建築物環境衛生管理技術者の難易度と合格率はどのくらい?

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

一定の広さを持ち特定の用途に使用する施設を運営するには、建築物環境衛生管理技術者の選任が必要です。郊外の広いショッピングセンターや都心のオフィスビルには、必ず専任者がいます。需要も高いので、受験希望者も多いでしょう。

そこで、今回は建築物環境衛生管理技術者の難易度や合格率をご説明します。建築物環境衛生管理技術者は、実務経験がある人しか受験できません。しかし、合格率は決した高くはないのです。その理由は何でしょうか?答えはこの記事を読めば分かります。

  1. 建築物環境衛生監理技術者の基礎知識
  2. 建築物環境衛生管理技術者の難易度や合格率は?
  3. 建築物環境衛生管理技術者の合格率が低い理由
  4. 建築物環境衛生管理技術者の資格取得方法
  5. 建築物環境衛生管理技術者の勉強方法は?
  6. 建築物環境衛生管理技術者に関するよくある質問
  7. おわりに

1.建築物環境衛生監理技術者の基礎知識

この項では、建築物環境衛生管理技術者とはどのような資格か、ということを解説します。取得するとどのような職務を行うことができるのでしょうか?

1-1.資格概要

建築物環境衛生管理技術者とは、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」に基づいて、建築物の維持管理と衛生管理の監督業務を行うことのできる国家資格です。建築物衛生法に基づいて床面積が3,000m2以上ある建物(特定建築物)に選任が義務づけられており、有資格者を求めている企業はたくさんあります。

なお、建築物環境衛生管理技術者は「ビル管理士」という通称があり、こちらの方が呼び方も簡単ですので通称の方が有名です。

1-2.仕事内容

建築物環境衛生管理技術者の仕事は、ビル管理の統括業務です。不特定多数の方が長時間にわたって使用する施設では、

  • 清掃
  • 害虫・害獣駆除
  • 水質・空気の定期検査
  • 電気設備・消防設備などの定期点検
  • 上下水道設備の定期清掃

などの仕事があります。建築物環境衛生管理技術者はこれらがスムーズに行えるよう、業者との契約や折衝を行うのです。また、テナントとの交渉や苦情処理・自治体との折衝も仕事になります。そのため、若い年代だけでなく、ある程度社会経験を積んだ年代でも活躍できるでしょう。求人も年齢制限が高めに設定されていることが多いのです。

1-3.資格を取得するメリット

前述したとおり、建築物環境衛生管理技術者は、床面積がが3,000m2以上ある建物(特定建築物)に選任の義務があります。ですから、常に一定の求人があるのです。ビルメン(ビルメンテナンス業務)の仕事を一生の仕事とするならば、昇進や昇給のために取得しておくに越したことはありません。取得すれば、ビルマネジメント業務を任されることもあるので、給与もアップするでしょう。