ビルメンテナンスの仕事に就きたい方必見!就職・転職の有利資格は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

都心で再開発が進むたびに、大きなビルが建てられていきます。
ビルの用途はいろいろですが、たくさんの方が長時間生活する場所であるということは共通しているのです。
ビルメンテナンスはそんなビルを利用する方が快適に過ごせるようにビルのシステムを保守管理する仕事。
決して目立つわけではありませんが、需要は高く、高齢になっても働けるというメリットもあります。
そこで、今回はビルメンテナンスの仕事に就くために有利な資格や、その取得方法をご紹介しましょう。

  1. ビルメンテナンスとはどのような仕事?
  2. ビルメン4種の難易度や取得方法とは?
  3. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士・ビル管理技術者)とはどんな資格?
  4. 建築物環境衛生管理技術者の学習のコツ
  5. ビルメンテナンスについてのよくある質問

ビルメンテナンスのための資格というと、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)が有名ですが、それ以外にも有利な資格もたくさんあるのです。
この記事を読めば、まずどんな資格を取れば有利なのか分かるでしょう。
ビルメンテナンスの仕事に就きたい、興味があるという方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.ビルメンテナンスとはどのような仕事?

この項では、まずビルメンテナンスの仕事内容や需要などをご紹介します。
求人は出ているが、どのような仕事内容か今ひとつピンとこない方も多いのではないでしょうか?
分かりやすくまとめてみました。

1-1.ビルメンテナンスの仕事内容

ビルメンテナンスは、別名ビル管理、ビルメンともいわれている仕事です。
その名の通りビルを管理するのが仕事なのですが、いったいどんなことをするのか分からない方も多いでしょう。
ビルには、空調、電気、水道などたくさんの設備が備えつけられています。
ですから、窓がなくても高層でも通常の住宅と同じように快適に利用できるのです。
しかし、これらの設備は定期的な保守点検が欠かせません。
また、万が一トラブルが発生した場合は、すぐに対処しなくてはならないでしょう。
その役目を担っているのがビルメンテナンスです。
もちろん、すべてのトラブルをビルメンテナンスの仕事についている方が解決しなくてはならないわけではありません。
ビルには必ずそれぞれのシステムを管理する会社があります。
そこに通報をしたり保守点検作業を監督したりするのも仕事です。
しかし、ちょっとした故障やトラブル、保守点検はできるに越したことはありません。
そのため、有資格者の方が就職に有利なのです。

1-2.ビルメンテナンスの需要

ビルメンテナンスの仕事は、一定の規模を持つビルでは必要です。
また、最近は都心を中心に再開発が進み、大型ビルが次々にオープンしています。
一定の規模を持つビルには、必ず建築物環境衛生管理技術者(通称、ビル管理士)という資格保持者を選任しなくてはなりません。
そのため、常に高い需要があると考えてよいでしょう。
また、商業ビルだけでなく公官庁のビル、病院、学校、劇場などもビルメンテナンスが必要です。

1-3.ビルメンテナンスの仕事に就くための有利な資格

ビルメンテナンスの資格というと、前項でご紹介した建築物環境衛生管理技術者が思い浮かぶ方も多いでしょう。
この資格を取っていると大変有利ですが受験資格を得るためには一定のビルメンテナンスの実務経験が必要です。
ですから、全く経験のない方がビルメンテナンスの仕事に就くためには、第二種電気工事士、危険物取扱者乙種4類(通称、乙四)。
そして、二級ボイラー技士、第三種冷凍機械責任者の4つの資格を持っていると有利といわれています。
この4つの資格を通称「ビルメン4点セット」というのです。
これらの資格は、受験資格がいりません。
ですから、学生でもすべて取得することは可能です。
また、この中の1~2個は持っている人は多くても4つすべて持っている方は少ないでしょう。
ですから、取得しておくと有利です。
このほかにも全国ビルメンテナンス協会が行っている講習や民間資格などを取得しておくと就職に有利でしょう。