【疑問解決】建築施工管理技士の転職や再就職の状況を詳しく解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

どんなに良い建築設計を行っても、実際に図面どおりに建築が進まなければ意味がありません。建築は実際にできあがってこそ価値があるのです。特に、大規模な工事だったり公共性が高くて重要な工事だったりする場合は、きちんと施工管理をしながら建築を進めていく必要があります。国家資格のひとつである建築施工管理技士は、建築物の施工管理を行うプロです。今回は、建築施工管理技士の職場や転職・再就職などの情報を中心に、資格取得のために必要な内容も含めて詳しく解説します。建築施工管理技士に興味がある人は、ぜひご覧ください。

  1. 建築施工管理技士の職場について
  2. 建築施工管理技士の転職について
  3. 建築施工管理技士の資格取得について解説
  4. 建築施工管理技士の就職・再就職でよくある質問

記事を読んだ人は、建築施工管理技士の就職・再就職に詳しくなるだけでなく、資格取得のためには何が大切かについても深く理解することができます。建築施工管理技士になるためには、試験に合格することが必要です。まずは、最後まで記事をよく読んで合格のための近道をみつけてください。資格取得を目指す人にも必ず役に立つ内容ですよ。


1.建築施工管理技士の職場について

まずは、建築施工管理技士の職場について解説します。将来性や年収などの条件面についても理解しておきましょう。

1-1.建築施工管理技士を必要としている職場とは

たとえば、公共性が高くて重要な5,000万円以上の建築一式工事や2,500万円以上の工事では、現場に建築施工管理技士を主任技術者や監理技術者として専任で置く必要があります。そのため、大手建設会社や大手建築請負会社にとっては、建設施工管理技士は引く手あまたと言えるのです。特に1級建築施工管理技術者に関しては、工事の規模に関する制限が無いため応用が利きます。

1-2.建築施工管理技士の将来性

建築施工管理技士は、将来性のある資格と言えます。景気の変動と建築施工数や規模は、連動する可能性あっても、需要が無くなることはありません。建築施工に関する知識は、1日や2日で身に付かないため、資格保持者は常に重宝されるのです。将来を通じて職に困らないようにしたい人は、ぜひとも建築施工管理技士を目指してください。

1-3.建築施工管理技士の年収・手当て・待遇について

建築施工管理技士の年収は、平均して300万円から500万円程度となります。ただし、経験年数が上がったり管理職に就いたりすることで年収をアップできる可能性は高いです。また、年収に関しては勤務している企業規模や上場・非上場などの条件によっても異なります。また。同じ仕事を担当しても企業によって待遇が異なるため、就職・転職活動のときには求人内容をしっかり確認してください。資格手当てに関しては、基本給に含むとするところと毎月数千円程度支給するところとまちまちです。また、社員として資格取得に至った場合は奨励金として数万円の手当てが出ることもあります。

1-4.建築施工管理技士の職場に関する注意点

建築施工管理技士は、主に現場で活躍するための資格です。しかし、企業によって建築施工管理技士に期待する部分が大きく違います。求人票をチェックしたり面接で質問をしたりして自分がやりたい仕事や向いている仕事を多く担当できるかどうか確認しましょう。入社してから後悔しても遅いのです。なお、実際に建築施工管理技士として働いている人の声を参考にするのも良い方法と言えます。

12