月別アーカイブ 2018年9月

土木施工管理技士試験の指定学科について解説。卒業するメリットは?

「土木施工管理技士の資格を取得したいが、自分が受験資格を満たしているかどうか分からない」と不安を感じている人はいませんか?土木施工管理技士の資格試験を受けるには、一定の実務経験が必要です。実務経験の長さは大学や専門学校で指定学科を卒業しているかどうかでも変わります。
そこで今回は、指定学科の調べ方や指定学科を卒業していた場合の証明方法などを紹介しましょう。

  1. 土木施工管理技士の基礎知識
  2. 土木施工管理技士の受験資格について
  3. 土木施工管理技士における指定学科について
  4. 土木施工管理技士や指定学科に関するよくある質問

この記事を読めば、土木施工管理技士の受験資格についてもよく分かります。土木施工管理技士試験を受験したいと考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


水族館へ就職するには潜水士の資格が必要? 取得方法と共に解説

「水族館に就職したいので、水族館で働くために必要な資格取得を考えている」という人はいませんか? 水族館の仕事はいろいろありますが、水槽内に潜って清掃や水質調査、生物への餌(え)づけなどを行うには、潜水士の資格が役立ちます。また、潜水士の資格を取得していれば、水族館以外でも水中での作業を行う仕事に就くことが可能です。
そこで今回は、潜水士の資格を取得する方法や水族館で資格を活用して働く方法などを紹介しましょう。

  1. 潜水士とはどのような資格?
  2. 水族館への就職と潜水士の資格
  3. 潜水士の資格取得方法
  4. 潜水士に関するよくある質問

この記事を読めば、潜水士を必要としている水族館以外の仕事場についてもよく分かります。潜水士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。


ビル管理士の資格を取得するための勉強方法・ポイントは?

ビル管理士は、建築物環境衛生管理技術者が正式名称で、3,000㎡以上の大規模建築物に必ず設置が必要な国家資格です。しかし、ビル管理者として働くためには、年1度の試験に合格しなければなりません。認定講習会を受講し修了する方法もありますが、受講資格が厳しく設定されているのです。本記事では、ビル管理士の資格を取得するための勉強方法と試験内容について説明します。

  1. ビル管理士資格取得のメリットは?
  2. ビル管理士になるまでの流れを解説!
  3. ビル管理士の勉強法とポイントは?
  4. ビル管理士に関してよくある質問

この記事を読むことで、ビル管理士の資格試験と勉強法が分かります。受験を考えている方は、ぜひ参考にしてください。


漏電調査はどんなときに必要?漏電調査を行える資格について解説!

「何もしていないのに、ブレーカーがよく落ちる」「電気代が急に上がった」。このようなことに悩んでいる人はいませんか? その原因は、漏電の可能性があります。漏電は、火事や感電の原因となる危険なものです。その一方で、「漏電しているらしいが、どうやって対処していいか分からない」という人もいるでしょう。
そこで今回は、漏電の原因と調査方法・対処方法を紹介します。

  1. 漏電の基礎知識
  2. 漏電の調査方法
  3. 漏電の調査を行える資格について
  4. 漏電の調査に関するよくある質問

この記事を読めば、漏電を調査する資格についてもよく分かるでしょう。漏電について詳しく知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。


宅建とビル管は両方取得した方が有利? その理由や取得方法を解説

転職や就職のために資格を取得してキャリアアップをしたいと考えている人は多いことでしょう。世の中に資格はたくさんありますが、取得していることで有利になる資格というのは限られています。その中でも知名度が高いのが、宅地建物取引士(以下、宅建)と建築物環境衛生管理技術者(通称ビル管理士、以下、ビル管)です。どちらも建物に関係ある資格なので、両方取得したいとがんばっている人もいるでしょう。
そこで今回は、宅建とビル管の資格概要や取得方法、両方取得するメリットなどを紹介します。

  1. 宅建とビル管の基礎知識
  2. 宅建の資格取得方法
  3. ビル管の取得方法
  4. 宅建やビル管に関するよくある質問

この記事を読めば、効率よく勉強する方法もよく分かるでしょう。資格取得に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


建築物環境衛生管理技術者の名義貸しとは? 発覚した場合の罰則などを解説

「建築物環境衛生管理技術者の資格を取得していると、名義を貸すだけで定期的にお金がもらえる」、こんな話を聞いたことがある人はいませんか? 建築物環境衛生管理技術者は一定以上の床面積を持つ特定建築物には選任が義務づけられています。しかし、有資格者しかできない仕事が毎日あるわけではありません。そこで、「書類上は雇用していることにしておいて仕事があるときだけ来てほしい」と思っているビルの所有者もいるでしょう。
そこで、今回は建築物環境衛生管理技術者が名義貸しを行う問題点や、罰則などについて解説します。

  1. 建築物環境衛生管理技術者の基礎知識
  2. 建築物環境衛生管理技術者の名義貸しとは?
  3. 建築物環境衛生管理技術者の資格取得の方法
  4. 建築物環境衛生管理技術者に関するよくある質問

この記事を読めば、建築物環境衛生管理技術者の資格取得方法も分かるでしょう。建築物環境衛生管理技術者の名義貸しを求められて迷っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


電気工事士の実務経験の期間・内容を解説。虚偽報告をした場合の罰則は?

電気工事士は、社会人にも人気の資格です。「転職や就職のために電気工事士の資格を取得したい」と考えている人も多いことでしょう。電気工事士には第一種と第二種があり、第一種の免状を交付してもらうには3~5年の実務経験が必要です。そのため、まず第二種を取得し、実務経験を積みながら第一種取得を目指す必要があります。しかし、「ちょっとくらい経歴をごまかしてもばれないのではないか?」と考えている人もいるかもしれません。

そこで今回は、第一種電気工事士の免状を交付されるために必要な実務経験期間や、虚偽の申請をした場合の罰則などについて解説します。

  1. 電気工事士の資格と実務経験
  2. 実務経験の種類と期間
  3. 電気工事士の実務経験で虚偽報告をした場合
  4. 電気工事士に関するよくある質問

電気工事士の資格取得は難しいの?

この記事を読めば、第一種電気工事士の免状を交付してもらうのに必要な実務経験の内容もよく分かるでしょう。第一種電気工事士の資格取得を目指している人は、ぜひ読んでみてくださいね。