2級ボイラー技士

2級ボイラー技士は転職で有利になる?転職事情とキャリアの広げ方を徹底解説

92人の方が、この記事を参考にしています。

2級ボイラー技士は昔からビルメンテナンス業界で非常に需要が高く、現在でもビルメン4点セットの一つに入るぐらいに重要な資格です。しかし、簡易ボイラーの登場で資格が必要なくなっているのも事実です。

そんな2級ボイラー技士ですが、実際に転職に役に立てる場合はどんな仕事があるのか?また、この資格は転職の際に何が見られているのかをこの記事では紹介していきます。資格を面接の際にどのように有効活用すればいいのかも紹介していますので、是非参考にしてみてください。

1.2級ボイラー技士を取得すると、どのような仕事に就けるのか?

2級ボイラー技士を取得した場合はどのように転職に影響するのか?ここではそのような疑問に対してボイラー技士を最も活用できる業界を例に月収や活用内容についても解説していきます。

1−1.ビル設備管理

最も多いのはビルの設備管理つまりはビルメンです。ビルメンテナンスは、ボイラーの点検業務を行うのに2級ボイラーが必要になっています。ボイラーの基礎知識を把握していなと、緊急時にどこが故障しているかなどが正確に判断できません。

設備に異常が無いかすばやく確認するために2級ボイラーは必須と言えます。年収は400万程度です。年齢や他にどのような資格を取得しているかで給料は変わってきます。

1−2.サービスエンジニア

空調系やボイラーを扱っている会社の場合は2級ボイラーは確実に必要です。サービスエンジニアは自社のサービスを使っている会社やビルに出向き、サービスの点検や新規製品の提案などを行います。

年収は350万程度でしょう。給料を上げるためには上級の資格を取得するか、チームを率いる責任者になるのが確実です。

1−3.工場、プラント操作

発電所やプラントでもボイラー技士が必要になります。プラント操作や日常点検が主な業務ですが、主にトラブル対応などの場合にボイラー技士があると修理の対応などが比較的スムーズに行くでしょう。ただし、こちらは未経験の求人は少ないため、実務経験がある方が転職をスる際などに有効でしょう。

年収500万程度です。こちらは専門性や扱う規模によっても変わってきます。実務経験と合わせてアピールすることが重要です。

2.2級ボイラー技士を取得した人の転職事情

資格は持っているだけでは効果を発揮することはありません。資格は自分の能力を適切に評価してくれるものです。そのため、転職において資格は採用側は何を見ているのかということをここでは解説していきます。

2−1.実務経験

資格にかかわらず、転職に関しては実務経験が求められます。これは2級ボイラー技士でも同じで、実務経験があり資格を取得しないでいたケースなどもあるでしょう。そのような方が2級ボイラーを取得すれば、転職でも有利に働きます。

ボイラー業務はそこまで行っていなかったがビルメンテナンス業務に従事していて、ボイラーの資格だけ持っていなかったケース。職業訓練や実地研修などでボイラーに関わっていたが、実務経験の問題で資格が取得できなかったなどのケースもあります。

ビルメンテナンスの経験があり、ボイラー技士の資格を取得すれば同業であれば転職はそこまで困難ではありません。また、工場や病院などのボイラーに転職できます。

実務経験がある場合はボイラー技士の資格を活かしつつ実務経験をアピールしましょう。

2−2.他資格との掛け合わせ

ボイラー技士の資格は単体でも効果を発揮しますが、実際に転職を考えた場合はこの資格だけでは少し厳しいです。というのも現在では資格の必要のない簡易ボイラーが増加しており、資格が必要なくともボイラーの管理業務ができるようになっています。

しかし、ボイラー技士の需要が大幅に減少したわけではなく、より専門性が強くなってきているのです。今でも大型のビルを始めとして、大型で止めることの出来ないボイラーは数多く存在しています。そんな中でスペシャリストのボイラー技士は非常に希少な存在です。

そのため、現在のボイラー技士はいわば2極化しており、2級ボイラー技士はいわば通過点と考える人や企業も多いのです。特にビルメンテナンス業においては昔から”ビルメン4点セット”と呼ばれる必須の資格があります。この資格を取らないとビルメンテナンスの全体をカバーできないため、最近では必須になってきている資格です。

”ビルメン4点セット”とは、

  • ボイラー技士2級
  • 2級電気工事士
  • 危険物取扱者乙種4類
  • 第三種冷凍機械責任者

です。この資格があればビルメンテナンスの範囲を概ねカバーすることが出来ます。ビルメンテナンスには他に資格が必要になってきますが、このあたりは最低限と言われています。

このようにボイラー技士の場合は専門家として工場を始めとした大規模ボイラーがある場所で働くか、他の資格との組み合わせとして、手広くやるかのどちらかが転職では有効です。2級ボイラー技士のみで転職活動をするのは少し厳しいかもしれません。

2−3.未経験の場合は他業種での実績

未経験の場合は他の業種でどのような実績を挙げたか、またこの資格を取得した理由が求められるでしょう。どの転職でも共通しますが、他業種での実績と資格を元に会社でどのように活躍できるかが資格以上に重要です。

資格について触れられる場合は、なぜこの資格を取得したのか?この資格を取得した上で、今後どのようなキャリアパスを歩んでいきたいかなどを説明できることが重要になってきます。未経験の場合でも資格単体ではなく、資格を使いどのようなことがしたいのかなどが重要になるのです。

3.2級ボイラー技士が転職市場で人気な理由はなに?

