種です。
私たちは、いろいろな場所で水を使います。
調理や入浴、さらに介護や医療、建築の現場でも水は欠かせません。
すると、水と一緒にいろいろなものが流されます。
阻集器はそれらが配水管をつまらせないようにするための設備です。
今回は、阻集器の種類と用途についてご紹介します。
排水口に流されるものが違えば、阻集器の種類も変える必要があるのです。
建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. 阻集器とは?
  2. 阻集器の種類とは?
  3. 阻集器の設置基準とは?
  4. 阻集器の手入れについて
  5. おわりに

コンクリートの種類は豊富!それぞれの特徴や配合について知ろう!

私たちが普段歩いている道は、ほとんどがコンクリートです。
コンクリートには使用用途や目的によってさまざまな種類を使いわけています。
コンクリートを上手に使うためには詳しい知識が必要です。
そこで、コンクリートの特徴や種類、調合、使用用途など詳しく説明していきます。
コンクリートについて詳しく知りたい人は、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. コンクリートの特徴
  2. コンクリートの種類
  3. コンクリートの調合・配合
  4. まとめ

ヒートポンプの種類や原理を徹底解説! どこに使われているの?

「ヒートポンプ」とは、少ないエネルギーで大きな熱エネルギーを生み出す技術を指します。
最近は、家電や冷暖房、給湯システムも「省エネ、エコ」が主流ですから、ヒートポンプが使われている家電やシステムはこれからも増え続けるでしょう。
今回は、ヒートポンプの原理や種類をご紹介します。
ヒートポンプという名前を知っていてもその原理や仕組みはよく分からないという方も多いでしょう。
この記事を読めばなぜヒートポンプが省エネでエコなのかお分かりいただけますよ。

  1. ヒートポンプの原理や仕組みとは?
  2. ヒートポンプが熱を運ぶ仕組みとは?
  3. ヒートポンプの仕組みが使われている家電とは?
  4. ヒートポンプの種類とは?
  5. おわりに

感知器の種類や用途を徹底解説! 設置場所に合わせて選びましょう。

感知器とは、煙や熱を感知して火事の発生を知らせてくれる装置です。
オフィスビルや商業施設など広いところにたくさんの人が活動している場所では、火事が起こっても気づかれにくいこともあります。
火災の発見が遅れれば、それだけ犠牲者も増える恐れが出てくるでしょう。
そのため、感知器の設置が法律で義務づけられているのです。
今回は、感知器の種類や用途をご紹介しましょう。
一口に感知器といっても、適した場所に設置しなければ誤作動をくりかえすこともあります。
また、火事を感知する速度にも差が出てくるでしょう。
消防設備士の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 感知器とは?
  2. 感知器の種類とは?
  3. 感知器の設置基準とは?
  4. 誤作動を防ぐためには?
  5. おわりに

スプリンクラーヘッドの種類や用途を紹介! どんな風に使い分けるの?

スプリンクラーとは、熱や煙を感知すると放水を始める初期消火のための装置です。
現在、ホテルや商業施設など不特定多数の方が長時間過ごす施設には、必ず設置されています。
今回は、このスプリンクラーヘッドの種類とスプリンクラーの用途についてご紹介しましょう。
スプリンクラーと一口にいっても、水の出方やタイミングに微妙な違いがあるのです。
設置する場所によって適したヘッドを選ばなければ、その機能を十分に果たせません。
消防設備士を目指す方も、ぜひこの記事を読んでみてください。

  1. スプリンクラーの用途とは?
  2. スプリンクラーの仕組みとは?
  3. スプリンクラーヘッドの種類とは?
  4. スプリンクラーヘッドの誤作動を防ぐためには?
  5. おわりに

土木施工管理技士とはどんな資格?試験内容や合格率を紹介!

河川・道路・橋などで行われる土木工事にはたくさんの方がかかわっています。その中で、主任技術者や監理技術者になるために必要な資格が、土木施工管理技士。今回は、この土木施工管理技士の資格を取得するメリットや試験内容、合格率などをご紹介します。土木工事に限らず施工管理技士の資格は建築業界で働き続けるならば、ぜひとも取得しておきたい資格です。土木施工管理技士の資格だけでなく、そのほかの施工管理技士の資格の取得を目指している方もぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 土木施工管理技士とは?
  2. 土木施工管理技士の種類
  3. 土木施工管理技士の試験について
  4. 土木施工管理技士の資格を取得するメリット
  5. 土木施工管理技士の試験勉強方法
  6. おわりに

建設機械施工技士の試験とはどんなもの?試験内容や合格率は?

建築業に従事していると、特定の資格を取得していないと責任者になれなかったり工事自体が行えなかったりすることを実感する方も多いでしょう。建築業に従事する際に取得しておくと有利な資格はたくさんありますが、今回は建設機械施工技士を取得するメリットや試験の難易度などをご紹介します。建設業、特に重機を使って仕事をする機会が多い方は、取得しておいて損はないでしょう。また、ほかの施工技士の資格についてもご紹介します。建築関係の仕事に従事している方は必見ですよ。

  1. 建設機械施工技士とはどんな資格?
  2. 建設機械施工技士の種類
  3. 建設機械施工技士の受験資格や難易度・合格率は?
  4. 建設機械施工技士の受験勉強方法
  5. おわりに

特定工場に指定される条件とは?法律や規制についてご紹介します。

特定工場とは、操業中に排出される空気や水、さらに製造などに使われる物質が公害の原因になる可能性のあるものを使っている工場のことです。
これらの工場は、公害防止管理者を選任し、公害を防止する設備を設置しなければなりません。
今回は、この特定工場とはどのような工場なのか、ということをご説明しましょう。
公害防止管理者を目指す方はもちろんのこと、自分の職場が特定工場に指定されているという方はぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 公害と特定工場の関係とは?
  2. 特定工場に関する法律や義務とは?
  3. 公害防止管理者の選任や届け出について
  4. 公害防止管理者の職務とは?
  5. おわりに

水質汚濁防止法とはどんな法律?特定施設に指定されるところとは?

水質汚濁防止法とは、文字どおり水質の汚濁を防止する法律です。
水が汚染されれば、私たちの生活に重大な影響が出るでしょう。
今回は、水質汚濁防止法とそれが適用される特定施設についてご紹介します。
水質汚濁をする危険がある場所というと、工場を思い浮かべる方も多いでしょう。
しかし、それ以外にも水質汚濁の原因となってしまう場所はあるのです。
公害防止管理者を目指す方だけでなく、職場が水質汚濁の原因となる可能性があるという方もぜひこの記事を読んでみてください。

  1. 水質汚濁とは?
  2. 水質汚濁の種類とは?
  3. 水質汚濁防止法と特定施設とは?
  4. 水質汚濁を防止する方法
  5. おわりに

1 2 次へ