活性汚泥法とは何?活性汚泥法の原理と種類について詳しく解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

公害防止管理者を目指す人には、活性汚泥法についての知識が必要です。
今回は、活性汚泥法について、原理や種類を中心に解説しましょう。

  1. 活性汚泥法とはどんなもの?
  2. 活性汚泥法の原理は?
  3. 活性汚泥法の種類には何がある?
  4. まとめ

この記事を読むことで、活性汚泥法に対する理解を深めることができますよ。


1.活性汚泥法とはどんなもの?

まずは、活性汚泥法とはどんな内容なのかについて解説します。
基本的なポイントですから、何度も繰り返して学んでください。

1-1.活性汚泥とは?

活性汚泥法を学ぶ前に、活性汚泥について確認しておきましょう。
活性汚泥とは、好気生(こうきせい)微生物を含んだ有機汚泥を呼びます。
主な利用目的は、汚水の浄化と覚えておいてください。
全国の下水処理場やし尿処理場、また浄化槽(じょうかそう)にて、活性汚泥を利用しています。

1-2.活性汚泥法とは

活性汚泥法とは、活性汚泥を活用して汚水を浄化するためのシステム。
汚水は放置すると、ガスが発生したり雑菌が増殖したりします。
各種の病気の原因になるほかにも、臭(にお)いの問題もあるでしょう。
汚水から害を受ける前に、浄水する必要があります。

1-3.活性汚泥法の利点

活性汚泥法には、汚水を処理する方法として多くの利点があります。

1-3-1.費用が安い

活性汚泥法の利点は、ほかの処理方法と比べたときに費用が安く済む点があります。
何しろ、微生物に有機物を分解してもらうので、難しい手間が掛かりません。
また、電気代などの運用コストを抑えることができる点にも注目でしょう。
汚水処理に必要な費用が安く済むことは、企業に取っては大きな利点となるのです。

1-3-2.効率良く処理ができる

また、活性汚泥法では、大量の微生物を培養(ばいよう)できるため効率良く汚水処理を進めることができるでしょう。
微生物は、適切に酸素を与えることで汚水の中の有機物をどんどん分解します。
原理はごく簡単であるにもかかわらず、効率良く汚水処理ができることも利点と言えるでしょう。

1-3-3.環境にやさしい

活性汚泥法は、微生物をたっぷり含んだ活性汚泥を活用します。
自然の力できれいな水に転換する点からも、環境にやさしい処理方法と言えるでしょうね。
化学薬品で分解を行わないことは、エコの思想にも合っていると言えます。

1-4.活性汚泥法の問題点

活性汚泥法は、汚水の処理に有効な方法ですが、問題点もあります。

1-4-1.適正な管理が必要になる

たとえば、活性汚泥法を適正に管理するためには正しい知識を持った管理者が必要になる点があるでしょう。
さらに、利用した後の廃棄汚泥の処理もしなくてはなりません。
活性汚泥法の知識については、公害防止管理者が学ぶべき内容であることを知っておいてください。
活性汚泥法を導入するためには、公害防止管理者の資格取得者を活用することが近道となるでしょうね。

1-4-2.余剰汚泥の問題が残る

活性汚泥法の問題点としては、処理能力を超えたときに分解することができなかったものがそのまま残ることがあるでしょう。
また、処理の段階で増加し過ぎた微生物自体が余分な汚泥として残る問題もあります。
汚泥を適切に処理するためには、処理する量に応じた施設の用意が必要でしょう。
また、同時に汚水が大量に発生しないための取り組みも検討してください。

12
公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら