月別アーカイブ 2017年2月

陸上特殊無線技士の需要とは? 求人の内容を詳しく紹介します。

陸上特殊無線技士とは、陸上で無線通信を行う際に無線局に設置されている無線設備を扱える資格です。テレビの中継局や携帯電話の基地局、警察や消防・タクシーの無線設備の操作にも有資格者は欠かせません。知名度の高い資格ではありませんが、需要は高く求人も豊富です。

そこで、今回は陸上特殊無線技士の資格を取得する方法や、どのような求人があるのかということをご紹介します。

  1. 陸上特殊無線技士に関する基礎知識
  2. 陸上特殊無線技士の求人について
  3. 陸上特殊無線技士の資格を取得する方法
  4. 陸上特殊無線技士や有資格者の求人に関するよくある質問

この記事を読めば、陸上特殊無線技士の資格を取得する方法やメリットがよく分かるでしょう。陸上特殊無線技士の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


ガス主任技術者の試験問題を知りたい! 過去問を勉強しておくメリット

ガス主任技術者は、ガス工作物の工事や維持・運用に関する保安監督を行うことのできる資格です。甲種・乙種・丙種の3種類があり、有資格者は各都道府県へ届け出をすれば、「特定第1種圧力容器取扱作業主任者免許」を無試験で取得することができます。

今回は、ガス主任技術者の試験問題や過去問の活用方法を中心に、資格を取得する方法をご紹介しましょう。

  1. ガス主任技術者に関する基礎知識
  2. ガス主任技術者の試験について
  3. ガス主任技術者試験の過去問活用法や勉強のコツ
  4. ガス主任技術者に関するよくある質問
  5. まとめ

この記事を読めば、ガス主任技術者の試験勉強のコツが分かります。ガス主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


土木施工管理技士の受験に必要な実務経験とは? 徹底解説します。

土木施工管理技士とは、橋や道路・河川・上下水道工事などで安全管理や工程管理・施工に必要な技術管理を行うための資格です。また、主任技術者や監理技術者になることもできるため、土木工事の現場には欠かせません。土木工事を生涯の仕事としてがんばっていこうという方にとっては、ぜひ取得しておきたい資格でしょう。

そこで、今回は土木施工管理技士の資格を取得するための方法や、受験資格を得るための実務経験のことについてご紹介します。

  1. 土木施工管理技士に関する基礎知識
  2. 土木施工管理技士を取得するための実務経験とは?
  3. 土木施工管理技士の試験内容や勉強方法とは?
  4. 土木施工管理技士の実務経験に関するよくある質問

この記事を読めば、土木施工管理技士の受験資格を得るために必要な実務経験についてよく分かるでしょう。土木施工管理技士にチャレンジしたいと思っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


給水装置工事主任技術者を取得するには講習が必要? 徹底解説します。

給水装置工事主任技術者とは、排水管から分岐して各建物へ給水を行う設備全般の工事を技術的に管理することができる資格です。建物を建てる際、水道工事は欠かせません。また、水道のメーターの交換や取り付け・取り外しの作業も給水装置工事に含まれます。給水装置工事自体は無資格でも行えますが、給水工装置工事を行う事業者は、必ず有資格者を雇用しておかなくてはなりません。給水装置工事の仕事をしている方ならば、取得をしておいて損はない資格です。

今回は、給水装置工事主任技術者の資格を取得の仕方を、講習会を利用する方法を中心にご紹介しましょう。

  1. 給水装置工事主任技術者の基礎知識
  2. 給水装置工事主任技術者の試験内容や受験の申し込み方
  3. 給水装置工事主任技術者の講習とは
  4. 通信教材を利用して勉強してみよう
  5. 給水装置工事主任技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、試験に合格する勉強のコツも分かりますよ。給水装置工事主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


公害防止管理者の選任要件は? 押さえておくべきポイントを徹底解説!

公害防止管理者とは、大気汚染や水質汚染・騒音・振動などの公害を防止するために技術的な管理を行うことができる資格です。公害は、一度発生してしまうと収束させるまでに長い時間と高額な費用が必要になります。ですから、公害の発生を未然に防ぐために、水質や空気・騒音・振動の定期的な測定は欠かせません。公害を発生させる可能性がある一定規模の工場は、公害防止管理者の選任義務があります。

そこで、今回は公害防止管理者の選任要件についてご紹介しましょう。

  1. 公害防止管理者とはどのような資格?
  2. 公害防止管理者の選任要件とは?
  3. 公害防止管理者の選任届について
  4. ​公害防止管理者の資格を試験を受けて取得する方法
  5. 公害防止管理者の選任要件に関するよくある質問

この記事を読めば、資格を取得するメリットも分かりますよ。公害防止管理者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


