空調工事の仕事に就きたい方必見! 取得しておくと有利な資格は何?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

空調工事とは、業務用エアコンの取り付けや増設・メンテナンス・入れ替え・撤去などの工事の総称です。オフィスビルや大型商業施設などでは大きな空調機器を1か所に取りつけ、ダクトやファンを使って空気を循環させることで建物全体の温度・湿度を管理するところもあります。そのため、大規模な工事になることも多いでしょう。

今回は、空調工事の内容や、工事を行うのに必要な資格について解説します。

  1. 空調・空調工事に関する基礎知識
  2. 空調工事に関係する資格とは?
  3. 管工事施工管理技士の資格を取得する方法
  4. 管工事施工管理技士の受験勉強方法
  5. 空調工事に対するよくある質問

この記事を読めば、資格を取得する方法なども分かることでしょう。管工事施工管理技士の資格取得を目指している方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.空調・空調工事に関する基礎知識

はじめに、空調の役割や空調工事の内容などを解説します。一般住宅のエアコンの担う役割や、取りつけ工事との違いはなんでしょうか?

1-1.空調の役割とは

空調は、部屋の温度や湿度の調節や、空気の中の汚れを取って綺麗にする設備の総称です。大規模な商業施設や高層ビルでは、窓や出入り口を開けて空気を入れ替えるわけにはいきません。ですから、建物の中で人が安全かつ快適に長時間活動するためには、空調が不可欠です。

1-2.空調工事の内容とは?

空調工事とは、前述したように空調設備一式の取りつけや増築・移設・撤去などを行う工事のことです。空調装置本体はもちろんのこと、建物のすみずみまで空気を送り届けるダクト工事や、室外機の取りつけ工事などもあります。特に、ダクト工事は建物の内装工事の中では最も重要な工事の一つであり、これがうまくいかないと、建物自体が非常に使いにくくなるでしょう。

また、室外機の取りつけも、建物によっては難工事になることがあります。

1-3.空調工事を依頼する業者とは?

空調工事は、専門の業者が行います。業務用空調から家庭用のエアコンの取りつけまで手広く行っている業者もあれば、業務用空調の工事だけを専門に行う業者もあるでしょう。また、工事だけでなくメンテナンス業務も行っているところもあります。工事費用だけでなく、アフターケアの充実度なども考慮に入れて、工事を依頼するとよいでしょう。