就職にも有利!建築施工管理技士の資格に関するアドバイス

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建築施工管理技士は国家資格の1つで、施工管理を行うために必要な専門家です。企業でのニーズも高く、給料面でも待遇がよいため、人気の資格となっています。建築業にかかわる技術者であれば、チェックしておきたい資格でしょう。「建築施工管理技士の資格を取得したい」「試験の難易度はどのくらいなのか?」「どこで働くことができるのか?」

そんな人たちのために、建築施工管理技士の資格に関する情報をまとめてみたいと思います。

  1. 建築施工管理技士とは
  2. 建築施工管理技士の資格について
  3. 試験の難易度と勉強法
  4. 資格取得後の就職先
  5. まとめ

1.建築施工管理技士とは

建築施工管理技士は、国土交通省管轄の国家資格です。1級施工管理技士と2級施工管理技士があるため、表記に注意する必要があるでしょう。1級施工管理技士は、建設業の許可基準である営業所ごとの専任技術者として認められ、大規模工事を扱うことになります。ここで言う大規模工事とは、超高層建築や大規模都市施設などのことです。

施工過程において、施工計画や工程管理・品質管理・安全管理などが主な仕事になります。ゼネコンなどでは「施工管理のスペシャリスト」として認識を受けているのが特徴です。2級施工管理技士の資格は「建築」「躯体(くたい)」「仕上げ」の3種類に分かれており、建築に関するすべての分野で資格者になるためには、3度の試験に合格する必要があります。営業所ごとに置く専任の技術者として認められ、小規模工事を扱うことになるでしょう。

12