2級土木施工管理技士の資格取得法とは? 試験や過去問など徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「スキルアップしたい」「職場で必要な資格だといわれた」「就職・転職に有利」など、2級土木施工管理技士の資格取得を考えている人は多いでしょう。土木施工管理技士は国家資格の1つです。「簡単に取得できる資格」だと甘く見ていては、試験に合格できません。1発合格をするためにも2級土木施工管理技士とは何なのか、把握しておきましょう。

  1. 2級土木施工管理技士とは
  2. 1級土木施工管理技士との違い
  3. 2級土木施工管理技士の試験について
  4. 2級土木施工管理技士の資格取得学習法
  5. 2級土木施工管理技士に関してよくある質問

この記事を読めば、2級土木施工管理技士の資格取得に必要な情報を知ることができます。2級土木施工管理技士の資格について知りたい人、資格をとりたい人は必読です。


1.2級土木施工管理技士とは

2級土木施工管理技士は土木・建築関連にかかわる資格です。正しく理解するためにも、2級土木施工管理技士の基礎知識を身につけましょう。

1-1.2級土木施工管理技士の概要

土木施工管理技士とは、土木工事の主任技術者・管理技術者として働くことができる資格です。資格は1級と2級があり2級土木施工管理技士は土木・鋼構造物塗装・薬液注入の3種類にわかれます。それぞれ、河川や橋梁(きょうりょう)・鉄道・上下水道など土木工事の主任技術者として働ける資格です。

1-2.準拠する法律

2級土木施工管理技士に準拠する法律は「建設業法」です。国家資格である土木施工管理技士は建設業法第27条第1項に基づいています。建設業法の内容は把握しておいたほうがいいでしょう。

建設業法:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO100.html

1-3.2級土木施工管理技士の職務、必要性

2級土木施工管理技士の職務は、主に主任技術者として施工計画の作成・工程管理・安全管理などが職務です。つまり、全般的に土木工事に関連する技術上の管理をおこないます。特に、2級は土木・鋼構造物塗装、薬液注入の3種類に特化した職務です。安全に工事をおこなうためにも専門知識を持った2級土木施工管理技士が必要になります。

1-4.2級土木施工管理技士の職場、就職について

一体、2級土木施工管理技士の職場はどこになるのでしょうか。主な職場は土木関連の工事現場です。産業会社や工事会社などが勤め先になります。就職・転職をするために資格取得をする人が多く、有資格者は無資格者よりも採用される確率が高いです。東日本大震災の後は土木関連の仕事が重宝されているため、資格を持っておいたほうが就職に役立つでしょう。

1-5.資格のメリット

転職・就職に役立つのはもちろん、給料面での待遇やスキルアップを目指すことができます。2級土木施工管理技士になると現場の主任責任者に選任されやすいです。主任責任者は現場の中心人物となって工事をすすめるため、給料アップが期待できます。また、資格手当がつく職場もあるのです。さらに、工事に従事するだけでなく、人をまとめるスキルが身につくでしょう。以上のように、有資格者はあらゆる点で優遇されることが多いですよ。