ボイラーの種類はどんなものがあるの? 構造や資格などをご紹介

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ボイラーは燃料を燃焼させて得た熱を水に伝えて、水蒸気や温水に換える装置を指しています。商業施設や工場・オフィスビルなどにはボイラーが設置されており、快適な環境を維持し続けているのです。普段は、目にすることがない装置ですが、身のまわりには多種多様なボイラーが存在しています。そんなボイラーを扱うためには、資格を取得しなければなりません。そこで、本記事では、ボイラーの基礎知識や種類・取り扱いに必要な資格・ボイラー技士などについて説明します。