2級土木施工管理技士試験に挑戦したい方必見! 過去問の重要性は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

土木施工管理技士とは、道路や河川工事に代表される土木工事で施行計画を作成したり工程管理・安全管理を行ったりすることができる資格です。主任技術者や管理技術者になるために必要な資格でもあります。土木工事の仕事に就いている方の中には、資格取得を目指して勉強に励んでいる方も多いでしょう。

そこで、今回は土木施工管理技士の過去問についてご紹介します。

  1. 2級土木施工管理技士の基礎知識
  2. ​2級土木施工管理技士の試験について
  3. 2級土木施工管理技士試験の勉強方法
  4. 2級土木施工管理技士の過去問についてよくある質問

土木施工管理技士には1級と2級があり、まず2級土木施工管理技士を目指すという方も多いと思います。過去問題を解いて問題に慣れておけば、本番でも落ち着いて解くことができるでしょう。土木施工管理技士の試験に挑戦してみたいという方や合格を目指して勉強中という方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.2級土木施工管理技士の基礎知識

はじめに、2級土木施工管理技士の基礎知識をご紹介しましょう。資格を取得するとどのような仕事を担うことができるのでしょうか?

1-1.土木施工管理技士とは?

土木施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一つです。資格を取得すると主任技術者や管理技術者として施工計画を作成し、工事中は施工管理や安全管理など施工に必要な技術管理をすることができます。つまり、土木工事をする際の責任者的な立場を担うことができるのです。土木工事の仕事に就いている方は、出世のために資格取得が必須という人もいるでしょう。

1-2.2級土木施工管理技士とは?

土木施工管理技士には1級と2級があります。1級は、すべての土木工事において主任技術者や管理技術者になることができる資格です。2級は、土木・鋼構造物塗装・薬液注入の3種類があり、それぞれ取得した資格の土木工事において主任技術者になることができます。まずは2級を取得して実務経験を積み、1級を受験する方もいるでしょう。

1-3.資格取得のメリット

土木施工管理技士の資格を取得すれば、工事現場に必ず選任しなければならない主任技術者や監理技術者になることができます。出世や昇給の道も開けるでしょう。また、転職にも大変有利です。特に、1級土木施工管理技士になれば新しく営業所を開く場合に、必要な専任技術者にもなることができます。定年を超えても土木工事の現場で働きたい、という人にもおすすめです。

12