資格は持っているだけでは中々効果を発揮してくれませんが、それでも資格取得者は企業にとって需要があります。ここでは転職市場で資格取得者がなぜ人気なのか紹介していきます。

3−1.ボイラーの仕組みを理解している

前述の通り簡易ボイラーやボイラーをそもそも置いていないいという現場も存在します。しかし、簡易ボイラーで資格が仮に必要ない場合でも、ボイラーの基礎知識を理解していることは非常に重要です。いざという時にすばやく対処できることが肝になってきます。

ボイラー技士は実際にボイラーを止めてメンテナンスすることはありませんが、それでも仕組みをしておけばトラブルを少しでも早く解決できます。ボイラーなどの止めることの出来ない機械でこれは非常に大きいと言えるでしょう。

また、上級の資格を取得する際にも基本のボイラーの仕組みを理解していることは重要です。大型のボイラーになれば、基本は同じだとして様々な要素が異なってきます。責任者への任命を受けるには1級以上が必要になってきますが、仕組みを正確に理解していないと責任者として人を動かせません。

2級ボイラー技士はすべてのボイラーの基本になってくる資格と言っても過言ではありません。仕組みを理解することが転職市場で一定の評価を受ける理由の一つと言えます。

3−2.難易度は高くは無いが、汎用性が高い

2級ボイラーの資格難易度としてはそこまで高いとは言えません。しかし、前述のビルメン4点セットを始めとしてボイラーがある場所ならばどこでも活用出来ます。ボイラーはビル以外でも、工場や病院を始めとして様々な場所にあります。

3−3.作業の主任者になれるため

ボイラーの資格を持っていれば、大型のボイラーがあるところは作業主任者にはなることは無いと思いますが、簡易ボイラーや小型のボイラーの場所では主任者に任命されることもあります。

これは資格無くても扱えるボイラーが増えたため、有資格者のしっかりとしたボイラーの知識が求められているのです。

4.2級ボイラー技士の資格を活かして有利に転職を進める方法

資格を取得したから転職がすぐにできるかといえばそうでもありません。資格はあくまでも補助的な役割なのです。しかし、取得した資格をアピールすることで転職にも非常に有利になります。ここでは、転職を有利に進めるために資格の活用方法について紹介します。

4−1.他の資格も取得してみる

転職を有利に進めるのは、やはり他の資格も必須と言えるかもしれません。2級ボイラーのみと他の資格も保有している人では転職の幅は大きく異なります。

4−2.資格が不要なところも受ける

ボイラーの資格は一定数の需要はあるとは言え、ボイラー自体の数は減少してきており資格が不要になってきていることも事実です。

しかし、前述の通りボイラーの知識はいつの時代も必要になります。簡易ボイラーでも基礎知識のあるか無いかで対応は大きく異なります。

5.2級ボイラー技士の有資格者が転職で使うべきサービス

資格を取得したら次は転職の求人探しです。しかし、自分で免許を活かせる環境を探すのは非常に大変ですし、ミスマッチが発生したら資格も無駄になってしまいます。そこで、ここでは資格取得者が転職で使うと便利なサービスを紹介していきます。

5−1.転職エージェント・人材紹介を利用する

2級ボイラー技士は未経験の場合は、残念ながらそこまで優遇されるという資格ではありません。あると転職には有利になりますが、確実に受かるかと言われればかなり厳しいでしょう。そのため、前職での経験や今後のキャリアを相談するためにも業界に詳しいエージェントをおすすめします。

エージェントは担当によっては現場のことをあまり把握していない人も多いです。そのため、現場のことを理解していて適切にアドバイスをくれるエージェントがいいでしょいう。

建設・設備求人データベースならば、ビルメンの求人が業界NO.1のため業界にも詳しく、適切な求人を探してくれます。

5−2.転職サイトを活用する

2級ボイラーは特殊な資格であるため、最大限に活かすには必要としている仕事が多く乗っている転職サイトが適切です。求人サイトの場合は職場環境などが明確にはわかりにくいですが、エージェントよりも数多く応募することが可能です。

ビルメン転職ナビでは、ビルメンテナンス業に特化した求人サービスですのでボイラー2級が必要な会社も数多く登録しています。

6.まとめ

2級ボイラー技士は取得難易度はそこまで高くないですが、実技講習が3日間必要になるなど手間のかかる資格です。しかし、昔からビルメンテナンス業界を中心に支持されてきている資格でもあります。ビルメンテナンス業に転職する場合は取得しておきたい資格です。

取りたい資格・知りたいことをお選びください