月別アーカイブ 2018年8月

第一級陸上特殊無線技士の資格を活用できる仕事を解説。どんな職場があるの?

スマホの普及や第5世代移動通信の規格化進行に向けて、無線技士の有資格者の需要が増しているという話を聞いたことがある人は多いと思います。「自分も転職や就職の際、有利になるよう無線技士の資格を取得したい」と思っている人もいるでしょう。その一方で、「無線技士の資格は区分がたくさんありすぎて、どれから取得してよいか分からない」「資格を活用できる仕事が、今ひとつよく分からない」という悩みを抱えている人もいると思います。
そこで、今回は無線技士の資格区分の1つ、第一級陸上特殊無線技士(通称:1陸特)の資格を活用できる仕事や資格取得方法を紹介しましょう。

  1. 第一級陸上特殊無線技士の資格概要と資格を活用して行える仕事
  2. 第一級陸上特殊無線技士の求人例
  3. 第一級陸上特殊無線技士の資格取得方法
  4. 第一級陸上特殊無線技士に関するよくある質問

この記事を読めば、資格を取得するメリットなどもよく分かります。第一級陸上特殊無線技士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士が人手不足になる理由を解説。有資格者の需要は増加する?

「電気工事士は興味がある資格だが、取得しても資格を活用して仕事ができるか不安だ」と思っている人もいるでしょう。「就職に役立つ」と言われている資格はたくさんありますが、苦労して取得しても有資格者の需要がなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。では、電気工事士はどうでしょうか? 実は、電気工事士は将来の人手不足が今から心配されています。
今回は、電気工事士の需要や将来性などを紹介しましょう。

  1. 電気工事士の人手不足が懸念される理由
  2. 電気工事士の人手不足を防ぐための試み
  3. 電気工事士を取得するメリットと取得方法
  4. 電気工事士に関するよくある質問

この記事を読めば、電気工事士の試験勉強のコツも分かります。電気工事士の資格に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士でなければできない作業を解説。無資格でもできる作業はある?

電気工事はガス工事や水道工事とは異なり、電気工事士の資格を持っているしか行えません。しかし、電気に関する工事はたくさんあります。「電気工事士しかできない作業とは何か分からない」と疑問に思っている人もいるでしょう。
そこで、今回は電気工事士でなければできない作業を紹介します。

  1. 電気工事でなければできない作業とは?
  2. 電気工事士の資格について
  3. 電気工事士の資格取得方法
  4. 電気工事士でなければできない作業に関するよくある質問

この記事を読めば、電気工事士の資格取得方法もよく分かるでしょう。電気工事士の資格に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


管工事施工管理技士の実務経験の書き方について解説。注意点やポイントは?

管工事施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一種です。取得すれば、上下水道や空調のダクトなどを、設置したり取り除いたりする工事全般の品質管理や安全管理を行うことができるので、資格取得を目指す人も多いことでしょう。その一方で、受験の申し込みに必要な実務経験の書き方がよく分からない、と悩んでいる人もいると思います。
そこで今回は、管工事施工管理技士の実務経験の書き方を中心に資格のことを紹介しましょう。

  1. 管工事施工管理技士の基礎知識
  2. 管工事施工管理技士になるために必要な実務経験とは?
  3. 管工事施工管理技士試験の経験記述について
  4. 管工事施工管理技士に関するよくある質問

実務経験を正確に書くことで、実地試験の経験記述対策にもなります。管工事施工管理技士を目指す人は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


冷凍機械責任者の需要や求人はどのくらい? 資格取得方法と共に解説

転職や就職に備えて、資格を取得しようと思う人は多いことでしょう。「就職に役立つ」と言われる資格はたくさんあり、冷凍機械責任者もその1つです。しかし、「技術の進歩により、有資格者には以前ほど企業からの需要がなくなった」という意見もあります。そのため、がんばって資格を取得しようかどうか悩んでいる人もいるでしょう。
今回は、冷凍機械責任者の需要や求人の現状・資格取得の方法などを紹介します。

  1. 冷凍機械責任者の基礎知識
  2. 冷凍機械責任者の需要について
  3. 冷凍機械責任者の資格取得方法
  4. 冷凍機械責任者に関するよくある質問

この記事を読めば、効率のよい勉強方法などもよく分かるでしょう。冷凍機械責任者の資格取得を考えている人は、ぜひ読んでみてください。


建築施工管理技士と建築士の違いを解説。それぞれの資格の特徴とは?