冷凍機械責任者の試験問題とは?過去問の活用法と共に紹介します。

冷凍機械責任者とは、冷凍に関わる高圧ガスを製造する施設において保安業務を行える資格です。もう少し具体的に説明すると、冷凍倉庫や冷蔵倉庫やアイスクリームや冷凍食品を製造する工場、高層ビルの空調施設などの保安を行うことができます。一定規模以上の冷凍設備を設置している事業所は、冷凍機械責任者の有資格者を冷凍保安責任者として選任し、都道府県知事に届け出ることが必要です。

そこで、今回は冷凍機械責任者の資格取得を目指している方を対象に、試験問題の内容や過去問の活用法、試験の申し込み方法などをご紹介しましょう。

  1. 冷凍機械責任者の基礎知識
  2. 冷凍機械責任者の試験について
  3. 冷凍機械責任者の試験勉強のやり方と過去問の活用法について
  4. 冷凍機械責任者に関するよくある質問

この記事を読めば、冷凍機械責任者がどのような資格かということはもちろんのこと、受験勉強のコツが分かりますよ。冷凍機械責任者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


労働安全コンサルタントの年収や給料は?取得方法と共に解説します。

労働安全コンサルタントとは、建設現場など作業に危険が伴いがちな職場や労働災害が発生した現場などに赴き、安全計画や安全指導の実施・労働改善計画の作成を行う、などの職務を行える国家資格です。職場の安全管理は、基本的に安全管理者が行います。しかし、安全管理者では職務が十分に全うできないと感じられたり、新しい技術を導入したりした場合は、外部から労働安全コンサルタントを招き、指導を行ってもらう会社が多いのです。取得すると独立や転職にも大変有利に働く資格でもあります。

そこで、今回は労働安全コンサルタントの年収や給料・資格を取得するメリットや試験内容などをご紹介しましょう。

  1. 労働安全コンサルタントに関する基礎知識
  2. 労働安全コンサルタントの資格の難易度や受験資格について
  3. 労働安全コンサルタントの試験内容や日程などについて
  4. 労働安全コンサルタントの試験勉強について
  5. 労働安全コンサルタントに関するよくある質問

この記事を読めば、労働安全コンサルタントの資格を取得するメリットや勉強のコツなども分かるでしょう。労働安全コンサルタントの資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


消防設備士試験の製図問題とは? 過去問を解けば大丈夫? 解説します。

消防設備士とは、オフィスビルや大規模な商業施設・学校・劇場など不特定多数の人々が出入りする施設で、消防設備や避難用具の設置工事をしたり保守点検を行ったりすることができる資格です。一定以上の規模を持つ建物には消防法に基づいた消防設備の設置義務があります。ですから、消防設備士の需要も豊富です。また、消防設備士はビル管理の仕事に就く際にも有利に働くため、転職のために資格取得を目指す方も多いことでしょう。

そこで、今回は消防設備士の試験対策について製図問題や過去問の取り扱われ方を中心にご紹介します。

  1. 消防設備士の基礎知識
  2. 製図以外の試験問題の内容や試験の受け方
  3. 製図問題を中心とした試験勉強のコツ
  4. ​消防設備士の試験に関するよくある質問

この記事を読めば、消防設備士甲種の試験勉強のコツがつかめることでしょう。消防設備士甲種の取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


建設機械施工技士を目指している方必見!実地試験の内容を解説!

建設機械施工技士とは、ブルドーザーや油圧ショベルなどの建設機械を扱うスペシャリストの資格です。国家資格である施工管理技士の一つで、1級と2級があります。資格を取得すれば建設機械の扱いを指導できる立場になれると共に、監理技術者や主任技術者になることが可能です。

そこで、今回は建設機械施工技士の実地試験についていろいろとご紹介しましょう。

  1. 建設機械施工技士の基礎知識
  2. 建設機械施工技士の資格を取得する方法
  3. 実地試験の対策について
  4. 建設機械施工技士の実地試験に関するよくある質問

この記事を読めば、実地試験の内容や合格するための勉強方法などが分かります。建築機械施工技士の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてくださいね。


ガス工事資格の種類を紹介! ガス主任技術者取得に必要な知識

ガス関連の工事は注意しなければ火災・爆発の危険があります。特に、ガス管の配管やガス栓の設置などの工事は、資格を持った者でなければできない仕事です。また、ガス工事の資格にはガス主任技術者・液体石油ガス設備士・簡易内管施工士などさまざまな種類があります。ガスの資格を取得したい方は、仕事内容に見合った資格を選択しなければなりません。

そこで本記事では、ガス工事の資格やガス主任技術者の資格試験・勉強法などについて詳しく説明します。

  1. ガス工事の資格について
  2. ガス主任技術者について
  3. ガス主任技術者の資格試験について
  4. ガス工事資格の勉強法について
  5. ガス工事の資格に関してよくある質問

この記事を読むことで、ガス工事の資格の種類や取得のために必要な情報を知ることができます。資格取得を目指している方はぜひチェックしてみてください。