ボイラーの検査にはどのような種類があるの?事業者が行える?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ボイラーは、普段私たちがあまり目にすることのない機器です。
しかし、私たちの生活のいろいろな場所で、ボイラーから作られるエネルギーが役立っています。
ボイラーは大きなエネルギーを生み出す装置ですから、定期的な点検は欠かせません。
そこで、今回はボイラーの検査にはどのような種類があるか、ということをご説明しましょう。
また、ボイラーを検査することができる有資格者についてもご説明します。
職場でボイラーを使っている方やボイラー技士の資格取得を目指して勉強している方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. ボイラーとは?
  2. ボイラーの検査とは?
  3. ボイラーにかかわる資格とは?
  4. ボイラーにかかわる資格を取得するメリットとは?
  5. おわりに

1.ボイラーとは?

ボイラーとは、燃料を燃焼させて水をお湯や蒸気に変える熱交換装置を持った熱源機器です。
といってもイメージがわかない方がほとんどでしょう。
身近な例をあげると、給湯器もボイラーの一種です。
給湯器が沸かせる水の温度は低いですが、工場などで使われているボイラーは、水を短時間で大量に沸騰させることが可能になっています。
ボイラーで沸騰させたお湯の熱を使ったり、発生した蒸気を動力源にしたりしているのです。
蒸気機関車や大型船舶、さらに火力発電所などはボイラーで作られた蒸気を利用して動いたり発電をしたりしています。
ボイラーは運転中に大量の水を沸騰させますから、内部は高温になり高い圧力もかかるのです。
ですから、試用しているうちに部材に変化が生じ、腐食や割れ、さび、変形などが生じることもあるでしょう。
また、設置の仕方に不備があると事故が発生する可能性もあります。

12