【必読】大気汚染防止法施行令とは?公害防止管理者の役割を解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

大気汚染とは、有害物質が空気中に溶けこんだ状態のことです。
最近ではPM2.5が話題になることが多いでしょう。
一度大気が汚染されてしまうと、解消するまでに長い時間と手間、そして費用がかかります。
また、空気は国境など関係ありませんから世界中に汚染が拡散されることもあるでしょう。
そこで、今回は大気汚染を予防する法律である大気汚染防止法や、大気汚染防止法やその補足となる大気汚染防止施行令についてご紹介します。

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら