月別アーカイブ 2017年12月

その勉強法、大丈夫? 資格を取るために知っておくべき4つのこと!

近年、資格を取得したいと考える方が多くなってきています。キャリアアップのためだったり会社からの指示であったりと、人によって理由はさまざまです。しかし、一つだけ、多くの方に共通することがあります。それは「勉強法が分からない」という悩みです。そこで、今回は資格の勉強法を中心にご紹介します。

  1. 資格について
  2. 資格の勉強について
  3. 資格の勉強法について
  4. よくある質問

この記事を読むことで資格の勉強法について学ぶことができます。ご紹介した勉強法を有効活用して、ぜひとも資格を習得しましょう!


勉強のやる気を高め、保ち続ける方法とは? ~社会人の場合~

「勉強のやる気がすぐに途切れる」「仕事の疲れでやる気が起きない」「忙しくて勉強する時間がない」など、勉強したいのにやる気が起きないときってありますよね。勉強は、自分自身を磨くために必要なことです。しかし、どのようにやる気を起こせばいいのか、気持ちを保ち続けることができるのか分からないでしょう。また、やる気があっても、勉強が長続きしなければ意味がありません。そこで、本記事では、勉強のやる気を引き出し持続させる方法を解説します。

  1. 勉強のやる気について
  2. 勉強のやる気を引き出す方法
  3. 勉強の方法について~社会人の場合
  4. 勉強のやる気に関してよくある質問

この記事を読むことで、仕事をしている社会人が勉強のやる気を出すポイントが分かります。資格試験を考えている方や悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。


水中溶接の仕事がしたい人必見! 必要な技術や資格とは?

水中溶接とは、文字どおり水中で行う溶接作業のことです。橋げたなど水中で建築を行ったり、水中の建造物を修理・補強するために行われます。水中溶接は溶接作業の中でも、最も技術が必要なものの1つで、技術者は引っ張りだこです。また、溶接を一生の仕事としたい場合は、水中溶接の技術を身につけておくと、転職にも大変有利になります。
そこで、今回は水中溶接に必要な資格について解説しましょう。

  1. 水中溶接の基礎知識
  2. 水中溶接に必要な資格
  3. 溶接の資格取得方法
  4. 潜水士の資格取得の方法
  5. 水中溶接に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、水中溶接ができる技術者を求めている職場や年収などもよく分かることでしょう。溶接工としてスキルアップを目指している人や、潜水士の資格を取得したいと考えている人はぜひ読んでみてくださいね。


ドローンの操縦には資格が必要? 資格の種類や取得するメリットとは?

ドローンとは、遠隔操作や自動制御によって飛行できる小型航空機のことです。軍用・商用・報道用などさまざまな用途があり、個人でドローンを所有し、空中からの撮影を楽しんでいる人もいます。その一方で、ドローンが原因の事故やトラブルも増加中です。そのため、ドローンを扱うための資格の制定や法整備も進んでいます。
そこで、今回はドローンを扱う資格やドローンに関する法律などを解説しましょう。

  1. ドローンの基礎知識
  2. ドローンに関する資格について
  3. ドローンの資格に関するよくある質問
  4. おわりに

この記事を読めば、ドローンを正しく扱う方法もよく分かります。ドローンを使って空中撮影などを楽しみたいという人は、ぜひ読んでみてくださいね。


潜水士の年収はどのくらい? どのような職種から求人があるの?

潜水士とは潜水用具を装備して、水中で作業をすることができる国家資格です。マリンスポーツとして人気のあるスキューバダイビングのインストラクターになるためにも、潜水士の資格が必要になります。また、誰にでも簡単に取得できる資格でもないので常に一定の求人があるでしょう。資格取得を目指している人や、興味がある人も多いと思います。
そこで、今回は潜水士の年収や求人を出す職場、資格取得の方法などを解説しましょう。

  1. 潜水士の基礎知識
  2. 潜水士のキャリアアップについて
  3. 潜水士の資格取得方法
  4. 潜水士に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、潜水士の試験に合格するコツなどもよく分かります。潜水士を目指している人や潜水士の資格に興味のある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


消火機器のポンプを整備・点検できる資格とは? どうすれば取得可能?

