月別アーカイブ 2017年1月

【合格確実】消防設備士は過去問攻略がカギ! 資格を確実にゲット!

消防設備士の資格取得を考えている場合、過去問攻略が大きなカギとなります。試験に合格するためには、傾向をつかんでしっかりと対策をする必要があるからです。過去問は、最高の教材と言えます。今回は、消防設備士の資格取得を目指している人や、過去問について知りたい人のために詳しく解説しましょう。確実に資格をゲットするためにとても有益な内容です。まずは、じっくり読んでみてくださいね。

  1. 消防設備士とはどんな資格?
  2. 消防設備士の就職について
  3. 消防設備士の資格について
  4. 消防設備士の試験について
  5. 消防設備士の過去問について
  6. 消防設備士の試験や過去問に関するよくある質問に回答

記事を読み終えるころには、消防設備士や資格試験について正しい知識を身に付けることができます。また、過去問を効率よく活用する方法がわかるため、合格できる可能性が高まることでしょう。本気で資格取得を目指しているなら必見です。必ず役に立つ内容ですから、参考にしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【注目】給水装置工事主任技術者の年収や給料は? 資格取得のコツも!

給水装置工事主任技術者は、就職や転職に有利な資格として注目が集まっています。しかし、年収や給料は実際にどうなっているのか気になることでしょう。そこで、今回は給水装置工事主任技術者の年収や給料にクローズアップして解説します。資格取得のコツを含めて、詳しくご紹介するのでぜひ読んでみてください。これから資格取得を考えている人や、就職後の年収や給料が気になっている人は必見ですよ。

  1. 給水装置の基礎知識を学ぼう
  2. 給水装置工事主任技術者について
  3. 給水装置工事主任技術者の年収について
  4. 給水装置工事主任技術者の資格について
  5. 給水装置工事主任技術者の試験について解説
  6. 給水装置工事主任技術者の資格や年収に関するよくある質問

記事を読むことで、給水装置工事主任技術者のことが深く理解できるようになります。また、実際の年収や給料の目安がわかるので就職や転職を考えるときに参考になることでしょう。まずは、内容をしっかり読み進めてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

ビルメンテナンスの職業訓練とは? 未経験でも就職や転職が有利に!

ビルメンテナンスの職業訓練についてご存じでしょうか? ビルメンテナンスは ビルや施設の管理・点検を行う仕事であり、就職先も多いことから人気の資格となっています。ただし、即戦力を求められることから「実務経験があること」という条件がある求人がほとんどです。資格をとってすぐに働きたくても、まずは実務経験を積まなければなりません。そこで、職業訓練を受け、訓練修了者専門に紹介される求人に募集する方法がおすすめです。一般公開されていないため競争率は低く、採用されやすい方法と言えるでしょう。この記事では、ビルメンテナンスという仕事の内容や必要性、職業訓練を受ける方法などをまとめてご紹介します。

  1. ビルメンテナンスとは?
  2. ビルメンテナンスの資格について
  3. ビルメンテナンスの職業訓練
  4. そのほかビルメンテナンスに有効な資格
  5. ビルメンテナンスに関するよくある質問

この記事を読むことで、ビルメンテナンスの仕事についておおよそわかります。職業訓練を受けて就職先の幅を広げましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

合格したい方必見! 1級建築施工管理技士の実地試験について学ぼう!

1級建築施⼯管理技⼠や2級建築施工管理技士の資格を獲得したいと考えていても、実地試験の内容がよく分からずに悩んでいる方が多いようです。資格獲得を目指している方の多くは、仕事で必要になったという方がほとんどでしょう。できることなら、1発で合格して仕事をスムーズに進めたいところですよね。そこで、今回は建築施工管理技士の実地試験について中心にご紹介します。

  1. 建築施工管理技士の基礎知識
  2. 建築施工管理技士の学科試験・実地試験について
  3. 2級建築施工管理技師の実地試験内容
  4. 1級建築施⼯管理技⼠の実地試験内容
  5. 建築施工管理技士の実地試験対策について
  6. 建築施工管理技士にまつわるQ&A

これらの記事を読むことで、建築施工管理技士の実地試験や学科試験など、基礎的な知識を得ることができます。実地試験の対策方法についてもご紹介していますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

建築物環境衛生管理技術者は就職や転職に有利?資格取得の方法とは?

建築物環境衛生管理技術者は、建築物の環境衛生に関する維持管理を行うことのできる資格です。ビル管理士・ビル管理技術者という通称の方が広く知られており、通称で有資格者を募集している企業もあります。大規模な商業ビルやオフィスビルなど一定の広さを持つ建物には選任が義務付けられており、就職や転職に有利な資格の一つです。

そこで、今回は建築物環境衛生管理技術者の就職や転職状況についてご紹介しましょう。

  1. 建築物環境衛生管理技術者の基礎知識
  2. 建築物環境衛生管理技術者の就職や転職について
  3. 建築物環境衛生管理技術者のキャリアアップについて
  4. 建築物環境衛生管理技術者の資格を取得するための勉強方法
  5. 建築物環境衛生管理技術者についてよくある質問

転職や就職の状況が分かれば、資格を取得しようという気持ちも高まります。建築物環境衛生管理技術者の資格を取得しようと考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【初心者必見】無線従事者の資格・選任について4項目で徹底解説!

