2級建設機械施工技士の実地試験とは? 内容や合格するためのポイントを解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建設機械施工技士とは施工管理技士の一種であり、ブルドーザーやショベルカーなどの建設機械を用いた工事で、指導・監督的な業務を行うことができる資格です。資格を取得すれば、建設機械に関する高い技術と豊富な知識を持っていることの証明にもなります。数ある施工管理技士の中でも最も歴史が長いものであり、毎年多くの方が取得にチャレンジする資格です。

そこで今回は、2級建設機械施工技士の実地試験の内容や特徴についてご紹介しましょう。

  1. 建設機械施工技士とはどのような資格?
  2. 2級建設機械施工技士の試験について
  3. 2級建設機械施工技士に合格するコツ
  4. 学科試験と実地試験の違い
  5. 2級建設機械施工技士試験に関するよくある質問

この記事を読めば、学科試験の内容や試験勉強のコツもよく分かります。建設機械施工技士の資格取得を考えている方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.建設機械施工技士とはどのような資格?

建設機械施工技士とは、前述したように建設機械を取り扱う工事で、技術者たちの指導や監督業務を行うことができる資格です。建設工事は、大規模な現場になるほどたくさんの建設機械が使用されます。建設機械を扱うにも免許が必要ですが、施工技士の資格を取得すれば、建設機械を扱う技術者のまとめ役を担うことができ、昇進や昇給ものぞめるでしょう。

また、建設業法によって、工事現場には必ず主任技術者や監理技術者を選任しなくてはなりません。その選任条件の一つに、各種施工管理技士であること、があります。建設機械施工技士の資格を取得していれば、建設機械を扱っている現場で、主任技術者や監理技術者になることが可能です。転職にも大いに役立つことでしょう。