2級建設機械施工技士の実地試験とはどのような内容? 合格率は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建設機械施工技士とは施工管理技士の一種であり、ブルドーザーやショベルカーなどの建設機械を用いた工事で、指導・監督的な業務を行うことができる資格です。資格を取得すれば、建設機械に関する高い技術と豊富な知識を持っていることの証明にもなります。数ある施工管理技士の中でも最も歴史が長いものであり、毎年多くの方が取得にチャレンジする資格です。
そこで、今回は、2級建設機械施工技士の実地試験の内容や特徴についてご紹介しましょう。

  1. 建設機械施工技士とはどのような資格?
  2. 2級建設機械施工技士の試験について
  3. 2級建設機械施工技士の試験に合格するコツ
  4. 2級建設機械施工技士試験に対するよくある質問

この記事を読めば、学科試験の内容や試験勉強のコツもよく分かりますよ。建設機械施工技士の資格取得を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.建設機械施工技士とはどのような資格?

建設機械施工技士とは、前述したように建設機械を取り扱う工事で、技術者たちの指導や監督業務を行うことができる資格です。建設工事は、大規模な現場になるほどたくさんの建設機械が使用されます。建設機械を扱うにも免許が必要ですが、施工技士の資格を取得すれば、建設機械を扱う技術者のまとめ役を担うことができ、昇進や昇給ものぞめるでしょう。

また、建設業法によって、工事現場には必ず主任技術者や監理技術者を選任しなくてはなりません。その選任条件の一つに、各種施工管理技士であること、があります。建設機械施工技士の資格を取得していれば、建設機械を扱っている現場で、主任技術者や監理技術者になることが可能です。転職にも大いに役立つことでしょう。

2.建設機械施技士の種類について

建設機械施工管理技士には、1級と2級があります。1級を取得すれば、各種施工機械を扱う技術者への指導監督業務が行えるほか、監理技術者と主任技術者になることが可能です。

2級は、以下の6種類に分かれており、

  • 第1種(ブルドーザー)
  • 第2種(油圧ショベル)
  • 第3種(モータ・グレーダ)
  • 第4種(ロード・ローダ)
  • 第5種(アスファルト・フィニッシャ)
  • 第6種(アースオーガ)

資格を取得すれば、取得した種の建設機械を扱う技術者に対して指導監督業務を行えるほか、主任技術者になることができます。

1級を取得した方が、仕事の範囲も広くなり昇給や昇進のチャンスもアップするでしょう。ですから、まずは2種を取得して主任技術者としての実務経験を積み、受験資格を満たしたら1種の試験にチャレンジする方もたくさんいます。

3.2級建設機械施工技士の試験について

この項では、2級建設機械施工技士の試験内容などを実地試験を、中心に解説します。どのような試験なのでしょうか?

3-1.建設機械施工技士の試験について

建設機械施工技士の試験は、日本建設機械施工協会が主催しています。1・2級とも学科試験と実地試験があり、学科試験が6月、実地試験が8月下旬~9月上旬にかけての実施です。詳しいことは協会のホームページを確認してください。

試験を受けるためには、一定期間の実務経験が必要です。2級の場合は、大学で指定学科を卒業していれば、6か月の実務経験で受験資格が得られます。学歴によって必要な実務経験の期間が異なるので、詳しくは協会のホームページを確認してください。

3-2.学科試験と実地試験の違い

2級建設機械施工技士の学科試験は、

  1. 土木工学
  2. 建設機械原動機
  3. 石油燃料
  4. 潤滑剤
  5. 法規
  6. 選択種の建設機械施工法

の6科目です。すべて択一式で、記述式はありません。
実地試験は、前述した6種類の建設機械のうち、受験する種の建設機械を実際に運転し、操作施工法の技術を試されます。

3-3.試験の特徴や特例等

施工管理技士の試験は、学科試験に合格しなければ実地試験を受けることができません。建設機械施工技士でも同じです。しかし、他の施工管理技士の実地試験は記述式試験ですが、2級建設機械施工技士の実地試験だけは実際に建設機械を運転をする実技試験になります。
実務経験が長いほど、建設機械の扱いが得意という方が多いことでしょう。実際、2級建設機械施工技士の実地試験の合格率は88%と、とびぬけて高くなっています。

なお、学科試験に合格し実地試験に不合格だった場合は、翌年に限り学科試験が免除になるのです。

4.2級建設機械施工技士の試験に合格するコツ

この項では、2級建設機械施工技士の試験に合格するコツを紹介します。ぜひ参考にしてください。

4-1.学科試験について

さて、今までの解説である程度お分かりいただけたと思いますが、2級建設機械施工技士の試験は、学科試験の勉強が合格のカギです。学科試験の合格率は56%で、受験した方の半分が不合格になります。

2級建設機械施工技士の試験にチャレンジする方のほとんどが、仕事をしながら勉強をして試験にのぞむことでしょう。ですから、1日1時間でもいいので勉強時間を確保してください。通勤時間や昼休み時間も勉強時間として利用すれば、仕事が忙しくても時間を確保できるでしょう。参考書などは書店の他、インターネットショップでも販売されています。

4-2.実地試験について

前述したように、実地試験は試験を受けた方の8割以上が合格します。ですから、落ち着いて機械の操作を行えば、まず大丈夫でしょう。本番でも、10分ほど練習を行えます。

実地試験は全国13か所程度で行われるため、遠方の方は宿泊場所なども確保する必要があるでしょう。体調管理にも気を付けて試験にのぞんでください。

5.2級建設機械施工技士試験に対するよくある質問

Q.2級建設機械施工技士の実地試験に自分が所有する建設機械は持ちこめますか?
A.持ちこめません。会場で用意されている機械を操作しましょう。

Q.2級建設機械施工技士の実地試験が体調不良などで受けられなかった場合、別の日にふりかえることはできますか?
A.できません。翌年に再受験しましょう。

Q.学科試験は独学で合格可能ですか?
A.はい。大型書店やネットショップで参考書や過去問題が販売されているので、購入して勉強しましょう。

Q.2級を取得してから1級を取得する場合、試験免除などはありますか?
A.1級の実地試験は、6種から2種類を選んで操作施工法を試験します。2級で取得している種の実地試験は合格扱いになり、施工操作法の試験のみです。

Q.試験に年齢制限はないのでしょうか?
A.ありません。受験資格を満たしていれば受けられます。

6.おわりに

いかがでしたか? 今回は、2級建設機械施工技士の実地試験を中心に、解説しました。建設機械施工技士の試験は、施工管理技士の中でも比較的合格しやすいものです。ですから、土木施工管理技士の前哨戦としてチャレンジする方もいるでしょう。2級に合格したら、ぜひ1級取得を目指してください。そうすれば、仕事の幅も広がります。