建築施工管理技士の資格を取得したい。講習など勉強方法を解説します。

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建築施工管理技士とは、建物そのものを造る工事から内装に至るまで、建設工事すべての施工計画を立案し、施工管理や安全管理を行うことのできる資格です。また、建設施工管理技士の資格を取得すれば、工事現場に必ず配置しなければならない主任技術者や監理技術者にもなることができます。

今回は、建築施工管理技士の資格を取得する方法や、講習の内容・参加するメリットなどをご紹介しましょう。

  1. 建築施工管理技士の基礎知識
  2. 建築工事施工管理士の受験資格について
  3. 建築施工管理技士の資格を取得する方法
  4. 建設工事施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、建築施工管理技士の資格を取得するプロセスやコツも分かります。建築施工管理技士の資格取得を目指している方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。


1.建築施工管理技士の基礎知識

はじめに、建築施工管理技士の資格を取得すると行える仕事や、種類などをご紹介します。どのような資格なのでしょうか?

1-1.建設施工管理技士とは?

建設施工管理技士とは、施工管理技士の資格の一つです。建設工事にかかわるすべての工事において施工計画を立てて、現場で施工管理や安全管理を行うことができます。
建築士の資格とよく似ていると思われる方もいるでしょう。建築士の資格は主に設計を重点的に行う資格であり、建築士が作成した設計に基づいて施工計画を立て、工事においては施工管理や安全管理を行うのが、建設施工管理技士の仕事です。
建築物の工事を行うには、なくてはならない資格といえるでしょう。

1-2.建設施工管理技士の種類

建設施工管理技士には、1級と2級があります。1級を取得すると大規模な建設工事の施工管理が行えるほか、主任技術者や講習を受講して監理技術者になることが可能です。また、建設会社が新しい営業所を開設する際に、専任が必要な専任技術者にもなることができます。

2級は、建築・躯体・仕上げの3種類に分かれており、資格を取得した分野で施工管理や安全管理を行うことが可能です。また、有資格者は工事現場の主任技術者に選任できます。2級の場合は、中小規模の工事で施工管理や安全管理を行うことが一般的です。

1-3.資格を取得するメリット

建築施工管理技士の資格を取得すれば、建築物を施工する際に技術者たちを指導・監督することができます。ですから、取得をすれば昇進や昇給もしやすくなるでしょう。もちろん転職にも有利です。キャリアアップのために取得しておいても損はありません。また、主任技術者や監理技術者は工事現場には必要です。ですから、有資格者は年齢にかかわらず雇用するという会社も多いことでしょう。できるだけ長く働きたいという方にもおすすめです。

12