月別アーカイブ 2016年6月

電気設備技術基準について詳しく解説!電気設備の資格に必要な知識

電気を用いる技術には専門知識や安全意識をきちんと持たなければなりません。あやふやな知識は命にかかわる事故を起こしてしまいます。私たちの生活に必要不可欠な電気を安全に使用するため、「電気設備の技術基準」が平成9年に設けられました。そこで、電気設備技術基準とは何なのか、電気設備の技術基準の解釈や有資格者について詳しく説明します。

  1. 電気設備技術基準とは
  2. 電気設備技術基準の解釈について
  3. 電気設備技術基準が定める有資格者について
  4. 電気設備技術基準に関してよくある質問
  5. 電気設備技術基準解釈おすすめの書籍
  6. 電気設備技術基準に関するブログ紹介

この記事を読むことで電気設備技術基準の解釈について詳しくわかります。


防災・消防設備の点検の方法が知りたい!点検期間や必要な資格とは?

不特定多数の方が利用する施設は、消防法によって消防・防災設備の設置と定期的な点検が義務づけられています。
しかし、どのくらいの設備を設置しなければならないか。
そして、どのような点検をしていいか分からない方もいるでしょう。
そこで、今回は消防や防災の設備を点検する方法や頻度、そして備えつけなければならない設備、さらに点検できる資格などをご紹介します。

  1. なぜ、消防設備に点検が必要なのか?
  2. 点検が必要な消防設備とその間隔とは?
  3. 消防設備を点検できる有資格者とは?
  4. 消防設備士と消防設備点検資格者の資格を取得するには?
  5. 消防、防災設備の点検に関するよくある質問

技術の進歩によりビルなどで火災が発生する可能性は年々低まっているでしょう。
しかし、その反面一度火災が起こると大きな被害が出るケースも少なくありません。
そのような場合は、たいてい消防設備の不備が原因なのです。
消防設備士を目指している方もぜひこの記事を読んでみてくださいね。


高圧ガスに関する資格を知りたい方必見!!高圧ガス保安法とは?

高圧ガス保安法とは、高圧ガスによる災害を防ぐために、貯蔵・販売・運搬・製造・移動などを定めた法律のことです。
また、高圧ガス保安法に基づいて高圧ガスを取り扱える資格である高圧ガス保安責任者が定められています。
今回は、高圧ガス保安法とそれに基づいた資格についてご紹介しましょう。

  1. 高圧ガス保安法とはどのような法律?
  2. 高圧ガス保安法が定める有資格者について
  3. 高圧ガス保安責任者の試験や講習について
  4. 高圧ガス保安法に対するよくある質問

高圧ガスは私たちの身近な空調にも使われていますが、それを取り扱うにも資格が必要になります。
高圧ガス保安責任者は、資格によっては名前が全く違うものもありますので、この記事を読んでどんな資格があるのかしっかり把握してください。
法律について知りたい方も必見です。


建設業法とはどんな法律?それに関する資格には何があるの!?

「建築業法」とは、建築業を営む者の資質の向上を図り、建設業の健全な発達を促すためのものです。
つまり、手抜き工事や中抜き工事を行わないようにするための法律、といえるでしょう。
この法律の中には、建設現場に専任しておかなければならない資格についても触れられています。
そこで、今回は建設業法とそれに関連する資格についてご紹介しましょう。

  1. 建設業法とは?
  2. 建設業の許可と専任技術者について
  3. 施工管理技士の種類や資格取得の方法
  4. 建設業法とそれに関する資格についてのよくある質問

建設業法は、請負契約の種類から工事の現場に専任しておかなければならない資格取得者まで多岐にわたります。
建築業界で働くならば、ぜひとも知っておきましょう。この記事を読んで勉強してくださいね。


ボイラーの資格を取得したい方必見!!ボイラー取扱作業主任者とは?

