ビル管理(ビルメン)に必要な資格は? 資格取得や就職・転職のコツを徹底解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

商業・ビジネス・飲食・宿泊など、ビルはいろいろな使い方をされます。
オフィスと商業施設といった異なる施設が入っているところも多いでしょう。
このようなビルは、管理をする専任者がいます。
そこで、今回はビル管理(ビルメン)に必要な資格についてご紹介しましょう。
ビル管理はビルメンテナンスともいわれ、決して目立つ仕事ではありません。
しかし、需要が高く転職先としても人気があります。
ビル管理の仕事に興味がある方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

  1. ビル管理の仕事内容とは?
  2. ビル管理の仕事をするために必要な資格とは?
  3. 資格を取得するための勉強方法とは?
  4. おわりに

1.ビル管理の仕事内容とは?

ビルは、たくさんの人が長期間活動する場所です。
ですから、電気・水道・ガス・空調などいろいろな設備を使用します。
これらの保守管理・整備・点検がビル管理の主な仕事です。
「でも、電気や水道、ガスは専門の会社があるのでは?」と思う方もいるでしょう。
確かに、電力会社やガス会社、さらに水道局も点検や修理は行います。
しかし、これらの会社が行うのは、メーターや自社が管理している配管の点検や交換、修理だけです。
ビルの内部を通っている配管や設備の保守管理や点検、修理などはビルの持ち主が行わなければなりません。
ですから、ビル管理者はそれらの権限をオーナーから委託されているのです。
また、ビルは法律によって定期的にビル内の空気や水の検査をしなければなりません。
これも、ビルの管理者の職務です。
ビル管理の仕事は決して目立ちません。
でも、都市部の大きなビルほど、ビル管理者の責任は重く需要も高くなるでしょう。
また、ビル管理の仕事は業者やテナントの借り主との交渉も行います。
そのため、若い方よりもある程度年齢が上の人の方が適しており、中高年の転職先としても人気があるのです。

12