火災が起こった際、消火や避難を助けるための器具を消火設備と言います。可搬消防ポンプも消火機器の一種です。人力で運べるうえに高圧力で放水が可能なので、消防自動車が入ってこられないような狭い場所で消火活動をする際に重宝されます。可搬式消防ポンプはエンジンを搭載しているので、いざというときにすぐ使えるように、定期的な整備や点検が必要です。
今回は、可燃消防ポンプの整備に関する資格について解説します。

  1. 可搬消防ポンプの基礎知識
  2. 可搬消防ポンプに関する資格について
  3. 可搬消防ポンプに関するよくある質問
  4. おわりに

この記事を読めば、消防設備に関する資格についてよく分かることでしょう。消防設備士の資格を活用して働きたいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


火災が起こった際、消火や避難を助けるための器具を消火設備と言います。可搬消防ポンプも消火機器の一種です。人力で運べるうえに高圧力で放水が可能なので、消防自動車が入ってこられないような狭い場所で消火活動をする際に重宝されます。可搬式消防ポンプはエンジンを搭載しているので、いざというときにすぐ使えるように、定期的な整備や点検が必要です。
今回は、可燃消防ポンプの整備に関する資格について解説します。

  1. 可搬消防ポンプの基礎知識
  2. 可搬消防ポンプに関する資格について
  3. 可搬消防ポンプに関するよくある質問
  4. おわりに

この記事を読めば、消防設備に関する資格についてよく分かることでしょう。消防設備士の資格を活用して働きたいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


消防設備士の受験資格とは? 試験内容や勉強法をピックアップ!

消防設備士は、屋内消火栓・スプリンクラー・自動火災報知設備など消防用設備の設置工事や整備を行うために必要な国家資格です。法律によって、消防設備士が設備・整備をしなければならないと決められています。そのため、無資格者が行うと法律違反になるのです。では、どうすれば消防設備士の資格を取得することができるのでしょうか。種類によっては受験資格が決まっているので、きちんと把握しておかなければなりません。そこで、本記事では、消防設備士の基礎知識・受験資格・試験内容について説明します。

  1. 消防設備士の基礎知識
  2. 消防設備士の受験資格について
  3. 消防設備士の試験について
  4. 消防設備士に関してよくある質問

この記事を読むことで、消防設備士の資格取得に必要な情報が分かります。受験資格について知りたい方は、ぜひチェックしてください。


消火栓の種類にはどのようなものがあるの? 設置場所や基準は?

消火栓とは、消防や消火活動に必要な消防水利の一種です。消防水利とは、消火活動に使われる水源のことで、消火栓は公営水道の配水管に設置されています。火災が起きた際は、この消火栓の水を利用して消火を行うのです。そのため、消防法によって設置基準が定められています。
今回は、消火栓の種類について解説しましょう。

  1. 消火栓の基礎知識
  2. 消火栓の種類について
  3. 消火栓の設置基準について
  4. 消防設備士の資格取得について
  5. 消火栓の種類に関するよくある質問
  6. おわりに

この記事を読めば、消火栓の種類や設置基準についてよく分かります。消防設備士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事施工管理技士の受験資格を知りたい! 実務経験はどの程度必要?

電気工事施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一種です。取得すれば、建設工事における電気工事の監督や施工管理・安全管理などをすることができます。電気工事士として働いている人の中には、昇給や昇進・転職のために資格取得を目指している人も多いことでしょう。電気工事施工管理技士の試験は、誰でも受験できるものではありません。
そこで、今回は電気工事施工管理技士の受験資格や試験内容などを紹介します。

  1. 電気工事施工管理技士の基礎知識
  2. 電気工事施工管理技士の受験資格
  3. 試験勉強のコツ
  4. 電気工事施工管理技士に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、電気工事施工管理技士の試験勉強のコツもよく分かるでしょう。資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


建設機械施工技士試験の勉強におすすめのテキストや過去問活用法とは?

建築機械施工技士とは、建設機械オペレーターの監督や技術的な指導を行うことができる施工管理技士の一種です。施工管理技士の中では最も歴史があり、唯一2次試験に実技試験があります。他の施工管理技士の試験に比べると合格率が高い一方で、学科試験の勉強方法に悩んでいる人も多いことでしょう。
そこで、今回は建設機械施工技士のテキストや過去問活用方法を中心に、試験の概要や合格する方法を解説します。

  1. 建設機械施工技士の基礎知識
  2. 資格を取得するメリット
  3. テキストと過去問の活用方法
  4. 建設機械施工技士に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、試験の概要から合格のコツまでよく分かることでしょう。建設機械施工技士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1 2 次へ