就職にも有利!建築施工管理技士の資格に関するアドバイス

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建築施工管理技士は国家資格の1つで、施工管理を行うために必要な専門家です。企業でのニーズも高く、給料面でも待遇がよいため、人気の資格となっています。建築業にかかわる技術者であれば、チェックしておきたい資格でしょう。「建築施工管理技士の資格を取得したい」「試験の難易度はどのくらいなのか?」「どこで働くことができるのか?」

そんな人たちのために、建築施工管理技士の資格に関する情報をまとめてみたいと思います。

  1. 建築施工管理技士とは
  2. 建築施工管理技士の資格について
  3. 試験の難易度と勉強法
  4. 資格取得後の就職先
  5. まとめ

1.建築施工管理技士とは

建築施工管理技士は、国土交通省管轄の国家資格です。1級施工管理技士と2級施工管理技士があるため、表記に注意する必要があるでしょう。1級施工管理技士は、建設業の許可基準である営業所ごとの専任技術者として認められ、大規模工事を扱うことになります。ここで言う大規模工事とは、超高層建築や大規模都市施設などのことです。

施工過程において、施工計画や工程管理・品質管理・安全管理などが主な仕事になります。ゼネコンなどでは「施工管理のスペシャリスト」として認識を受けているのが特徴です。2級施工管理技士の資格は「建築」「躯体(くたい)」「仕上げ」の3種類に分かれており、建築に関するすべての分野で資格者になるためには、3度の試験に合格する必要があります。営業所ごとに置く専任の技術者として認められ、小規模工事を扱うことになるでしょう。

2.建築施工管理技士の資格について

建築施工管理技士の資格を取得するためには、どうしたらよいのでしょうか。受験資格や試験内容についてご紹介します。

2-1.建築施工管理技士の受験資格

1級施工管理技士と2級施工管理技士とでは、受験資格が異なります。細かい規定があるため、慎重に確認しましょう。1級施工管理技士の受験資格は、以下のとおりです。

  • 大学の指定学科を卒業しており、3年以上の実務経験がある。
  • 大学の指定学科以外を卒業しており、4年6か月以上の実務経験がある。
  • 短期大学や高等専門学校の指定学科を卒業し、5年以上の実務経験がある。
  • 短期大学や高等専門学校の指定学科以外を卒業し、7年6か月以上の実務経験がある。
  • 高等学校の指定学科を卒業し、10年以上の実務経験がある。
  • 高等学校の指定学科以外を卒業し、11年6か月以上の実務経験がある。

次に、2級施工管理技士の受験資格は以下のとおりです。

  • 大学の指定学科を卒業しており、1年以上の実務経験がある。
  • 大学の指定学科以外を卒業しており、1年6か月以上の実務経験がある。
  • 短期大学や高等専門学校の指定学科を卒業しており、2年以上の実務経験がある。
  • 短期大学や高等専門学校の指定学科以外を卒業しており、3年以上の実務経験がある。
  • 高等学校の指定学科を卒業し、3年以上の実務経験がある。
  • 高等学校の指定学科以外を卒業し、4年6か月以上の実務経験がある。
  • そのほかの者は、8年以上の実務経験がある。
  • 職業能力開発促進法による技能検定に合格している。

2-2.試験内容

1級、2級ともに、試験内容は学科と実地に分かれています。1級施工管理技士の場合、学科は建築学、施工管理法、法規から問題が出ることになるでしょう。合格基準は、学科試験が60問中36問以上正解で合格となります。実地試験は、満点中60%以上の得点率で合格です。2級施工管理技士の場合は、建築、躯体(くたい)、仕上げの3種類に分かれています。学科試験が、40問中24問以上の正解で合格です。実地試験は、満点中60%以上の得点率で合格になります。それぞれ、科目などの免除が適用になる場合もあるため、確認しておきましょう。

3.試験の難易度と勉強方法

建築施工管理技士の資格試験を受ける場合、難易度についても知っておく必要があるでしょう。また、効率的な勉強方法についてもご紹介します。

3-1.資格試験の難易度

過去の合格率を見ると、1級施工管理技士は学科、実地ともに40%以上。2級施工管理技士は50%近くの人が合格しています。難易度で言うと、1級が「普通」2級が「やや易しめ」といったところでしょう。1級建築士に比べると「合格しやすい試験」と言えます。

3-2.効率的な勉強方法

建築施工管理技士の勉強法としては、独学が多いでしょう。働きながら資格取得のために勉強をする人が多いためです。しかし、資格試験に合格するためには、しっかりとした基礎知識が必要でしょう。独学ではすべて自分で管理しなければならないため、大変です。スクールに通うと決まった時間に勉強をしなければならないため、難しい人も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめしたいのが通信講座です。自分で管理する部分もありながら、時間の融通がきくというメリットがあります。分からないところは講師にメールで質問することができるような、サポート体制の充実した講座もあるため、安心ですよね。好きなときにどこでも勉強ができる通信講座で、建築施工管理技士を目指しましょう。

4.資格取得後の就職先

建築施工管理技士の資格を取得できた場合、どのようなところで働くことができるのでしょうか。資格を持っていると何かと就職や転職に役立ちます。建築施工管理技士の場合、取得していると特に有利です。建設工事現場で主任技術者や管理技術者になることができます。

また、1級施工管理技士がいることで5点の配点をもらうことができるため、大変価値のある資格です。建築にかかわる企業であれば、どこでも必要としてくれるでしょう。大手ゼネコンへの就職や転職にも有利です。特に1級施工管理技士は「持っていて損はない資格」と言ってよいでしょう。

5.まとめ

建築施工管理技士の資格に関する情報をご紹介しました。

  • 建築施工管理技士とは
  • 建築施工管理技士の資格について
  • 試験の難易度と勉強法
  • 資格取得後の就職先

「建築施工管理技士の資格を取得したいと思っている」「難易度や勉強法について知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。