暮らしを支える縁の下の力持ち。「ボイラー」の仕組みや種類は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「ボイラー」という名前は聞いたことがあると思います。お湯を沸かす装置。そんなイメージでしょうか。まちがいではありませんが、なかなかうまく説明できないですよね。ボイラーは、普段はあまり目にする機会はありません。でも、私たちの暮らしとは切り離せないほど、重要な役割をはたしています。ボイラーの仕組みや種類、さらに、ボイラーを扱うボイラー技士について紹介しましょう。

  1. ボイラーとは
  2. ボイラーの仕組み
  3. ボイラーの種類
  4. ボイラー技士
  5. まとめ

1.ボイラーとは

ボイラーとは、燃料を燃やして水蒸気や温水にする熱交換器をもった熱源機器のことです。次の3要件にあてはまるものと定義されています。

  • 火気、高温ガスまたは電気を熱源とするもの
  • 水などを加熱して蒸気または温水をつくる装置であること
  • 気または温水をほかに供給する装置であること

銭湯からオフィスビル、デパート、マンション、病院、ホテル、さらには工場の生産ラインや地域冷暖房など。私たちの生活の周りには、多くのボイラーが使われています。蒸気機関車や火力発電所もボイラーの仲間です。

12