月別アーカイブ 2017年3月

管工事施工管理技士の就職状況とは? 仕事内容と共に紹介します。

管工事とは、建物内に設置する水道管・ダクト管・給水管などを設置・撤去・増設する工事のことです。建物の規模が大きくなるほど、行われる管工事の数は多くなり、工事も複雑になってきます。管工事施工管理技士とは、管工事の施工計画や安全管理・施工管理などを行うことのできる資格です。取得すれば、工事現場に選任が必要な主任技術者や監理技術者に就くこともできます。

今回は、管工事施工管理技士の仕事や就職先などについて、ご紹介しましょう。

  1. 管工事施工管理技士に関する基礎知識
  2. 管工事施工管理技士の就職先について
  3. 管工事施工管理技士の資格を取得する方法
  4. 管工事施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、管工事施工管理技士を取得するメリットもよく分かりますよ。管工事施工管理技士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


給水装置工事を行うには資格が必要? 資格の取得方法を解説します。

給水装置とは、私有地内に水道を引き込み、各蛇口まで給水する装置の総称です。上水道からそれぞれの私有地の近くまで水を引く配水管や水道メーターは水道局のものですが、給水装置は水を引き入れた土地や建物の所有者の財産になります。建物を建てる際、給水工事は欠かせません。

そこで、今回は給水装置工事を行うことができる資格についてご紹介しましょう。

  1. 給水装置の基礎知識
  2. 給水装置工事に関わる資格について
  3. 受験勉強のコツ
  4. 給水装置工事に関するよくある質問

この記事を読めば、給水装置工事主任技術者になるためのプロセスもよく分かりますよ。給水装置工事主任技術者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


消防設備士に義務づけられている講習とは? 内容などを徹底解説します。

消防設備士とは、消火器やスプリンクラー、火災報知器などの消防設備の設置工事や点検整備を行える資格です。床面積が一定以上あり、不特定多数が利用する施設は消防設備の設置が義務づけられていますので、消防設備士が活躍できる場所は多いでしょう。消防設備士の資格は、定期的に更新が必要です。

そこで、今回は消防設備士に義務づけられている講習についてご紹介しましょう。

  1. 消防設備士の基礎知識
  2. 消防設備士の講習について
  3. 消防設備士の試験内容と合格のコツ
  4. 消防設備士の講習に関するよくある質問

この記事を読めば、消防設備士の資格を取った後に必要なことがよく分かりますよ。消防設備士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


安全衛生管理計画とはどんなもの? 作成方法や提出の仕方を解説します。

安全衛生管理計画とは、労働災害を防ぐために職場で行う安全衛生管理活動の計画のことです。厚生労働省や、各都道府県の労働局が作成と提出を推奨しています。

今回は安全衛生管理計画の立て方や計画書の提出方法などをご紹介しましょう。

  1. 安全衛生管理計画の目的や必要性
  2. 安全衛生管理計画書の提出について
  3. 安全衛生管理計画に関連する資格について
  4. 安全衛生管理計画に関するよくある質問

この記事を読めば、安全衛生管理計画を立てる大切さも分かりますよ。職場で安全衛生に関わる仕事をしている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


安全管理者とはどのような役割? 仕事内容や取得方法を解説します。

安全管理者とは、職場で労働災害が起こらないように安全管理を行う人のことです。常時50名以上の従業員がいる職場で、工場や発電所・ガス製造工場など労働災害の発生率が高い職場では、選任が義務づけられています。また、安全管理者としての実務経験を積めば、労働安全コンサルタントの受験資格を得ることが可能です。

今回は、安全管理者や労働安全コンサルタントの仕事内容や取得の仕方をご紹介します。

  1. 安全管理者に関する基礎知識
  2. 安全管理者の資格を取得する方法
  3. 労働安全コンサルタントの資格取得の方法
  4. 安全管理者に関するよくある質問

この記事を読めば、安全管理者や労働安全コンサルタントの資格を取得する方法もよくわかるでしょう。安全管理の仕事を職場で行っている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


