【注目】統括管理者を知りたい人へ! 資格取得や講習会を詳しく解説!

はてなブックマークに追加 Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア

国家資格のひとつでもある統括管理者は、建築物の衛生管理を行うための資格としても最近特に注目が集まっています。一定の規模以上の建築物において、衛生基準を満たした環境を整えたり維持したりするためには、高度な専門知識を身に付けた人材が必要です。労働者の安全衛生のためにも、また、企業の生産性を高めるためにも、衛生管理は大切な業務であると考えてください。今回は、建築物の衛生管理において欠かすことのできない統括管理者について、詳しく解説します。資格取得のために必要なことがたくさん書いてありますから、必見ですよ。

  1. 統括管理者とは
  2. 統括管理者のメリットとは
  3. 統括管理者の資格取得について
  4. 統括管理者に関するよくある質問

記事を読んだ人は、統括管理者になるために必要な知識が身に付くのでぜひ読んでください。また、統括管理者資格を持っていることによるメリットや就職・転職状況なども説明しています。資格取得後、実務に生かすためにも記事の内容をよく読んで理解しておきましょう。


1.統括管理者とは

まずは、統括管理者とは何かについて確認してください。資格を取得する前に知っておきたい内容について解説します。

1-1.統括管理者の定義を学ぼう

統括管理者とは、建築物の衛生的環境の確保や環境衛生にかかわる業務全般の統括を行う国家資格となります。企業は、規模が大きくなるに従って衛生管理が行き届かなくなりがちです。しかし、統括管理者を置くことによって法律に準拠した環境を整えることができます。衛生管理を適正に行うためには、統括管理者の存在が必要不可欠だと考えましょう。

1-2.準拠する法律について

統括管理者は、昭和45年に制定した「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」に準拠しています。通称として「建築物衛生法」や「ビル管法」と呼ぶこともあるので、覚えておきましょう。法律制定の目的は、建築物の維持管理における公衆衛生の向上と維持です。統括管理者は、法律の目的を十分に理解して職務に当たる必要があります。

1-3.統括管理者の職務とは

統括管理者の職務は、建築物における現場の衛生管理を統括することです。たとえば、労働者が衛生的な環境で働くことができるように維持・管理をしたり必要な教育を行ったりします。労働者にとって適切な衛生条件を整えることは、統括管理者の職務として重要なことなのです。

1-4.統括管理者の必要性について

多くの労働者が働く現場では、法律で定められた衛生基準を満たすための管理をする立場の人間が必要です。統括管理者は、ビル管理に関する上位資格として現場の環境を適正に維持するために必要な資格と言えます。統括管理者がしっかり職務に当たることで、衛生管理が行き届くのです。また、結果として企業の生産性が上がるため、統括管理者の必要性は高いと言えます。

12