原子吸光法の特徴や原理とは?原子吸光の長所・短所について知ろう!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

原子には特定の波長の光を吸収する性質を持っています。光を吸収する現象を「光吸収現象」と言いますが、現象を利用して元素の量を測定するのが「原子吸光法」です。

そこで、原子吸光法とは何なのか、原子吸光法の特徴や原理、長所・短所について説明します。公害防止管理者を目指している人は、ぜひ参考にしてください。原子吸光法の知識は公害防止管理者にとって必要不可欠です。

  1. 原子吸光法とは?
  2. 原子吸光法の特徴・原理
  3. 原子吸光法の長所・短所
  4. 公害防止管理者とはどのような資格?
  5. よくある質問
  6. まとめ

1.原子吸光法とは?

化学用語には、「原子吸光法」があります。原子吸光法は、原子吸光分析とも言いさまざまな分野で使用している定量分析法です。そこで、原子吸光法とは何なのか詳しく説明します。

1‐1.原子の吸光現象を利用している

原子吸光法は、定量分析法の1つです。原子には、特定の波長を吸収する特徴を持っています。原子の「吸光現象」を生かし、金属元素の定量が測定できるようになっているのです。原子の吸光現象は、特定波長の光を原子に当てたとき起こるでしょう。高熱に加熱した原子に光を照射します。一般的に、分析対象となるのは「溶液」です。溶液の中に入っている微量の元素を検出するために原子吸光法を利用します。たとえば、環境汚染になる工場排水の検査です。工場排水の中にある微量元素を見つけるにはぴったりの方法になるでしょう。

1‐2.微量な定量が可能

原子吸光法は微量な元素の定量が可能です。よって、資料など形あるものに依存しない特徴を持っています。まずは、測定したい元素を高温にして原子化しなければなりません。原子化した元素に光を当てて吸収スペクトルを測定します。微量な定量が可能になることで、多くの分野で原子吸光法を採用しているのです。

特に、無機質分析の公定法になっています。原子吸光法を利用するには、専用の装置が必要です。原子吸光分析装置と言いますが、装置は主に光源部・試料原子化部・公光部・測定部にわかれています。光源部は放電ランプや中空陰極ランプを利用して高周波を原子にかけるでしょう。放射強度は比較的高めです。試料原子化部は、分子を熱かい離、原子蒸気を生み出します。対象の物質を原子化するところです。そして、分光部や測定部では光の吸収強度を測定して本格的な定量をします。

1‐3.さまざまな場所で応用されている

さまざまな分野で使用している原子吸光法は、応用として主に産業分野で採用されています。原子吸光法では、ほとんどの金属元素が定量できる方法です。よって、土壌の中に入っている金属元素の定量や工業用排水、河川・海水などの測定に使用します。環境汚染の研究はもちろんのこと、化学・食品・生体試料中の金属元素、農業などにも幅広く採用しているのです。公害を防ぐためにも、金属元素の測定は必要不可欠になります。現場や作業場では公害が起こる可能性もあるでしょう。公害防止管理者は人の健康、安全を守る大切な役割です。さまざまな場所で応用している原子吸光法だからこそ、正しく理解しておかなければなりません。

1-4.原子吸光法を利用した公害防止のための検査について

原子吸光法を利用すれば、微量の金属を検出できます。そのため、土壌・工業用排水、河川・海水の検査に利用すれば、そこにどのくらいの金属元素が検出可能です。金属は銅や水銀をはじめとして公害の原因となります。そのため、微量でも金属を検出できる検査方法が必要です。

公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら