建築物環境衛生管理技術者の試験対策のテキストを紹介! おすすめはコレ!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

「建築物環境衛生管理技術者(通称、ビル管理士)の資格試験に挑戦したいが、テキスト選びに悩んでいる」という人はいませんか? 建築物環境衛生管理技術者は、ビルメン業界で仕事をするなら、ぜひ取得しておきたい資格です。毎年たくさんの人が試験を受験するため、テキストや問題集も充実しています。その反面、テキストがありすぎてどれを選んだらいいか分からないという人も多いことでしょう。

そこで今回は、建築物環境衛生管理技術者のおすすめテキストについて解説します。

  1. 建築物環境衛生管理技術者とは?
  2. 建築物環境衛生管理技術者の資格試験
  3. 建築物環境衛生管理技術者の人気テキスト
  4. 建築物環境衛生管理技術者に関するQ&A

この記事を読めば、テキストを選ぶコツなどもよく分かるでしょう。建築物環境衛生管理技術者試験に挑戦したいと思っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。


1.建築物環境衛生管理技術者とは?

はじめに、建築物環境衛生管理技術者を取得するメリットや、必要としている職場を紹介します。

1-1.建築物環境衛生管理技術者の定義

建築物環境衛生管理技術者は、特定建築物の維持管理や衛生管理の監督業務を行うことができる資格です。床面積が3,000㎡(学校の場合は8,000㎡)以上ある特定建築物は、建築物環境衛生管理技術者の選任が義務づけられています。選任を受けた場合、ビルメンの統括・ビルの維持管理に関わる業者との折衝などが主な職務です。一般的なビルメン業務についている人たちを動かす、頭脳的な立場を任されることが多いでしょう。

1-2.資格を取得するメリット

建築物環境衛生管理技術者は、一定以上の床面積を持つ特定建築物には必ず選任が必要な資格です。ですから、資格を取得すれば、転職に大いに役立つことでしょう。また、資格を活用して仕事をする場合、ビルメンの責任者的な立場になることも多く、昇給や昇進も期待できます。

2.建築物環境衛生管理技術者の資格試験

この項では、建築物環境衛生管理技術者の資格試験や受験の方法を紹介します。

2-1.建築物環境衛生管理技術者の資格試験の内容

建築物環境衛生管理技術者の試験は、以下のような7科目の学科試験です。

  • 建築物衛生行政概論
  • 建築物の環境衛生
  • 空気環境の調整
  • 建築物の構造概論
  • 給水及び排水の管理
  • 清掃
  • ねずみ・昆虫等の防除

試験範囲が広いので、試験勉強を効率よく行うことが大切です。

2-2.受験資格について

建築物環境衛生管理技術者試験を受けるには、厚生労働省令で定められた建築物の用途部分において、同省令の定める実務に2年以上従事する必要があります。不特定多数が利用する商業施設やオフィスビルなどで、ビルメンの仕事をしていれば、受験資格を得られるでしょう。

ただし、特定の設備の定期点検やアフターケアなどでビル内で働く場合は、実務経験には含まれません。詳しいことは試験を主催している、日本建築物環境衛生管理教育センターのサイトを確認してみましょう。

2-3.合格率は9~30%

建築物環境衛生管理技術者試験の合格率は、9~30%前後と年によって幅があります。2017年度の合格率は13.8%でした。経験者が勉強してこの合格率ですから、なかなか難しい試験と言えます。

2-4.試験は10月上旬、電子申請は不可

建築物環境衛生管理技術者試験の試験は、毎年1回10月上旬に行われます。日本建築物環境衛生管理教育センターで願書を購入して申し込みましょう。電子申請はできないので注意してください。試験は、東京・大阪・札幌市・仙台市など、全国の主要都市で行われます。試験会場が遠方の人は、宿泊準備も必要です。

3.建築物環境衛生管理技術者の人気テキスト

この項では、建築物環境衛生管理技術者試験の試験対策におすすめのテキストについて解説します。

3-1.試験対策におすすめのテキスト・教材

3-1-1.ビル管理士試験模範解答集

通称赤本です。最も広く使われている参考書を兼ねた問題集で、これ1冊で合格に必要な力が身につくという人も多いでしょう。ただし、参考書として使うには少々物足りないという意見もあります。

3-1-2.ビル管理士試験合格テキスト

赤本と併せて使う人が多いテキストです。まとめ方がうまく、ビル管理を体系的に理解しやすいでしょう。

3-2.試験対策におすすめの問題集

ビル管理試験完全解答は、8年分の過去問題と解答・解説がついている問題集です。赤本だけでは過去問が物足りないという人は、こちらも購入してチャレンジしてみましょう。

3-3.試験対策はこれ1つでバッチリ! SATの教材

市販されている建築物環境衛生管理技術者試験の試験対策テキストはどれも一長一短があって、やはり迷うという人や、できるだけ短期間で試験に合格するための力を身につけたい人は、SATの教材がおすすめです。SATの教材は、テキストだけでなく専門の講師による講義のDVDやeラーニングもついています。ですから、予備校で講義を受けているような気持ちで勉強ができるでしょう。

また、模擬問題も豊富なため、これ1つで十分に合格に必要な力が身につきます。また、メールで質問ができるので、分からないことがそのままになってしまうこともありません。

4.建築物環境衛生管理技術者に関するQ&A

この項では、建築物環境衛生管理技術者を紹介します。

Q.建築物環境衛生管理技術者試験は、科目合格はあるでしょうか?
A.いいえ。ありません。総合合格だけです。

Q.建築物環境衛生管理技術者試験は、どのくらい勉強すれば合格に必要な力が身につきますか?
A.個人差がありますが、最低でも3か月くらいは勉強しましょう。

Q.建築物環境衛生管理技術者試験対策は暗記が中心ですか?
A.はい。暗記ですが範囲が広いので効率的な勉強をしないと、試験日までに覚えきれません。

Q.建築物環境衛生管理技術者試験のテキストは、複数選んだ方がいいですか?
A.いいえ。1冊をくり返し勉強した方がいいでしょう。ですから、テキストと問題集を1冊ずつ選んでください。SATの教材ならば、1つで試験対策はバッチリです。

Q.建築物環境衛生管理技術者試験は、講習を受けても合格できると聞きました。
A.はい。講習もありますが101時間あり、料金は108,800円です。受験資格も必要になるため、詳しくは日本建築物環境衛生管理教育センターを確認してください。

まとめ

いかがでしたか? 今回は、建築物環境衛生管理技術者試験の試験対策におすすめのテキストを紹介しました。建築物環境衛生管理技術者試験のテキストは複数出ていますが、評価が分かれており選ぶ際に迷いやすいでしょう。ですから、ぜひSATの教材を選択肢に入れてみてください。