ビルメンテナンス業への転職完全ガイド~必要な資格は?年収は?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

最近、人気の高まっている業界の1つにビルメンテナンス業界があります。しかし、ビルメンテナンス業界の仕事内容をよく知らないまま、“何となく仕事が楽らしいから…”といった理由で志望する方も多いのが現状です。

さすがに、業界の内情をまったく知らずに転職活動をする…というのも考え物。そこで、こちらではビルメンテナンス業界の実情を徹底解説することにしました。

  1. どんな仕事?注目の集まるビルメンテナンス業
  2. ビルメンテナンス業の仕事内容を詳しく!
  3. ビルメンテナンス業に就職するメリットを探る!
  4. ビルメンテナンス業に転職するなら、どんな資格が必要?
  5. ビルメンテナンス業に関するよくある質問

こちらのページを読めば、“ビルメンテナンス業界に転職するために何が必要か”をたちどころに理解できるはず!取得しておきたい資格、年収水準、業界の今後…。ビルメンテナンスにまつわるすべてを網羅しています。


1.どんな仕事?注目の集まるビルメンテナンス業

ビルメンテナンス業という言葉だけでは、なかなか“どのような職種なのか”を正確に理解することが困難です。どのような場所で、どんな仕事をしているのか…。まず、ビルメンテナンスの仕事に興味を持った方に向けて、具体的な業態を解説することにしましょう。

1-1.ビルメンテナンス業の正式名称

一般にビルメンテナンスと呼ばれているのは、建築物環境衛生管理技術者という職種です。略称はビル管理士、ビル管理技術者など。建築物環境衛生管理技術者の資格は国家資格なので、資格名と職種名をかねた表現…とでも捉えておくのが分かりやすいでしょう。

1-2.ビルメンテナンス業の役割

さて、次にビルメンテナンス業の役割です。ビルメンテナンスの仕事は、言葉どおりのメンテナンス-設備の保守点検だけではありません。害虫駆除や廃棄物の適正処理、ビル内で発生した健康問題への対応、さらにはクレームへの対応など、ビルで発生した全問題への対処が求められるのです。

簡単にいえば、“ビル内の問題における最初の窓口”と表現するのが適切でしょうか。害虫があまりに多ければ駆除業者を使いますし、急病人は救急車を呼んで医療機関に搬送します。しかし、何か問題が起これば、その第一報はビルメンテナンスの管理者に来るわけです。ビルメンテナンスの管理者は、問題のレベルを判断し、“自分で対処するか専門機関に委ねるか”といった判断を下すことになります。いわば、ビル内における何でも屋…といった感覚です。

1-3.ビルメンテナンス業はどこで働く?

ビルメンテナンスを行うビル管理士の仕事場は、商業施設、文化施設、および教育施設です。商業施設と文化施設は延べ面積3,000平米以上、学校は8,000平米以上から建築物環境衛生管理技術者の設置が義務づけられます。ちなみに、1人の建築物環境衛生管理技術者が2つ以上の施設を管理することはできません。1人の管理者が1つの建物を選任する…という形式になるのです。

“1人の管理者が1つの建物”というのは、これからビルメンテナンス業に転職したいと考えている方にとって朗報といえます。日本全国にある大規模建造物の数を考えてみてください。必要な管理者の人数は数万単位になるはずです。人材需要が多いほど、転職しやすい。人材需要と人材供給のバランスを考えれば、ビルメンテナンス業は狙い目の業種といえるのです。

近年の大規模建築物は50階建て、60階建てに及ぶこともあり、小さな市町村と同じくらいの役割を果たすことさえあります。ショッピングモールの入った大規模商業施設なら、店舗、遊戯施設などが並んでおり、さながら小さな都市のようです。選任の管理者が常駐して、あらゆる事態に対処できる状況を作っておく必要があるのは当然といえるでしょう。ある意味、都市に必ず市長が必要で、市役所が必要なのと似たようなものです。