ビルに設置されている排水設備の管理方法とはどんなことをするの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビルの設備の中でも、排水設備は電気設備と並んで重要なものです。
もし、排水設備が壊れたり不備があったりすると、悪臭がしたりひどい場合には汚水が逆流してきたりすることもあるでしょう。そこで、今回は排水設備の管理方法をご紹介します。
なぜ、ビルの排水設備には管理が必要なのでしょうか?
また、管理方法の種類もご説明します。
ビルのオーナーの方や建築物環境衛生管理技術者の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

目次

  1. ビルの排水設備とはどういうもの?
  2. 排水設備の点検や掃除を怠るとどうなるの?
  3. 排水設備の管理方法とは?
  4. 汚水槽や排水槽を汚れにくくするには?
  5. おわりに

1.ビルの排水設備とはどういうもの?

一般家庭では、排水は直接下水管へとつながっています。
下水が整備されていない場合は、浄化槽などが設置されている場合もあるでしょう。
ビルの場合は、一般家庭と比べると排水される水の量もけた違いです。
また、ビルの場合は地階もあるので、排水管を下水道本管よりも低い場所に設置しなければならないことも多いでしょう。
ですから、ビルから出た排水は、一度汚水槽や排水槽にためられてから排水ポンプを使用して下水道本管へと流されるのです。
つまり、汚水槽や排水槽にはいつでも一定の汚水がたまっています。
そのため、汚水槽や排水槽、さらに排水ポンプには汚れがたまりやすいのです。
ですから、定期的に点検や掃除をしなくてはなりません。

12