無線従事者として働くとき、資格を所持していれば良いわけではありません。無線従事者が扱うのは目には見えない“通信”です。日常を便利にすることもできれば、悪用することで多大な被害をもたらすこともできてしまいます。通信機器・設備を扱うには大きな責任があり、「この者が責任を持って従事している」と国に報告する必要があるのです。しかし、選任義務と聞いてもピンとこない方もいることでしょう。そこで、今回は無線従事者の選任義務について4つの項目で簡単にまとめてみました。記事は2017年版。1月に書かれた最新のものです。

  1. 無線従事者とは
  2. 無線従事者資格の種類
  3. 主任無線従事者の選任義務について
  4. 無線従事者の選任届けについて
  5. 無線従事者の選任にかかわるよくある質問
  6. まとめ

記事を読み終わるころには、無線従事者の資格と選任義務について正しく理解できます。選任報告について全くわからない方も、かみ砕いてまとめていますので安心してご覧ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【注目】管工事施工管理技士の年収や給料は?資格取得や転職も解説!

管工事は、建築工事の中でもライフラインを整えるという重要な役割を持っています。特に規模が大きくて重要な管工事の場合は、現場をきちんと管理する立場の人間が必要です。そこで、管工事の施工管理に欠かすことができない資格として管工事施工管理技士に注目が集まっています。今回は、管工事施工管理技士の年収や給料はどうなっているかだけでなく、資格取得の難易度や転職状況についても考えてみましょう。

  1. 管工事施工管理技士について
  2. 管工事施工管理技士の年収について
  3. 管工事の種類や職務による年収の違い
  4. 年収アップのコツやポイントを学ぼう
  5. 管工事施工管理技士の年収や給料でよくある質問

記事を読むことで、管工事施工管理技士について詳しい知識が身に付きます。また、実際に働きながら年収や給与をアップするにはどうすればいいかもわかることでしょう。今、建設業界で引く手あまたの資格である管工事施工管理技士について理解を深めるとともに、一生食べていくためにはどのように動くべきかについて学んでください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

土木施工管理技士の実地試験・経験記述の効率良い勉強方法は?

土木施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一つです。資格保持者は主任技術者や管理技術者になることができるため、土木工事の現場仕事をしている方の中には、資格取得を目指している方も多いでしょう。土木施工管理技士になるためには、一定の実務経験を積んだ後で試験を受け、合格する必要があります。試験は学科試験と実地試験があり、実地試験の経験記述という独特な試験が大きなウエイトを占めているのです。経験記述の勉強ははかどらず、苦戦しているという方も多いと思います。

そこで、今回は土木施工管理技士の実地試験・経験記述の勉強方法などについてご紹介しましょう。

  1. 土木施工管理技士とはどのような資格?
  2. 土木管理施行技士の試験について
  3. 経験記述の効率的な勉強方法
  4. 土木施工管理技士を目指している方のよくある質問

勉強方法のコツがつかめれば、本番で焦ることもありません。土木施工管理技士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

消防設備士と危険物取扱者の資格取得について~両方取得するメリット

消防設備士と危険物取扱者、どちらを取得するべきか迷っている人は多いと思います。どちらも国家資格であり、試験は消防試験研究センターが実施するため、同時に受験を検討しやすいのでしょう。この2つは、仕事内容も活躍できる現場も異なります。しかし、その違いがわからないという人も多いのではないでしょうか。それぞれの仕事内容や就職先、受験の方法などを把握し、両方の資格を取得するメリットについても考えてみてください。この記事では、2つの資格の違いや資格試験について、詳しくご紹介します。

  1. 消防設備士と危険物取扱者について
  2. 消防設備士と危険物取扱者の違い
  3. 両方を取得するメリット
  4. 消防設備士と危険物取扱者に関するよくある質問

この記事を読むことで、2つの資格について知ることができます。ぜひ参考にして、将来について考えてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【疑問解決】建築施工管理技士の転職や再就職の状況を詳しく解説!

どんなに良い建築設計を行っても、実際に図面どおりに建築が進まなければ意味がありません。建築は実際にできあがってこそ価値があるのです。特に、大規模な工事だったり公共性が高くて重要な工事だったりする場合は、きちんと施工管理をしながら建築を進めていく必要があります。国家資格のひとつである建築施工管理技士は、建築物の施工管理を行うプロです。今回は、建築施工管理技士の職場や転職・再就職などの情報を中心に、資格取得のために必要な内容も含めて詳しく解説します。建築施工管理技士に興味がある人は、ぜひご覧ください。

  1. 建築施工管理技士の職場について
  2. 建築施工管理技士の転職について
  3. 建築施工管理技士の資格取得について解説
  4. 建築施工管理技士の就職・再就職でよくある質問

記事を読んだ人は、建築施工管理技士の就職・再就職に詳しくなるだけでなく、資格取得のためには何が大切かについても深く理解することができます。建築施工管理技士になるためには、試験に合格することが必要です。まずは、最後まで記事をよく読んで合格のための近道をみつけてください。資格取得を目指す人にも必ず役に立つ内容ですよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
1 2 次へ