建設業に関する資格にはどのような種類があるの? 詳しく解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建設業とは、道路・建物・橋などを造る仕事の総称です。一つの建築物を造り上げるには、さまざまな技術者が協力して工事を行います。大規模な工事になれば、千人単位の技術者が集まって工事を行うこともあるでしょう。また、正確に工事が行われないと、欠陥工事や大事故の原因となります。そのため、技術者の技量や知識を証明するための建設業に関する資格の種類は豊富です。資格を取得しないと行えない職務もたくさんあります。

そこで、今回は建設業に関する資格の種類についてご紹介しましょう。

  1. 建設業とは?
  2. 建設業に関連する資格について
  3. 資格を取得するまでの流れ
  4. 建設業関連の資格に関するよくある質問

この記事を読めば、建設業を一生の仕事とする場合に取得しておいた方がよい資格もよく分かります。なにか建設業にかかわる資格を取得したいと考えている方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.建設業とは?

建設業とは、前述したように建物や道路・橋などの建築物や建造物を造る仕事の総称です。現在、建設業は土木業や建築業など28種類に分類されています。建造物を建てるだけでなく、塗装工事や電気工事・管工事など内装工事も建設業に含まれるのです。国の重要な産業の一つでもあり、建設業に関連する仕事に就いている方は、百万人以上いるでしょう。また、海外で活躍する建築業の技術者もたくさんいます。

12