ビル管の選任方法や選任義務について知りたい! その方法を徹底解説

ビル管理技術者(ビル管)とは、建築物環境衛生管理技術者の通称です。ビル管の方が言いやすいので、通称が正式名称のような扱われ方をしています。ビル管は、一定以上の床面積を持つ建物では、必ず選任を行わなければならず、取得するとビルを維持管理するための保安監督業務を行うことができる資格です。

今回は、ビル管の選任義務や選任報告について解説しましょう。

  1. 建築物環境衛生管理技術者に関する基礎知識
  2. ビル管の選任義務と届け出について
  3. ビル管の選任方法について
  4. ビル管の選任に関するよくある質問

この記事を読めば、ビル管理技術者の職務や資格を取得するメリットもよくわかります。建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指している方も、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


ガス主任技術者を取得したい! 試験科目や講習について解説します。

ガス主任技術者とは、ガス事業法に基づいて一般家庭で使う燃料ガスの工作物工事や、ガス製造の保安・監督を行うことができる資格です。取得しておくことで、ガス工事会社への就職・転職が有利になることもあります。今回は、ガス主任技術者の資格を取得するための講習や、試験についてご紹介します。

  1. ガス主任技術者に関する基礎知識
  2. ガス主任技術者の求人や取得するメリット
  3. ガス主任技術者の資格を取得する方法
  4. ガス主任技術者の講習会について
  5. ガス主任技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、ガス主任技術者の資格を取得するまでのプロセスや、ガスに関連する資格の種類がよくわかるでしょう。ガス主任技術者の資格取得を目指している方は、ぜひ読んでみてください。


ビルメン三種の神器とは? 資格の内容や取得方法を解説します。

ビルメンとはビルメンテナンス業務の略です。不特定多数が利用するオフィスビルや商業施設などの維持管理を行う業務であり、ビルの持ち主からビルメンテナンス業務を請け負う会社も数多くあります。また、一定の広さ以上の床面積を持つオフィスビルや商業施設・ホテル・学校などは、特定建築物に指定され、建築物環境衛生管理主任技術者の選任が義務づけられているのです。また、建築物環境衛生管理主任技術者以外にもビルメン業界に就職するために有利な資格があり、その中でも特に難易度が高く、就職や転職に有利な資格は「ビルメン三種の神器」と呼ばれています。

今回は、ビルメン三種の神器に指定されている資格の特徴や、取得方法をご紹介しましょう。

  1. ビルメンの基礎知識
  2. ビルメン三種の神器とは?
  3. ビルメン三種の神器を取得する方法
  4. ビルメン三種の神器に関するよくある質問

この記事を読めば、ビルメン業界に就職や転職を行う際に取得しておくと有利な資格がよく分かります。ビルメン業界へ興味がある方は、ぜひ読んでみてくださいね。


建設機械オペレーターになりたい!!その方法を徹底解説します。

建設機械とは、ブルドーザーやショベルカー・クレーン車など土木工事や建築工事で使用する機械のことです。重量が1t未満の小さなものから数百tのものまでその種類は数多く、建設現場には欠かせません。建設機械オペレーターとは、建設機械を扱うことのできる職業です

今回は、建設機械オペレーターになるための方法をご紹介しましょう。

  1. 建設機械オペレーターとは?
  2. 建設機械オペレーターの働き方
  3. 建設機械オペレーターになるための方法
  4. 建設機械施工技士とは?
  5. 建設機械オペレーターに関するよくある質問

この記事を読めば、建設機械を運転できるようになるまでのプロセスがよく分かります。建設機械オペレーターの資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。


建築施工管理技士の資格を取得したい。講習など勉強方法を解説します。

建築施工管理技士とは、建物そのものを造る工事から内装に至るまで、建設工事すべての施工計画を立案し、施工管理や安全管理を行うことのできる資格です。また、建設施工管理技士の資格を取得すれば、工事現場に必ず配置しなければならない主任技術者や監理技術者にもなることができます。

今回は、建築施工管理技士の資格を取得する方法や、講習の内容・参加するメリットなどをご紹介しましょう。

  1. 建築施工管理技士の基礎知識
  2. 建築工事施工管理士の受験資格について
  3. 建築施工管理技士の資格を取得する方法
  4. 建設工事施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、建築施工管理技士の資格を取得するプロセスやコツも分かります。建築施工管理技士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。