ボイラーの整備や取り扱いに関する資格の種類とは?詳しく解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ボイラーとは、灯油や石炭などの燃料を燃やし、そのエネルギーでお湯や水蒸気を作る機器の総称です。給湯設備・空調設備・動力源などにボイラーを使用している場所はたくさんあります。ボイラーの取り扱いや管理をするには、専門の資格が必要です。また、ボイラーの取り扱いに関わる資格を取得しておけば、転職や就職が有利になることでしょう。

そこで、今回はボイラーに関する資格の種類や資格を取得する方法・有資格者ができる職務などをご紹介します。