ビル設備管理の仕事内容はどのようなもの? 特定の資格は必要?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビル設備管理とは、オフィスビルや商業ビルをはじめとする不特定多数が利用する施設を、安全かつ衛生的に利用するために、各種設備の整備や点検を行う仕事です。ビルメン(ビルメンテナンス業務)と呼ばれることもあり、現在はそちらの名称が一般的でしょう。仕事は多岐にわたり、職務に必要な資格も複数あります。
今回は、ビル設備管理の仕事内容や取得しておくと有利な資格について解説しましょう。

  1. ビル設備管理の基礎知識
  2. ビル設備管理技能士の資格取得方法
  3. ビル設備管理に対するよくある質問
  4. まとめ

この記事を読めば、ビルメンの仕事に就くために取得した方がよい資格などについても、よく分かります。ビル設備管理の仕事に興味がある人は、ぜひ読んでみてくださいね。


日勤だけ、夜勤だけということも可能という職場もありますが、その場合はパートやアルバイト扱いになることが多いでしょう。

1-3.ビル設備管理に向いている人

ビル設備管理は、電気やガス・冷凍設備に対する知識があり、注意力のある人が向いています。技術者として働いていた人が転職してもうまくいくでしょう。また、ビルの設備管理の仕事では、必要とあればテナントに説明をしたり折衝をしたりすることもあります。そのため、ある程度コミュニケーション能力が必要とされるでしょう。

1-4.ビル設備管理の仕事をする際に必要な資格

ビル設備管理の仕事自体は、無資格でもできます。しかし、以下のような資格を持っていると仕事の幅が広がり、就職する際にも有利です。

  • 第二種電気工事士
  • 2級ボイラー技士
  • 危険物取扱者乙種4類
  • 第三種冷凍機械責任者

この4つはビルメン4点セットと呼ばれ、ビル設備管理の仕事に就きたい場合は、まず取得しておいたほうがよい資格です。これらの資格は受験資格が定められておりません。ですから、無経験でも資格取得ができます(ボイラー技士だけ、無経験の場合は資格取得後に講習受講が必要)。
ビル設備管理の仕事をより極め、昇進や昇給を望む場合は

  • 建築物環境衛生管理技術者
  • 第三種電気主任技術者
  • エネルギー管理士

の資格を取得するとよいでしょう。この3つの資格は、ビルメン3種の神器と呼ばれており、特に、建築物環境衛生管理技術者は、建築物衛生法で、床面積が3,000m2(学校の場合は、8,000m2)以上の建物には専任が義務づけられている国家資格です。ビルメンを一生の仕事とする場合は、ぜひ取得を目指しましょう。
また、空調システム・電気システム・給排水システム・衛生管理・防犯など、ビル設備管理の技能を認定する国家資格である、ビル管理設備技能士という資格もおすすめです。