酸性雨の原因と対策を知ろう!わが国の取り組みと私たちができること

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

地球温暖化の影響として注目を集めている酸性雨。地上で発生した有害物質が気体として上空に上がることで起こります。原因となる物質や対策についてご存じでしょうか。酸性雨が人々に与える影響について「よく知らない」という人も多いと思います。酸性雨の原因物質にはどのようなものがあるのか、二酸化炭素とはどのような関係にあるのかなど知っておくべきです。「酸性雨の原因を知りたい」「原因物質の割合はどのくらいなのか?」「酸性雨対策にはどのようなものがあるのか?」公害防止管理者として働くうえで、酸性雨について具体的に把握しておきましょう。

  1. 酸性雨とは?
  2. 酸性雨の原因
  3. 酸性雨の影響
  4. 酸性雨の対策
  5. よくある質問
  6. まとめ

1.酸性雨とは?

まずは、酸性雨とはどのようなものなのかをご説明します。世界規模で大きな問題になっているということを知りましょう。

1-1.酸性雨は雨だけではない

酸性雨とは、水素イオン濃度(pH)が5.6以下の雨のことです。pHは酸性度を表すもので、値の範囲は0~14。7を中性とし、7以下が酸性、7以上がアルカリ性になります。pH値は1違うごとに酸性度が10倍違うことになり、値がたった2少なくなるだけでも、酸性度は100倍になっているということです。化学燃料の燃焼により、大気中に放出される排気ガスの中には、硫黄酸化物や窒素酸化物などの大気汚染ガスが存在します。こういったものが大気中で紫外線により反応して、硫酸や硝酸などの酸性物質になるのです。

そして、雲に取り込まれて、ph5.6以下の雨が生じます。しかし、現在は雨だけを「酸性雨」と呼んでいるわけではないのです。たとえば、酸性の強い霧や雪、晴天の日でもガスや微粒子の状態で地上に降りかかるものも含めて酸性雨と呼んでいます。

1-2.酸性雨は地球規模の環境問題

酸性雨は、原因物質の発生源から遠く離れた地域にも広範囲に沈着することが分かっています。まさに、国境を越えた地球レベルの環境問題としてとらえるべきものなのです。酸性雨は従来、先進国の問題であると思われてきました。しかし、近年は開発途上国でも工業化の進展により、大気汚染物質の排出量が増加しているのです。酸性雨問題を解決するためには、世界各国が共通の認識を持ち、協力していく必要があるでしょう。

1-3.日本での酸性雨の現状

日本における酸性雨の現状はどうなっているのでしょうか。日本でも、全国的に見ると欧米並みの酸性雨が観測されています。特に、冬季の日本海側地域においては、硫酸イオンと硝酸イオンの濃度が高い傾向が見られ、大陸からの影響が問題になっているのです。現在のところは、酸性雨による樹木の衰退や土壌の酸性化などはありません。しかし、今後この問題が深刻化する可能性は十分にあるでしょう。

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら