月別アーカイブ 2018年2月

ボイラー技士の仕事内容は? 資格の取得方法と共に解説

ボイラー技士とは、建物内のボイラーの操作・点検・管理・調整・検査などを行うことができる国家資格です。ボイラーは正しく扱わないと大きな事故を起こす可能性があるので、小規模ボイラー以外はボイラー技士の資格がなければ取り扱うことができません。取得すれば転職や就職に有利なので、資格取得を考えている人も多いでしょう。
今回は、ボイラー技士の仕事内容を中心に資格取得の方法やメリットを解説します。

  1. ボイラー技士とはどんな資格?
  2. ボイラー技士の仕事内容
  3. ボイラー技士の資格取得方法
  4. ボイラー技士に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、ボイラー技士の資格試験に合格する勉強のコツなどもよく分かるでしょう。ボイラー技士の資格取得目指して頑張っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


消防設備士の需要はどのくらいある? 取得すれば就職が有利になる?

消防設備士とは、消火器設備・警報設備・避難用具などの設置工事や点検・整備などを行うことができる国家資格です。取得すれば、消防設備の設置が義務づけられている施設で、消防設備の設置や点検などを行うことができます。消防設備の点検は消防法で義務づけられているため、消防設備士は常に一定の需要があるでしょう。そのため、キャリアアップや転職のために資格取得を目指す方も多いと思います。
そこで、今回は消防設備士の需要について解説しましょう。

  1. 消防設備士の需要について
  2. 消防設備士を求めている職場とは?
  3. 消防設備士の資格取得方法
  4. 消防設備士に関するよくある質問
  5. おわりに

この記事を読めば、資格を取得するための勉強のコツなどもよく分かります。消防設備士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。