ボイラー技士の免許を取ろう!資格取得に必要な知識とコツを解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ボイラー技士は、ボイラー設備の取り扱いに関するプロフェッショナルです。近年、需要が高まっており、ボイラー技士の資格取得を目指す人も増えています。ボイラー技士に合格するためには、どのような手順を踏み、どのようにして学習していけばよいのでしょうか?

そこで今回は、ボイラー技士の免許を手に入れるために、資格取得の必要な知識とコツを詳しく解説します。

  1. ボイラー技士について
  2. ボイラー技士の種類について
  3. ボイラー技士の資格取得について
  4. ボイラー技士の講習や更新について
  5. ボイラー技士免許について理解しよう
  6. ボイラー技士免許の更新について
  7. ボイラー技士の免許・資格に関するよくある質問

ボイラー技士の資格試験に合格するには、効率よく学習を進める必要があります。記事には資格取得に必要な知識のほかにも、おすすめの学習法も紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。きっと、資格取得への道が開けますよ。


1.ボイラー技士について

まずは、ボイラー技士について理解を深めましょう。ボイラー技士の定義や準拠する法律、職務などについてじっくり学んでください。

1-1.ボイラー技士とは?

ボイラーを適切に扱うためには、ボイラーの操作をよく理解し、深い知識を持っていることが大切です。ボイラー技士は、ボイラーの操作および管理をするための高い能力を持っていることを証明した資格と考えてください。ボイラーは、多くの工場や建物で運用されているため、ボイラー技士は常に需要のある資格と言えます。

1-2.ボイラー技士が準拠する法律

ボイラー技士は、労働安全衛生法に準拠した国家資格のひとつです。労働安全衛生法とは、労働者が安全かつ衛生的に働くことを目的に作った法律と覚えておいてください。労働安全衛生法には、ボイラーを扱うためにはボイラー技士の資格が必要不可欠との規定があります。つまり、ボイラー技士の資格が無い人がボイラーを扱うことは法律違反となるので気を付けてください。

1-3.ボイラー技士の職務について

ボイラー技士の職務は、ボイラーを適切に安全に取り扱うことです。ボイラーは高温になるため、間違った使い方をすると大きな事故になる可能性もあるでしょう。ボイラー技士は、ボイラーを取り扱うときの安全への配慮も重要な職務となります。労働災害を防止するためにも、ボイラー技士は職務を守ることが第一と考えましょう。

1-4.ボイラー技士の必要性

ボイラー技士は、常に需要があります。まず、労働安全衛生法によってボイラーを扱うにはボイラー技士が必要不可欠となっている点で、必要性が高いでしょう。また、工場に限らず、ビルや病院などでも空調管理や温水作成のためにボイラーを利用しています。つまり、ボイラーを使用している建物がある限り、ボイラー技士は必要性が高いのだと認識してください。

1-5.ボイラー技士資格を取得するメリットや就職先

ボイラー技士資格を取得するメリットは、就職や転職に有利となることです。また、ボイラーを扱うための国家資格なので資格手当が付く可能性もあります。ボイラー技士の資格があることは、ボイラーに関するプロである証拠ですから、就職や転職には武器となるでしょう。

ボイラー技士としての就職先はボイラーを扱っている企業全般となります。具体的には、工場・ホテル・病院・温泉施設などです。