ビルメンテナンスの職業訓練とは? 未経験でも就職や転職が有利に!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビルメンテナンスの職業訓練についてご存じでしょうか? ビルメンテナンスは ビルや施設の管理・点検を行う仕事であり、就職先も多いことから人気の資格となっています。ただし、即戦力を求められることから「実務経験があること」という条件がある求人がほとんどです。資格をとってすぐに働きたくても、まずは実務経験を積まなければなりません。そこで、職業訓練を受け、訓練修了者専門に紹介される求人に募集する方法がおすすめです。一般公開されていないため競争率は低く、採用されやすい方法と言えるでしょう。この記事では、ビルメンテナンスという仕事の内容や必要性、職業訓練を受ける方法などをまとめてご紹介します。

  1. ビルメンテナンスとは?
  2. ビルメンテナンスの資格について
  3. ビルメンテナンスの職業訓練
  4. そのほかビルメンテナンスに有効な資格
  5. ビルメンテナンスに関するよくある質問

この記事を読むことで、ビルメンテナンスの仕事についておおよそわかります。職業訓練を受けて就職先の幅を広げましょう。


1.ビルメンテナンスとは?

まずは、ビルメンテナンスという仕事について、その内容や将来性などをまとめてみました。

1-1.ビルメンテナンスとは?

「ビルメン」と略されることも多く、建物の維持管理を行います。ビルだけでなく、病院やホテル・商業施設などが勤務先になることも多いでしょう。こういった建物には空調や電気・水道などの設備があり、トラブルが発生しないように管理しなければなりません。この管理を行うのが、ビルメンテナンスの仕事なのです。「ビルメンテナンスの仕事は楽」というイメージがある人も多いと思いますが、実際には必ずしもそうではありません。

1-2.仕事内容と職務

主な仕事は、点検業務です。設備が正常に動いているかどうかを点検し、トラブルが起きた際には対応をします。自ら対応する場合もあれば、専門業者に依頼して立ち会う場合もあるでしょう。また、ビルに入っているテナントとビルのオーナーとの間に入って交渉を行うこともあります。そのため、電気や空調設備に関する知識だけでなく、コミュニケーション能力も必要です。

1-3.なぜ必要とされるのか?

この仕事は、ビルをはじめとする建物を利用する人たちが快適に過ごす上で必要不可欠なものです。不具合が起こらないように定期的に点検を行い、トラブルが起きたときには適切な対処をしなければなりません。特に、都市部にはビルがたくさん存在しているため、仕事も多いでしょう。

1-4.魅力と将来性について

この仕事の魅力はたくさんあります。職場はビルだけでなく、病院やホテルなど多岐にわたり、将来も安定した仕事を得ることができるでしょう。求人も多いため、ビル管理ができる資格を取得しておくと就職も楽になります。年収は350~600万程度と幅があり、経験と能力によって左右されるのが特徴です。経験を積みながら能力を上げていくことで、収入を増やすことができるようになります。