建築の仕事に就いていると、建築施工管理技士や建築士の資格を取得し、仕事の幅を広げたいと考えることもあるでしょう。仕事の幅が広がれば出世や昇給の道も開け、転職にも有利です。しかし、「建築施工管理技士と建築士なら、どちらの資格を取ればいいのか迷っている」という人もいるでしょう。
そこで今回は、建築施工管理技士と建築士の違いや、建築施工管理技士の資格取得方法を紹介します。

  1. 建築施工管理技士と建築士の違い
  2. 建築施工管理技士を必要としている職場や取得するメリット
  3. 建築施工管理士の資格取得方法
  4. 建設工事施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、勉強方法のコツもよく分かるでしょう。建築士や建築施工管理技士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


ビルメン新卒就職のメリット・デメリットは? 有利な資格を知ろう!

「ビルメンテナンス」、通称・ビルメンは、建物の維持管理全般を行う仕事です。オフィスビルはもちろんのこと、病院・商業施設・工場・ホテルなど、さまざまな建物の保守管理を行います。ビルメン=中高年のイメージがありますが、新卒でも十分に働き口があり将来性も抜群です。ただし、より良い条件の就職先で採用されるためには、ビルメンに有利な資格を取得する必要があります。本記事では、新卒ビルメンのメリット・デメリット、就職傾向、有利な資格について説明しましょう。

  1. 新卒でのビルメン就職傾向をチェック!
  2. 新卒ビルメンのメリット・デメリットは?
  3. 新卒ビルメンに有利な資格は?
  4. 新卒ビルメンに関してよくある質問

この記事を読むことで、新卒ビルメンの就職傾向や有利な資格などが分かります。資格取得を検討している方は、ぜひチェックしてください。


ガス主任技術者の求人傾向は? 資格取得のための心得を学ぼう

「ガス主任技術者」は、一般家庭の燃料ガス製造から供給まで、すべての過程のガスを取り扱うために必要な国家資格です。私たちの生活に必要なガスは、ガス主任技術者の手によって安全に供給されています。法令によって、ガス事業者は有資格者を選任する義務があるため、常に高い需要がある資格です。本記事では、常に需要が高い「ガス主任技術者」の求人・就職傾向など、資格の需要や将来性に関して、さらに深く掘り下げていきたいと思います。

  1. ガス主任技術者の基礎知識
  2. ガス主任技術者の求人傾向は?
  3. ガス主任技術者の種類
  4. ガス主任技術者の資格と試験・勉強法は?
  5. ガス主任技術者に関してよくある質問

この記事を読むことで、ガス主任技術者の求人・就職傾向が分かります。資格取得を考えている方や気になっている方は、ぜひ参考にしてください。


ビルメンで役職に就く方法を解説。必要な能力や資格とは?

ビルメンは、ビルメンテナンス業務の略称です。不特定多数の人が利用する施設を維持する大切な仕事なので、やりがいを感じている人も多いでしょう。また、ビルメンとして働きながら昇進や昇給に積極的な人もいると思います。ビルメンの仕事をしながら出世をするには、役職に就くのも1つの方法です。

今回は、ビルメンの仕事における役職や、役職に就くために必要な資格などを紹介しましょう。

  1. ビルメンの仕事について
  2. ビルメンの仕事における役職とは
  3. ビルメンで役職に就くために有利な資格
  4. ビルメンの役職に関するよくある質問

この記事を読めば、ビルメンに転職するために必要な資格などもよく分かります。ビルメンに転職を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


高圧ガス保安監督者になるのに資格は必要? 選任条件を詳しく解説

高圧ガス保安監督者とは、保安統括者に変わって高圧ガスを製造する事業所で保安を監督する職種です。高圧ガス保安法に定義はありませんが、経済産業省令が定めた「保安統括者等の選任義務免除」の条件を満たした施設で選任ができます。その一方で、「法律による定義がないので、選任基準が今一つよく分からない」という人もいるでしょう。
今回は、高圧ガス保安監督者が選任できる事業所や、選任を受けられる人の条件などを解説します。

  1. 高圧ガス保安監督者の基礎知識
  2. 高圧ガス保安監督者の選任条件
  3. 高圧ガス保安監督者に関するよくある質問

この記事を読めば、高圧ガス保安監督者とほかの保安責任者との違いなどもよく分かるでしょう。高圧ガス保安責任者の資格取得を目指している人も、ぜひ読んでみてください。


1 2 次へ