【注目】ボイラー技士は就職に強い! 仕事内容の理解で資格試験突破!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ボイラー技士は、一生仕事に困らない資格として高い人気を誇っています。ボイラーを扱うためには、国家資格であるボイラー技士の資格が必要であるため誰にでもできる仕事ではないからです。では、実際に就職市場で資格保持者がどのように有利になっているのでしょうか。また、就職後の給与や手当てなども気になりますよね。そこで、今回は、ボイラー技士の仕事内容・就職状況などだけでなく、資格取得に有益な情報を満載でご紹介しましょう。手に職を付けて長く働きたい人には、特に必見の内容ですよ。

  1. ボイラー技士の就職について
  2. ボイラー技士の仕事内容を学ぼう
  3. ボイラー技士の資格取得について
  4. ボイラー技士の講習・更新について理解しよう
  5. ボイラー技士の就職や仕事に関するよくある質問

記事を読んだ皆さんは、ボイラー技士の就職状況について深く理解できることでしょう。また、自分が目指すべきボイラー技士の種類もわかるようになります。ひとたび資格を身に付けると、転職や再就職にも有利です。まずは、記事をじっくり読んでみてください。皆さんにとって必要な情報が必ず書いてありますよ。


1.ボイラー技士の就職について

まずは、ボイラー技士の就職状況について解説します。主な就職先・求人率・手当てや年収・勤務形態について学んでください。

1-1.ボイラー技士の主な就職先

ボイラー技士の主な就職先としては、以下を参考にしてください。

  • 特級ボイラー技士:大規模工場・プラント建設会社・職業訓練校などを含む幅広い業種
  • 一級ボイラー技士:中規模以上の工場・プラント建設会社・職業訓練校などを含む二級ボイラー技士より広範囲の業種
  • 二級ボイラー技士:ビル管理会社・ビル設備会社・建設会社・ホテル・病院・温泉施設・工場など

ボイラー技士は、資格の種類によって扱うことができるボイラーの性能に差があります。従って、上位資格である特級を持っている人の方がさまざまな就職先を選びやすいのも事実なのです。

1-2.ボイラー技士の求人率

ボイラー技士の求人率は、常に安定しています。地域によっては、求人数が求職者数の何倍にもなっていることも多いです。ボイラー技士は専門技術として高い評価を受けていることや必要としている職場が多いため、就職難ということはありません。ただし、年収や休日などの条件がいい職場は求職者の間で争奪戦となります。常に求人票をチェックして、採用情報を見逃すことが無いように注意してください。

1-3.ボイラー技士の手当てについて

ボイラー技士として就職した場合、企業によっては毎月数千円程度の資格手当てが出ることがあります。毎月数千円であっても、長く勤務するほどに大きな差となるので求人情報を見るときには必ずチェックしておきましょう。なお、資格手当てに関しては支給しない企業も多いです。資格手当ての支給が無い場合は、基本給などほかの条件で判断してください。

1-4.ボイラー技士の年収はどのくらい?

ボイラー技士は、年収300万円から400万円台が多くなります。ただし、大企業などで管理職に就くと年収が600万円以上になることも夢ではありません。ボイラー技士の年収は、企業によって大きく設定が異なるため、できるだけ条件のいい求人をみつけることが大切なのです。なお、二級ボイラー技士が一級を取得するなどで社内評価を上げたり転職をしたりすることで年収を引き上げることも可能となりますよ。

1-5.ボイラー技士の勤務形態について

ボイラー技士の勤務形態は、フルタイムとして働くことが多いです。また、ボイラーを24時間稼働している企業では交代制で勤務することもあります。詳しくは、就職したい企業の採用情報を確認してください。ただし、残業や休日出勤は多くありません。超過勤務の心配はありませんから、安心してください。