2級建設機械施工技士の実地試験とは? 内容や合格するためのポイントを解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建設機械施工技士とは施工管理技士の一種であり、ブルドーザーやショベルカーなどの建設機械を用いた工事で、指導・監督的な業務を行うことができる資格です。資格を取得すれば、建設機械に関する高い技術と豊富な知識を持っていることの証明にもなります。数ある施工管理技士の中でも最も歴史が長いものであり、毎年多くの方が取得にチャレンジする資格です。

そこで今回は、2級建設機械施工技士の実地試験の内容や特徴についてご紹介しましょう。