マンションの設備管理とはどんな業務?必要な資格を取得しよう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「マンションの施設管理はどうすれば良いのか」「関連する資格がわからない」など、マンションの施設管理に悩んでいる方は多いでしょう。不特定多数の人が出入りする施設は、法定点検や清掃などメンテナンスを徹底していかなければなりません。なぜなら、管理業務を怠るとすぐに汚れが目立ち、快適な環境を維持し続けることができないからです。そこで、本記事では、マンションの施設管理とは何なのか、仕事や資格・取得方法について詳しく説明します。

  1. マンションの設備管理とは
  2. マンションの設備管理の仕事について
  3. マンションの設備管理に関連する資格について
  4. ビル設備管理技能士の資格取得について
  5. マンションの設備管理に関してよくある質問

この記事を読むことで、マンションの施設管理や関連する資格の詳細がわかります。マンションの施設管理について知りたい方・資格取得を考えている方は必見です。


1.マンションの設備管理とは

マンションの設備管理の資格取得や仕事内容を知る前に、基礎知識を把握することが大切です。正しいマンションの設備管理をおこなうためにも、基礎知識を身につけましょう。

1-1.主な職場と仕事内容

ビルメンテナンス会社や管理会社が主な職場になります。マンションの管理組合から委託された業者が、ビル・マンションの設備管理をおこなうのです。ビルメンテナンス・管理会社は、設備管理や清掃・メンテナンスが主な仕事内容になります。

1-2.必要性

マンションには多くの人が住んでおり、多くの設備や機器類が設置されています。ほとんどが一般家庭とは違う大型設備です。そのため、専用設備に詳しい人が管理しなければなりません。マンションの設備管理は暮らしている人々の安全・安心感につながる大切な仕事です。

1-3.管理業務とは

マンションの管理に関する業務は幅広いです。国土交通省が作成している「マンション標準管理委託契約書」には、管理業務を大きく4つに分類しています。それぞれ下記にまとめてみました。

  • 業務管理業務:管理組合の収入および支出の調定・出納・マンションの維持または修繕に関する企画・実施の調整など
  • 管理員業務:通勤方式を原則とし、受付や点検業務・立ち会い業務・報告連絡業務に細分化される
  • 清掃業務:日常清掃と特別清掃に細分化され、いずれも清掃員がおこなう
  • 建物・設備管理業務:エレベーター設備や浄化槽・消防用設備など建物の点検と検査

1-4.給与・求人について

マンションの設備管理業務をおこなう際、給与はいくらになるのか、求人はあるのか気になりますよね。マンション設備管理の年収は、およそ400万~800万円です。有資格者で経験豊富な人ほど、昇給が期待できるでしょう。また、近年はマンション設備管理の求人が増えています。東京オリンピックの影響もあり、建設業が盛んになっているのです。マンションが増えている地域では、設備管理の需要も高まるでしょう。