建築・土木関連の資格について知りたい方必見!資格概要や試験について

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「スキルアップしたいから」「仕事に役立つものだから」など、土木・建築関連の資格取得を考えている方は多いでしょう。資格は専門知識を習得しているあかしになるので、就職・転職・給料などあらゆる面でメリットが生まれます。土木・建築関連でも資格は多種多様です。求めている資格を取得するためには、まず、資格の基本知識や種類について知らなければなりません。そこで、本記事では、土木・建築関連の資格とは何なのか、資格の概要や試験など詳しく説明します。

  1. 建築の資格について
  2. 建築施工管理技士について
  3. 管工事施工管理技士について
  4. 土木施工管理技士について
  5. 建築機械施工技士について
  6. 電気工事施工管理技士について
  7. 土木・建築に関してよくある質問

この記事を読むことで、土木・建築関連の資格を取得するために必要な情報を知ることができます。土木・建築関連の資格を取得したい方は、ぜひ参考にしてください。


1.建築の資格について

建築の資格といえば、何を最初に思い浮かべるでしょうか。資格といっても、建築のあらゆる分野に携わる資格があり、多種多様です。そこで、どんなものがあるのか、最近の傾向も踏まえて建築の資格を見ていきましょう。

1-1.どんなものがあるのか

建築の代表的な資格といえば、「建築士」です。建築士は建設計画や精算などをおこなうために必要な資格になります。また、建築士と同じくらい知られているのが「建築施工管理技士」です。建築施工管理技士は高度な施工技術を維持し、建設工事の安全・品質の向上を図ります。ほかにも、「建築設備士」や「土木施工管理技士」「基礎施工士」「管工事施工管理技士」「設備士」など、工事や設計・設備に関する資格は幅広いです。

1-2.難易度・就職のメリット

資格を取得する際、‟難易度”が気になる方は多いでしょう。建築の資格の中で最も難易度が高いのは、「コンクリート診断士」です。コンクリート診断士はコンクリートの劣化程度を診断する民間資格になります。次いで、「建築士」「下水道技術検定」「建築物環境衛生管理技術者」です。難易度が高くともきちんと勉強すれば取得できます。また、有資格者を求めている企業は多いので就職に役立つでしょう。難易度の詳細は以下のURLで確認できるのでぜひチェックしてください。

土木・建築資格難易度ランキング

1-3.最近の傾向

最近の建築業界は、新築よりも建て替え・リフォームが増えてきています。特に、東日本や熊本・鳥取地震など多発しているため、‟耐震性の高い住宅”のニーズが増加しているのです。そのため、幅広い知識ではなく、土木・測量・設備・室内設計など、建築分野全体が専門的な知識・技術を求めています。建築分野は幅広いので、分野をしぼって適切な資格を取得したほうがいいでしょう。

1-4.取得すべき建築の資格は?

自分が何をしたいのかによりますが、現場の監理技術者や責任者になれる資格は役立ちます。たとえば、「建築施工管理技士」「管工事施工管理技士」「土木施工管理技士」「建築機械施工管理技士」「電気機械施工管理技士」です。これらは、施工管理技士国家資格の一種になります。従業員に指導する立場で働くことができ、専門知識だけでなくコミュニケーション・リーダーシップ力も養える資格です。