ビルの空調にはどんな種類があるの?役割とともにご説明します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビル必要な設備はいろいろありますが、空調もそのひとつです。
特に、ビルの規模が大きくなるほど、空調の重要性は増してくるでしょう。
そこで、今回はビルに設置される空調の種類についてご紹介します。
また、空調は取りつければそれでおわりというものでもありません。
必ずメンテナンスが必要です。
今回はそのメンテナンスのやり方についてもご紹介しましょう。
建築物環境衛生管理技術者の方やビルのオーナーの方は、ぜひこの記事を読んで参考にしてみてください。

目次

  1. ビルにはなぜ空調が必要なの?
  2. ビルに設置されている空調の役割とは?
  3. ビルに設置されている空調の種類とは?
  4. 空調はどのように管理するの?
  5. 建築物環境衛生管理技術者の役割とは?
  6. おわりに

1.ビルにはなぜ空調が必要なの?

一般住宅ならば、窓を開ければ部屋の空気は入れ替えられます。
しかし、ビルは一般住宅より何倍も大きく、気密性もより高くなっているのです。
ですから、空調システムを使って換気をしなければ、中の空気がよどんでしまうでしょう。
[出入り口から換気できないのか?」と思う方もいるかもしれません。
しかし、大規模なビルになるほど、出入り口からの換気だけでは不十分です。
また、ビルは階数がありますからいくら入り口から空気の出入りがあったとしても、上階までは届かないでしょう。
ですから、空調は絶対に必要な設備なのです。