【必読】建築物衛生法とは?関連する資格取得に必要な情報を一挙紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

快適な生活を送るためには、安全・安心な建築物が必要不可欠です。安全・安心な建築物の維持管理や公衆衛生の向上を目的としている法律が「建築物衛生法」になります。将来、建築物関連の資格を取得したい人、衛生管理者として働きたい人は建築物衛生法について把握しておかなければなりません。そこで、これから建築物衛生法とは何なのか、特定建築物の基礎知識やビル管理技術者など詳しく説明します。

  1. 建築物衛生法とは
  2. 建築物衛生法における特定建築物とは
  3. 特定建築物の維持管理、届け出、罰則について
  4. 建築物衛生法とホルムアルデヒド
  5. 建築物衛生法における国家資格とは
  6. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理技術者)について
  7. ビル衛生管理の講習会について
  8. 建築物衛生法に関してよくある質問

この記事を参考にすれば、建築物衛生法について知ることができます。そして、関連する資格取得のために必要な知識を習得し、試験対策ができるでしょう。


1.建築物衛生法とは

建築物衛生法関連の資格を取得するには、建築物衛生法について詳しく把握することが大切です。これから、建築物衛生法とは何なのか詳しく解説します。

1‐1.建築物衛生法の正式名称と通称

建築物衛生法の正式名称は「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」です。ちなみに、建築物衛生法のほかにもビル管理法と呼ばれています。東京都ではビル衛生管理法ともいい、ビル管理における基本が記載されている法律です。

1‐2.建築物衛生法の歴史と概要

建築物衛生法は昭和45年に制定されました。平成14年には特定建築物の範囲見直しなど、建築物衛生法関連省令が改正されたのです。また、平成15年には建築物衛生法の施行規則の一部が改正されました。改正内容は特定建築物における飲料水水質検査項目の追加や特定建築物届出の内容などです。そもそも、建築物衛生法は多くの人が利用する建築物の維持管理・衛生的な環境の確保を図る法律になります。より良い環境を維持するには改正が必要なのです。改正の詳細については以下のURLから確認できますよ。

厚生労働省 建築物衛生のページ:http://ur0.link/xLnY

1‐3.建築物衛生法の目的、必要性

人が多く出入りする施設では、より良い衛生環境の維持が難しいです。だからこそ、明確な決まりや必要な事項を定めることで建築物における衛生的な管理ができます。つまり、建築物衛生法は公衆衛生の向上、および増進に役立てることが目的です。建築物衛生法がなければ建築物の安全衛生管理ができません。

1‐4.建築物衛生法が適用される場所

建築物衛生法が適用されるのは興行場、百貨店、事務所、店舗、学校など人が多く利用する建築物です。相当程度の規模に当たるものを「特定建築物」と定義しています。特定建築物がある場所すべてが建築物衛生法の適用範囲です。