ビルメンで役職に就く方法を解説。必要な能力や資格とは?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

ビルメンは、ビルメンテナンス業務の略称です。不特定多数の人が利用する施設を維持する大切な仕事なので、やりがいを感じている人も多いでしょう。また、ビルメンとして働きながら昇進や昇給に積極的な人もいると思います。ビルメンの仕事をしながら出世をするには、役職に就くのも1つの方法です。

今回は、ビルメンの仕事における役職や、役職に就くために必要な資格などを紹介しましょう。

  1. ビルメンの仕事について
  2. ビルメンの仕事における役職とは
  3. ビルメンで役職に就くために有利な資格
  4. ビルメンの役職に関するよくある質問

この記事を読めば、ビルメンに転職するために必要な資格などもよく分かります。ビルメンに転職を考えている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.ビルメンの仕事について

この項では、ビルメンの仕事内容や将来性などを紹介します。

1-1.ビルメンとはどんな仕事?

ビルメンは、オフィスビルや商業施設などを安全かつ快適に使えるよう清掃や警備・設備管理などを行う仕事です。ビルによってはテナントとの折衝も業務のうちに入ります。利用者が施設を快適で安全に使えるのはビルメンの仕事のおかげと言ってもいいでしょう。不特定多数の人が利用する施設の維持を陰から支える大切つな仕事です。

1-2.ビルメンの求人

不特定多数の人が利用する施設は、日本全国にたくさんあります。そのすべてがビルメンを求めているため、常に一定の求人があるでしょう。また、ビルメンは若い年代だけではなく40代以降の社会経験豊富な人でないと務まらない仕事もあるため、幅広い年代を求めているのも特徴です。

1-3.ビルメンの将来性

ビルメンを必要としている職場は、これからも増えることが予想されます。特に、都市部では不特定多数の人が利用する施設は増え続けており、ビルメンの需要も拡大中です。また、ビルメンは定年を超えても行える仕事がたくさんあります。ですから、定年を超えて働きたい人もビルメンはおすすめの仕事の1つです。

2.ビルメンの仕事における役職とは?

この項では、ビルメンの仕事における役職について説明します。

2-1.ビルメンの仕事における役職とは?

ビルメンの仕事は、設備管理・清掃・警備・マネジメント業務など多岐にわたります。そのため、仕事部署ごとに業務を統括する責任者がおり、トップにすべての仕事を統括管理する役職を設けている職場が多いでしょう。役職に就けば責任が重くなる反面、給与が上がるのが一般的です。

2-2.役職に就く方法は?

ビルメンで従業員をまとめる立場に就くためには、仕事ができるだけでなくマネジメント能力や、コミュニケーション能力が大切です。ビルメンはたくさんの人が関わっており、仕事内容も多岐にわたるためそれらを効率よく管理するためには、マネジメント能力が必須になります。また、上の役職に就くほどテナントや自治体と折衝をする機会も増えることでしょう。さらに、従業員をまとめるためにもコミュニケーション能力が大切です。
とはいえ、仕事に就いて全く知識がなければ役職は務まりません。ですから、資格を取得して働いて経験を積むことが大切です。

2-3.転職でいきなり役職に就くことはできる?

ビルメンは、新卒で就く人もいれば転職で就く人もいます。全く畑違いの分野から転職してくる人もいるでしょう。前述したように、ビルメンの役職に必要なのは、マネジメント能力とコミュニケーション能力です。ですから、全く畑違いの分野で仕事をしていたとしても、交渉能力が高い人は短期間で役職に就くチャンスに恵まれやすいでしょう。

3.ビルメンで役職に就くために有利な資格

この項では、ビルメンの仕事や役職に就くために有利な資格を紹介します。

3-1.ビルメン4点セット

ビルメン4点セットとは、以下のような4つの資格です。

  • 第二種電気工事士
  • 第三種冷凍機械責任者
  • 危険物取扱者乙種4類
  • 2級ボイラー技士

ビルメンになるためには、取得しておくと有利な資格の代表格と言われています。特に、電気工事士の資格を持っていれば重宝されるでしょう。ビルメンは、役職に就いても最前線で働くという職場もあります。ですから資格を取得しておくのに越したことはありません。

3-2.ビルメン4点セットを取得する方法

ビルメン4点セットを取得するには、以下のリンク先の記事に詳しく記載されています。ぜひ、併せて読んでみてください。

3-3.ビルメン3種の神器について

ビルメン3種の神器とは以下の3つの資格です。

  • 三種電気主任技術者
  • 建築物環境衛生管理主任技術者(ビル管理士)
  • エネルギー管理士

この中でも、建築物環境衛生管理主任技術者は、ビルメンが活躍する不特定多数が利用する施設では、選任が義務づけられている場所が多い資格なので、とても重宝されます。この3つの資格を取得していれば、責任者や統括管理者など役職を任されるチャンスが格段にアップするので、ぜひ取得を目指しましょう。取得方法に関する詳しいことはこちらの記事にも記載されているので、ぜひ併せて読んでみてください。

4.ビルメンの役職に関するよくある質問

この項では、ビルメンの役職に関するよくある質問を紹介します。

Q.ビルメンは役職に就かなければ給与はアップできませか?
A.そんなことはありませんが、役職に就くことが最も手っ取り早い昇給方法という職場は多いと思います。

Q.ビルメンは、勤続年数が長ければ役職に就きやすいでしょうか?
A.そんなことはありません。コミュニケーション能力などのほうが重視されるでしょう。

Q.ビルメンは、昇級試験のようなものはありますか?
A.会社により異なりますが、設けているところもあるでしょう。

Q.ビルメンは、女性でも役職に就けますか?
A.もちろんです。コミュニケーション能力は女性のほうが高いので、これから女性の管理者も増えていくことでしょう。

Q.ビルメンは、正社員でなければ役職に就けませんか?
A.はい。そういうところが多いでしょう。また、役職に就くと同時に契約社員から正社員へ移るという人もいます。

まとめ

いかがでしたか? 今回はビルメンで役職に就く方法や役職に求められているものなどを解説しました。ビルメンは、資格第一と思われがちですが、コミュニケーション能力も重要です。ぜひ、技術と共に磨いていきましょう。