生物膜法の特徴や原理とは?メリット・デメリットと共にご紹介します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

私たちが水や空気を使って生活している限り、どうしても汚れが発生します。
ですから、それを取り除く技術も発達してきました。
一昔前は化学物質を利用する方法が一般的でしたが、今では微生物によって汚れを分解してもらう方法が主流です。
そこで、今回は生物膜法という汚れを除去する方法の仕組みや特徴をご紹介します。
微生物を使った汚れを除去する方法はいくつかの種類がありますが、生物膜法はどのようなメリットがあるのでしょうか?
答えはこの記事を読めばわかりますよ。

  1. 微生物を使った汚れを除去する方法とは?
  2. 生物膜法の種類とは?
  3. 生物膜法のメリットとデメリットとは?
  4. 浮遊生物法と生物膜法、どちらを選ぶべき?
  5. おわりに

1.微生物を使った汚れを除去する方法とは?

有機物が原因の汚れは、それを食べる微生物を利用することで除去できるのです。
現在では、主に水質の浄化に利用されています。
この項では、微生物を使った汚れを除去する方法の一例をご紹介しましょう。

1-1.浮遊生物法

浮遊生物法とは、汚れた水の中に好気性(空気を好む)微生物と空気を入れて、かき混ぜる方法。
水中に放たれた微生物は、有機的な汚れを食べて水をきれいにしてくれるのです。
化学物質を使った汚れを除去する方法に比べて人体に無害ですし環境にも優しいので、現在は多くの浄水設備で使われています。
浮遊生物法は、微生物の管理が容易で処理効率がよい、というメリットがあるのです。
しかし、その一方で嫌気性(空気を嫌う)微生物は使えなかったり、汚れを食べた微生物が沈殿してできる「汚泥」を定期的に処理したりしなくてはなりません。
また、浮遊生物法の場合は菌を活性化するために、ある程度のエサが必要です。
ですから、汚れの少ない水を浄化させるのにわざわざ汚染物質を入れなければならない、ということもありました。

1-2.生物膜法

さて、今回ご紹介する生物膜法も同じように微生物を利用して水質を浄化する方法です。
浮遊生物法との違いは、微生物を特定の担体に張りつけて、浄化槽の中に入れます。
こうすると、担体の表面に好気性菌が繁殖し、担体の中の方で嫌気性菌が繁殖できるのです。
ですから、複数の菌を同時に水中に入れることができます。
さらに、汚染物質を食べた微生物を別の微生物が食べてくれるので、汚泥が少なく汚染物質が一時的に減っても、微生物が全滅することはありません。
そのため、汚染の状態が時期によって変わる水をきれいにするのに向いているのです。

12
公害防止管理者 水質最短合格の秘密はこちら 水質最短合格の秘密はこちら