ボイラーとは、水を沸かして水蒸気に替え、その力を利用する熱源装置です。
動力源だけでなく暖房や給湯などにも使われます。
ボイラー取扱作業主任者とは、文字どおりボイラーを取り扱うことのできる資格の中でも上位に位置するものです。
需要が高く、年齢に関係なく就職や転職に有利なので、社会人にも人気の資格になります。
そこで今回は、ボイラー取扱作業主任者やそのほかのボイラー関係の資格についてご紹介しましょう。

  1. ボイラー取扱作業主任者とはどんな資格?
  2. ボイラー技士の資格取得の方法
  3. ボイラー取扱作業主任者に対するよくある質問

現在のボイラーは資格がなくても取り扱えるようなものも多くなってきていますが、やはり安全のために有資格者を求める企業も少なくありません。
ボイラー取扱作業主任者の資格を取得したいと考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


管工事施工管理技士とは?一級管工事施工管理技士の受験対策をご紹介

建設や配管工事会社で大活躍するのが「管工事施工管理技士」です。管工事施工管理技士として働くには試験をパスして資格を取得しなければなりません。資格が取得できるよう、管工事施工管理技士とは何なのか、職務や資格内容、受験資格、学習方法・学習ポイントなど詳しく説明します。管工事施工管理技士の試験を受験しようと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

  1. 管工事施工管理技士の基礎知識
  2. 管工事施工管理技士の受験資格
  3. 管工事の受験対策と学習方法・学習ポイント
  4. 管工事施工管理技士合格までのスケジュール
  5. 管工事施工管理技士の更新について
  6. 管工事施工管理技士に関してよくある質問

この記事を読むことで管工事施工管理技士の試験データ、学習ポイントやコツを身につけることができます。


施工管理の仕事内容は?就くために必要な資格もあわせて紹介!

施工管理とは、建築業における工程管理・安全管理・品質管理・原価管理などの総称です。また、施工管理が行える国家資格を施工管理技士といいます。今回は、この施工管理とそれを行える資格についてご紹介しましょう。

  1. 施工管理とは?
  2. 施工管理技士になるには?
  3. 施工管理技士の試験対策とは?
  4. 施工管理技士に関するよくある質問

建築業は、さまざまな技術を持つ人々が協力してひとつの建物を作っていきます。施工管理がうまくいかないと工期がむだに伸びたり予算がオーバーしたりするでしょう。だからこそ、施工管理は重要であり、施工管理技士は建築現場に専任していなくてはなりません。この記事を読めば、施工管理の重要性や施工管理技士の資格の種類、取得方法などが分かるでしょう。施工管理の仕事に興味のある方や施工管理技士を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


水道工事・水道設備工事に関する資格は? 業務内容と資格取得のコツを解説!

水道工事は、建物を建設するときには欠かせません。また、個人の家でもリフォームや修理などで水道工事を依頼したりすることは珍しくないでしょう。水道工事自体は決して難しいものではありませんが、要領よく建設物に合わせた工事をするには、技術が必要です。

そこで、今回は水道工事や水道設備工事を行うのに必要な資格やその取得方法についてご紹介しましょう。

  1. 水道工事とは?
  2. 水道工事を行うために必要な資格とは?
  3. 給水装置工事主任技術者になるにはどうしたらいいの?
  4. 給水装置工事主任技術者の試験の合格するための勉強法
  5. 水道設備、水道工事に関するよくある質問

水道工事と一口にいってもいろいろな種類があるのです。必要な資格がそのつど違うので、混乱することもあると思います。この記事を読めば、水道工事を請け負うのに必要な資格の種類やその取得の方法まで分かるでしょう。水道工事にかかわる仕事につきたいと思っている方や、資格取得を目指している方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


設備管理の仕事に就きたい人必読!!どんな資格が必要なの!?

現在、各地で再開発が進み、巨大なビル設備が次々とオープンしています。
それにともなって、需要も増しているのが設備管理の仕事です。
有名なのはビル設備管理技能士ですが、そのほかにも電気設備や消防設備などを管理する仕事も需要が高いでしょう。
そこで、今回は設備管理の仕事に就くための方法や必要な資格、持っていると便利な技能などをご紹介します。
設備管理の仕事は年をとっても続けられるため、転職希望者も少なくありません。
しかし、設備管理の仕事内容や年収を詳しく知らない方も多いでしょう

  1. 設備管理の仕事って何?
  2. 設備管理のために必要な資格とは?
  3. 各資格の取得方法とは?
  4. 試験の申し込み方法や試験の日程を知る方法とは?
  5. 試験勉強の方法とは?
  6. 設備管理の資格に関するよくある質問


この記事を読めば、必要な資格の取り方や取得した資格によって就ける仕事の内容なども分かります。
設備管理の仕事に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。