建築施工管理技士を目指す方必見!難易度や過去問の活用法を徹底解説

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

建築施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士の一種です。鉄筋工事・大工工事・内装仕上げ工事などの建築工事の施工管理・安全管理などを行えます。1級と2級があり、1級は大規模な工事を扱える資格です。2級は小規模な工事を扱います。建築業界で働き続けるためには、ぜひとも取得しておきたい資格の一つです。

そこで、今回は建築施工管理技士の取得方法や難易度・過去問を勉強する重要性などをご紹介しましょう。

  1. 建築施工管理技士の基礎知識
  2. 建築施工管理技士の受験資格・試験内容などについて
  3. 試験対策と過去問の重要性
  4. 建築施工管理技士に関するよくある質問

この記事を読めば、建設施工管理技士の資格を取得するメリットや勉強方法などがよく分かります。建設施工管理技士を目指している方は、ぜひ小読んでみてくださいね。


1.建築施工管理技士の基礎知識

はじめに、建築施工管理技士とはどのような資格かということや、資格を取得することのメリットなどをご紹介します。どのような職種の方におすすめの資格なのでしょうか?

1-1.建築施工管理技士とは?

建築施工管理技士とは、前述したように国家資格である施工管理技士の一つです。鉄筋工事や大工工事など建物そのものを造り上げる工事から、内装工事まで建築に関わる工事全般の施工管理や技術者の監督などを行えます。大工工事や鉄筋工事・内装工事そのものは資格がなくても行うことが可能です。しかし、技術者を監督し施工管理を行うためには、この資格が必要になります。責任ある立場に立つためには必須の資格といえるでしょう。

1-2.建築施工管理技士の種類とは

建築施工管理技士には、1級と2級があります。1級を取得すると高層ビルや大規模商業施設など大規模な工事の施工管理が行えるほか、一般建設業と特定建設業の新しい営業所を開設する際に専任が必要な技術者や、工事現場における専任技術者や主任技術者になることが可能です。
2級は、建築・躯体・仕上げの3種類に分かれており、資格を取得すればその分野における工事現場の主任技術者や監理技術者(資格取得後、要研修)になることができます。2級建築施工管理技士は主に小規模工事を扱っていますが、1級と同じくらい重宝される資格です。

1-3.資格を取得するメリット

建築施工管理技士は、建築士と共に建築物を建てる際にはなくてはならない資格です。一級建築士が設計分野を担当し、建築施工管理技士が施工管理を行うことで、建物が完成します。建築施工管理技士の持っている技術力で、建築物が施工日程通りに安全にできあがるかどうかが決まってくるでしょう。建築のスペシャリストとして、どこの建築会社からも需要が高い資格です。転職に有利になることはもちろんのこと、出世にも影響してきます。

12