ビル管理法における水質検査とは? ~安全な飲料水を提供するために~

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

大勢の人が行き交うビルや大型商業施設などは、ビル管理法に基づいて衛生管理が義務づけられています。衛生管理の中に含まれているのが水質検査です。飲み水や給水室などで使う水は常に清潔でなければなりません。もし、飲み水を蓄えるタンクが汚れていると、健康に悪影響をおよぼすことになります。

そこで本記事では、ビル管理法による水質検査の基礎知識や検査内容・ビル管理士の役割と取得ポイントなどについて詳しく見ていきましょう。

  1. ビル管理法による水質検査の基礎知識
  2. ビル管理法による水質検査の内容
  3. 水質検査とビル管理士について
  4. ビル管理士になるには
  5. ビル管理士の資格取得について
  6. ビル管理法の水質検査・ビル管理士に関してよくある質問

この記事を読むことで、ビル管理法による水質検査の内容やビル管理士になるために必要な情報を知ることができます。資格取得を目指している方はぜひチェックしてください。


1.ビル管理法による水質検査の基礎知識

水質検査はビル管理法に基づいて実施しなければなりません。まずは、ビル管理法の概要や水質検査の基礎知識について把握しておきましょう。

1-1.ビル管理法について

ビル管理法は建築物における衛生的環境の確保に関する法律のことです。一般的に省略してビル管理法と呼ばれていますが、東京都ではビル衛生管理法とも呼ばれています。不特定多数の人が出入りするビルを管理する法律であり、ビル管理法は建築物環境衛生技術者(ビル管理技術者)の選任義務も定められている法律です。主に、不特定多数の人が出入りする施設の清潔さを保ち、人々の安全を守るための法律でもあります。

1-2.水質検査とは

水の色・硬度・においなどの性質を調べるのが水質検査です。また、有害な化学物質の有無も調査します。水を検査するうえで、使用目的の基準に合致するかどうかを判定しなければなりません。もし、基準以上の数値が出ている場合は早期改善が必要です。水質検査の方法は大きくわけて、理化学的試験・細菌学的試験・生物学的試験の3つがあります。

  • 理化学的試験:水中の浮遊物・溶解成分の種類と量を測定する
  • 細菌学的試験:水中に混入した細菌類の有無や量を測定する
  • 生物学的試験:顕微鏡を使って水中生物の種類や数を測定する

1-2-1.対象となる建物

ビル管理法が適用される建物を特定建築物といいます。特定建築物は水質検査をしなければなりません。特定建築物に該当する建物は以下の条件に当てはまる施設です。

  • 床面積が3,000平方メートル以上の特定用途に使われる建築物:百貨店・美術館・博物館・図書館・旅館など
  • 床面積が8,000平方メートル以上の学校:幼稚園から大学まですべての教育施設(研究所以外)

1-2-2.必要性

特定建築物は不特定多数の人たちが出入りする場所です。そのため、水質をきちんと管理しなければ不特定多数に悪影響をおよぼすことになります。有害物質が水の中に入っていれば健康被害をおよぼしかねません。人々が安全を確保するためにも水質検査が必要なのです。