病院のビルメンの仕事とは? 設備管理の他にはどんなものがあるの?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビルメンとはビルメンテナンス業務の略です。不特定多数が使用するビルを、安全かつ快適に使い続けるためには欠かせません。ビルメンを必要としている施設はオフィスビル・商業施設・学校などさまざまですが、その中でも病院は設備管理の他にもやるべき仕事が多く、キャリアアップには最適と言われています。

そこで、今回は病院のビルメンについていろいろと解説しましょう。

  1. ビルメンの基礎知識
  2. 病院でのビルメンテナンスの特徴
  3. 病院でビルメンに就くためには?
  4. 病院のビルメンに就くために有利な資格とは?
  5. 病院のビルメンに対するよくある質問

この記事をよめば、ビルメンの仕事に就くために有利な資格なども分かります。ビルメン業界に就職したいという方も、ぜひ読んでみてくださいね。


1.ビルメンの基礎知識

はじめに、ビルメンの仕事内容や求人・就職するために必要な資格などをご紹介します。どのような仕事なのでしょうか?

1-1.ビルメンの仕事とは?

ビルメンとは、不特定多数の方が利用する施設が、安全かつ衛生的に使い続けられるように設備管理を行う仕事です。ですから、ビル以外でも一定規模の床面積を持つ学校や病院・ホテル・旅館・劇場などもビルメンテナンス業務が必要になります。
一例をあげると、ビルに設置している計器類の測定や各種機器の管理などが主な仕事です。大きな故障の修理や法律で定められているような定期的なメンテナンスは専門の業者が行いますが、専門業者との連絡も仕事になります。

一昔前までビルメンと言えば、定年退職後に再就職する職場のイメージが強かったのですが、現在は専門知識を持つ方でないと務まらない仕事です。また、テナントが出入りする際の点検や手続きを行うこともあり、コミュニケーション能力も必要になります。

1-2.ビルメンの求人情報や働き方について

ビルメンは自社ビルを管理している職場と、ビルメンテナンス業務をさまざまな場所から請け負っている職場があります。多数のビルを所有している会社ですと、ビルメン専門の会社を作って社員を募集しているところもあるでしょう。求人はハローワークの他、ネットの求人サイトにも盛んに出されています。

ビルメンの仕事は夜間でないと行えない仕事もあり、3交代制で勤務を行う職場も珍しくありません。日勤だけ、夜勤だけという勤務形態は、正社員ではごくわずかでしょう。

1-3.ビルメンの職に就くために必要な資格とは?

ビルメンの職に就くために必須な資格はありません。しかし、

  • 危険物取扱者乙種4類
  • 第二種電気工事士
  • 2級ボイラー技士
  • 第三種冷凍機械保安責任者

はビルメン4点セットと言われており、取得していればビルメン業界への就職や転職に大変有利です。最近では、この資格に消防設備士の資格を加え、ビルメン5点セットともいわれています。

また、

  • 第三種電気主任技術士
  • 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)
  • エネルギー管理士

の3つは、ビルメン三種の神器と呼ばれており、どれか一つでも取得していれば、四点セットを取得するよりビルメン業界の就職や転職に有利です。