ビルメンに転職したい人必見! 転職に有利な資格一覧はこれだ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビルメンとは、ビルメンテナンス業務の略称です。不特定多数が利用するオフィスビルや商業施設などを安全かつ衛生的に利用してもらえるよう、ビルの設備管理やメンテナンス・清掃・害虫駆除などを行います。ビルメンを必要としている施設は、全国に数千か所以上あり、転職・就職先にビルメン業界を考えている人もいるでしょう。さて、ビルメンになるには、「ビルメン4点セット」「ビルメン3種の神器」など呼ばれる資格を取得すると有利と言われています。しかし、どちらも複数の資格があるため、どれから取得してよいか分からない、と悩んでいる人も多いでしょう。
そこで、今回はビルメンの転職や就職に必要な資格一覧を紹介し、おすすめの取得方法などについて解説します。

  1. ビルメンの基礎知識
  2. ビルメンになるために有利な資格について
  3. 建築物環境衛生管理技術者の資格取得方法
  4. ビルメンの資格に関するよくある質問

この記事を読めば、ビルメン業界に転職したり、仕事に必要だったりする資格がよく分かるでしょう。ビルメン業界で働きたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.ビルメンの基礎知識

はじめに、ビルメンの仕事内容や仕事に資格が必要な理由などを解説します。どのような人が向いている仕事なのでしょうか?

1-1.ビルメンとはどのような仕事?

前述のとおり、ビルメンとは、不特定多数の人が利用する施設を安全かつ衛生的に使用できるように管理する仕事の総称です。主な仕事は、清掃・害虫(害獣)駆除・設備の点検や修理・施設の警備などがあります。また、ビルメンと称していますが、オフィスビルや商業ビル以外にも、不特定多数が利用する施設ならば、ホテルや旅館などの宿泊施設・学校・地下街、などでビルメン業務は必要です。そのため、想像以上にビルメンの需要は高く、常に一定の求人があります。

1-2.ビルメンの働き方と収入

ビルメンは、基本的に24時間体制で施設管理を行います。パートやアルバイトならば日勤だけ、夜勤だけといった働き方もできますが、正社員として働きたい場合は日によって勤務時間が変わることが一般的です。また、オフィスビルや学校など一部を除いて、土日やお盆、正月も仕事がある施設が多いでしょう。そのため、休みも不規則になります。
年収は250万円~と決して高くはありませんが、資格を取得することによって給与アップが可能です。

1-3.資格が必要な理由

ビルメンの仕事の中には、資格が必要なものと必要でないものがあります。例えば、清掃や警備などの仕事に資格は必要ありません。しかし、空調や電気設備の管理や修理には電気工事士や冷凍機械責任者の資格が必要です。また、建築物環境衛生管理技術者は、建築物衛生法という法律で、特定建築物での選任が義務づけられています。
つまり、資格を取得すれば仕事の幅も広がり、資格手当などで給与もアップするでしょう。また、ビルメンの求人も有資格者限定が優遇のものもあります。

12